Menu

メンバーイベント

AI データサイエンス

京×ポスト京シンポジウム ~シミュレーション・AI・ビッグデータ~

181217_1p_1.png クリックするとPDFが開きます

スーパーコンピュータ「京」の活用は、基礎科学から産業応用まで多くの成果を創出しました。また、現在開発中の後継機、ポスト「京」は、シミュレーションだけでなくAIやビッグデータへの活用も期待されています。スパコン活用の第一線に立つ多彩なゲストが、これまでの成果と今後の可能性をご紹介します。


日時:2019年1月18日(金)13:00~16:45(受付開始 12:30)

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
13:00-13:05
開会挨拶
関 昌弘(高度情報科学技術研究機構 理事長)
13:05-13:15
挨拶
文部科学省
13:15-13:45講演 スーパーコンピュータの歴史から将来を見る
小柳 義夫(高度情報科学技術研究機構 サイエンスアドバイザー/東京大学名誉教授)
13:45-14:15
講演
高速道路ネットワークの地震リダンダンシー評価の可能性
金治 英貞(阪神高速道路株式会社神戸建設部 部長)
14:15-14:45
講演
計算シミュレーションの高分子材料基盤技術開発に向けた期待
中瀬古 広三郎(住友ゴム工業株式会社 技監)
13:05-13:15
講演
カジュアルなスーパーコンピューター
鬼頭 周(ソフトバンク株式会社 常務執行役員/事業開発副統括)
15:35-16:05
講演
人工知能とシミュレーション
辻井 潤一(産業技術総合研究所人工知能研究センター センター長)
16:05-16:35 次世代高性能ARMプロセッサによるHPCとAIの統合
松岡 聡(理化学研究所計算科学研究センター センター長)
16:35-16:45
閉会挨拶
松岡 聡(理化学研究所計算科学研究センター センター長)

 

参加費

無料

定員

200名

主催

主催:理化学研究所 計算科学研究センター(RIKEN R-CCS)、高度情報科学技術研究機構(RIST)
後援:文部科学省、日本経済団体連合会、経済同友会、日本商工会議所、HPCIコンソーシアム、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会、計算科学振興財団、産業技術総合研究所人工知能研究センター

お問い合わせ先

理化学研究所 計算科学研究推進室(広報グループ)
r-ccs-koho[at]ml.riken.jp ※[at]は@にご変更ください
Tel: 078-940-5800

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop