Menu

イベント

Assessment of Welfare Technology in Japan and Denmark 〜デンマーク式介護機器評価手法を学ぶ〜

VTV_figur_outline.ny.png

デンマークには介護機器(技術)を評価するシステム Assistive Technology Assessment Tool (ATAT).があります。福祉機器の評価を包括的に行うための方法です。福祉機器の製品そのものの機能テストのみならず、現場での利用に関する調査を行い、結果分析を行い、その福祉機器がエンドユーザー、経済、福祉専門職員や事業者のそれぞれに与える影響を多面的・体系的に把握することを目的に作られた評価システムです。この度、デンマークオールボー大学コペンハーゲン校より研究者が日本の介護福祉現場でのユーザー調査に来日します。来日の折にデンマークで実際にどのように介護福祉機器を評価しているのかの実際を語ってもらうとともに日本の介護福祉機器評価研究を行っている研究者とのパネルディスカッションをおこないます。(日本語の逐次通訳が付き)


日時:2019年3月25日(月)17:30 - 19:30

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)B会議室


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

主催

一般社団法人日本次世代型先進高齢社会研究機構

お問合せ

一般社団法人日本次世代型先進高齢社会研究機構
TEL: 03-5244-5807

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop