Menu

イベント

全国データ・AIアイデアソン

20180322-14.png クリックするとPDFが開きます

「データとAIの利活用ビジネス」のアイデアを募集します!皆さんのアイデアを、高度なデータ利活用基盤(※)を用いて、社会課題の解決やビジネスの創出につなげていくためのアイデアソンを実施いたします。
2泊3日のワークショップでアイデアを創出し、アドバイザーと一緒にブラッシュアップします。最終日に審査を行い、優秀チームは4月開催予定のAI/SUM(NIKKEI主催)内の全国大学データAIビジネスプランコンテストに出場する権利を得ます。

(※)全国に広がる広帯域で安全な学術情報ネットワーク(SINET)と、高性能な計算環境を利用して実現する新しいデータ利活用基盤(構想)


日時:2019年3月22日(金)- 3月24日(日)9:00 - 19:00

会場:日本橋ライフサイエンスビルディング2階201大会議室


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

【プログラム責任者】
各務茂夫(東京大学産学協創推進本部)
中村 宏(東京大学未来社会協創推進本部データプラットフォーム推進タスクフォース副座長)

【アイデアソンのメンター】
Preferred Networks 丸山最高戦略責任者,ExaWizards 石山社長,東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻 松尾先生,東京大学経営学博士産学協創推進本部イノベーション推進部長 各務先生など豪華なメンターがあなたのチームと一緒にアイデアのブラッシュアップをします.

【アイデアソンのスケジュール】

1日目 産学連携「データ・AIビジネスプランコンペティション」の説明と本ワークショップの位置づけの説明,SINETの説明,AIキャンパスを用いたプランニングの方法の説明,チームビルディング,プランニング
2日目 1日目のプランニングの続き→午後に中間報告&フィードバック,メンタリング
3日目 2日目の修正反映→審査&AI/SUM出場チームの決定

主催

主催:東京大学(産学協創推進本部・未来社会協創推進本部データプラットフォーム推進タスクフォース) 
共催:国立情報学研究所(予定)、三井不動産株式会社(予定)、日本経済新聞社(予定)
後援:経済産業省(予定),文部科学省(予定)

応募条件

  1. 応募対象者:大学発ベンチャー、大学の研究者や学生を中心とするチーム、大学周辺のスタートアップコミュニティーをベースとするチーム
  2. アイデア内容について:AIとデータ利活用のビジネスアイデアを広く募集します。Society5.0やSDGsに絡めた事業内容であることが望ましいです。現時点で明確なアイデアがなくても、アイデアソンを通してアイデアを洗練させ、SINETの活用などで高度化するなどのブラッシュアップすることもできます.
  3. SINETの利用について:SINETを用いることやその知識を前提としていませんがSINETを利用するとこんなことが可能になるということがアイデアとしてある場合は記載していただければと思います。(SINETの詳細についてはこちらを御覧ください → https://www.sinet.ad.jp/aboutsinet
  4. データについて:データの対象としては、パーソナルデータ、自然データ、インフラデータ、行政データ、産業データなど特に制限を設けませんが、小規模なデータではなくビックデータであること。また、そのなかでもリアルタイム性が必要な対象データが今注目されています。
  5. 締切について:2019年3月15日まで募集します。

お問合せ

ご質問がある場合には下記メールアドレスにまでお問い合わせください.
丸山  yu-maruyama@pari.u-tokyo.ac.jp
高野 takano.y@pari.u-tokyo.ac.jp

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop