Menu

イベント

医療系総合大学の理工学研究所による医療機器開発への挑戦! ~医歯工連携の実現を目指して~

event_20190122_2_1.png クリックするとPDFが開きます

生体医歯工学共同研究拠点の中核機関である東京医科歯科大学 生体材料工学研究所は、医療系総合大学のなかに設置された理工学系の研究所として、「医歯工連携」の「工」の分野を担っています。同研究所では、国内外の医学、歯学系の研究者や附属病院と連携しながら、生体機能の修復・解析等に資する生体材料工学の研究・教育をおこなっています。
生体機能修復 バイオメカニクス分野 宮嵜助教からは、手術用デバイス、パワーアシストスーツの開発事例をご紹介いただきます。医療デバイス バイオエレクトロニクス分野 田畑助教からは、将来の「削らない治療」の実現に向けて、虫歯の進行性の定量的な評価を目的とした診断支援デバイスに関する研究をご紹介いただきます。生体機能修復 物質医工学分野 橋本助教からは、欧米を中心に実用化が進んでいる脱細胞化生体組織の動向や取組事例、その周辺技術をご紹介いただきます。最新の研究動向を学ぶ機会として是非ともご参加ください。


日時:2019年1月22日(火)17:00 - 19:15

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)B会議室


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
17:00-17:15

イントロダクション
宮原 裕二 氏
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 所長
医療デバイス バイオエレクトロニクス分野 教授
17:15-17:45 「バイオメカニクス分野の研究紹介 -手術用デバイス,パワーアシストスーツの開発事例-」
宮嵜 哲郎 氏
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
生体機能修復 バイオメカニクス分野 助教
17:45-18:15 「虫歯診断をサポートするマイクロpHセンサ」
田畑 美幸 氏
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
医療デバイス バイオエレクトロニクス分野 助教
18:15-18:45 「組織再生プラットフォームとしての脱細胞化生体組織とその周辺技術」
橋本 良秀 氏
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
生体機能修復 物質医工学分野 助教
18:45-19:15 名刺交換会・情報交換会

主催

主催:東京都医工連携HUB機構

定員

70名 ※定員超過した場合、HUB機構会員を優先いたします。

お問合せ

東京都医工連携HUB機構(運営委託機関:日本コンベンションサービス株式会社)
TEL: 03-5201-7321(平日9:00~17:00)
Email: info@ikou-hub.tokyo

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop