Menu

イベント

私たちができる病院内の環境づくり 〜思春期を病院で過ごすとは〜

まらそん0221.png クリックするとPDFが開きます

病院は治療をする場所です。
ただ、入院している子供たちにとっては “生活の場”でもあります。
病気と向き合うとは?思春期を病院で過ごすとは?
少しでも安心して、居心地よく過ごせるようにするには、どんな環境づくりが必要とされているのでしょうか。
病院を今後、病気の治療だけではなく患者さんのケアをする”hospitality”の場に変えていくために討論をし、誰もにとって経験しうる「入院」に対して、あらゆる視点から現状を分析し「私たちができる病院内の環境づくり」について考えるきっかけを作りたいと思います。


日時:2019年2月21日(木)18:00-21:00 (受付開始:17:45 )

会場:日本橋ライフサイエンスビルディング2階201会議室


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
18:00~19:00 Session 1 「入院生活の現状」
病棟で日々暮らす子供の様子と病院が抱える課題について
19:00~20:00 Session 2 「入院生活をアップデートせよ」
子供たちの入院生活の質の向上のために、民間企業に求められることとは?
20:00~21:00 ネットワーキング

登壇者

・副島賢和 氏
 昭和大学大学院保健医療学研究科 准教授 昭和大学附属病院内学級担当
・大棟耕介 氏
 NPO法人『日本ホスピタル・クラウン協会』 理事長
・椎名 茂 氏
・横田浩一 氏
 (株) 横田アソシエイツ代表取締役
 慶應義塾大学大学院政策・メディア 研究科 特任教授

主催

主催:NPO法人まらそん
協賛:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

参加費

一般:2,000円
学生:無料
※当日会場にて承ります。

お問合せ

yourschool.official@gmail.com

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop