Menu

イベント

日本初!?ALK陽性肺がん患者さんのためのセミナー ~最新学会で発表された情報最前線~

alkサムネ.jpg

昨今、肺がん患者の5%程度と言われるALK陽性肺がん患者の治療は劇的に変わりました。クリゾチニブ(ザーコリ)、アレクチニブ(アレセンサ)、セリチニブ(ジカディア)に加え、海外ではロルラチニブ、ブリガチニブといった次世代ALK阻害薬が承認されています。これらの新薬も含め、9月上旬に開催される世界肺癌学会議(WCLC2018)や10月に開催される欧州臨床腫瘍学会学術集会(ESMO2018)などで発表された最新知見を知る機会を目指します。


日時:2018年11月14日(水)19:00 - 20:45(18:30開場)

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

大江先生.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
【講師】
国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 呼吸器内科長

副院長 人材育成センター長 大江 裕一郎 先生


19:00~20:00 大江先生による座学
20:05~20:45 会場からの質疑応答

共催

がん情報サイト「オンコロ」(株式会社クリニカル・トライアル)、NPO法人ワンステップ

参加対象

どなたでも参加可能/がん患者さん・そのご家族、医療者の皆さんのご参加をお待ちしております。

参加費

患者・家族、医療者、一般の方 : 無料
製薬企業・CRO・ヘルスケア関連企業の方 : 5,000円(領収書を発行します)

定員

120名

お問い合わせ先

株式会社クリニカル・トライアル
電話:0120-974-268(平日10:00~18:30)

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop