Menu

アクセラレーションプログラム

アクセラレーションプログラム

LINK-Jはライフサイエンス領域の起業を支援するアクセラレーションプログラム「ZENTECH DOJO NIHONBASHI」および「BRAVE」の活動支援に取り組んでいます。


「ZENTECH DOJO NIHONBASHI」

株式会社インディージャパン主催による起業家支援プログラムです。一般的なベンチャーキャピタルなどによる支援とは異なり、資金面以上に知識、経験、人脈などのソフト面の支援を重視して、ビジネスモデルが形成される前段階から、起業の第一歩を検討いたします。

起業家が持つビジョンとアイディアや技術をもとに、最も価値を生み出すビジネスモデルを短期間で集中的に検討、具体化します。早い段階から自己資金による「エンジェル型」の投資を行います。

「ZENTECH DOJO NIHONBASHI」とは

3か月間のプログラム

医療、健康など広範囲なライフサイエンス産業で起業を目指す方、あるいは起業した方を対象とし募集を行います。その課題の意義が大きく、アイディアの価値が著しく見込みがあると判断された企業を最大4社選出し、プログラムに参加していただきます。

カリキュラムの中では起業に必要な知識を蓄えるためのレクチャーに加え、毎週行われるメンタリングを通じて、ビジネスを立ち上げていきます。また顧客の紹介や、資金調達に向けて投資家への紹介も行います。

「PreStartup in Nihonbashi」とは

創業直後の起業家や、起業予備軍にとって、相談相手を探すのは大変です。毎月開催されるPreStartup(プレスタ)は、気軽に投資家と話ができる交流会です。ZENTECH DOJO Nihonbashiのメンターやテーマに合わせたゲストと食事をしながら、色々な話ができる機会を提供しています。


「BRAVE」

Beyond Next Ventures株式会社主催による、技術シーズや大学発ベンチャーの事業化支援プログラムです。同企業は、医療、ヘルスケア分野をはじめ、ロボット、AI、IoT、など先端分野のシードステージにおける大学発・技術系ベンチャー企業のインキュベーション投資を得意としています。

BRAVEアクセラレーションプログラムでは、革新的な技術の事業化を目指す大学や研究機関などの研究者/起業家に対し、事業化実現のための知識・ノウハウと人材ネットワーク・成長資金を提供しています。年間エントリー数が110件と、起業前の大学技術シーズに特化したプログラムでは、国内最大規模のアクセラレーションプログラムです。また、創業初期の経営幹部、顧問や、事業化推進を担う経営者や共同創業者が見つかる点が、他のアクセラレーションプログラムには無い特徴です。各種業界の専門家や経験豊かな経営者などによる、研修プログラムとメンタリングを経て最終日にピッチ大会を実施します。

最終ピッチ大会の入賞特典について

ピッチ大会で優秀な評価を受けた団体は、総額約1億円の事業・研究開発費獲得の機会(STARTプログラム*への推薦)、最大200万円の賞金、最大500万円の出資を得る機会、パートナー企業による事業化支援、海外事業展開サポートなどが提供されます。

*JST 大学発新産業創出プログラム。会社設立前の研究チームに対し年間最大3000万円程度、最大3年間の研究開発・事業開発資金を助成

ライフサイエンス賞について

ライフサイエンス賞について

ピッチ大会で優秀な企業へ送る「ライフサイエンス賞」をLINK-Jより授与いたします。選出された企業・団体には、米国カルフォルニア州サンディエゴへツアーへのご招待を実施しています。LINK-Jが提携するBIOCOM主催の「Biocom Global Life Science Partnering Conference」への参加、およびサンディエゴ市内の各社研究機関やライフサイエンス企業との面会をセッティングいたします。

pagetop