Menu

人と情報の交流掲示板一覧
The Shared bulletin board

イベント情報

  • 投稿者:日本貿易振興機構(ジェトロ)

    【参加者募集】BIO Digital Tour 2020 (7/27締切)
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    日本貿易振興機構(ジェトロ)ヘルスケア産業班では、欧州のバイオ団体EBDグループ主催の展示会に関し参加者募集を開始いたしました。ぜひ参加をご検討ください。

    2020年8月から10月にかけてオンライン上でバイオ分野(ライフサイエンス関連)のビジネスマッチングイベント「China Bio Partnering Forum」、「Bio Pharm America」、「BIOEurope」が開催されます。
    これらの展示会はそれぞれ中国、米国、欧州で例年開催されておりますが、新型コロナウイルスの影響によって、デジタル開催へ移行となりました。
    主催者提供のシステム上で海外企業と事前マッチングができ、会期中にオンラインで商談することができます。

    ジェトロは、日本企業の海外展開支援を目的として、3展示会全てに参加できる支援プログラムを実施します。
    本プログラムは参加料の補助に加え、WEBセミナーや現地コーディネーターによる個別メンタリング支援等も併せて検討しています。
    ジェトロからお申し込みいただくことにより、廉価に3展示会全てに参加することが可能です。

    海外バイオ市場参入にご関心のある方はぜひ参加をご検討ください。

    ▼詳細はこちら
    https://www.jetro.go.jp/events/biotour2020

    …もっと読む

    ◇会期:
    ① China Bio Partnering Forum:2020年8月25日(火)~27日(木)
    ② Bio Pharm America:2020年9月21日(月)~24日(木)
    ③ BIO-Europe:2020年10月26日(月)~29 日(木)

    ◇開催形態:オンライン
    ◇募集数:30社(予定)

    ◇出展対象:バイオ分野
    (創薬、創薬支援、再生医療等の製品・サービス・技術等を有
     する日本の中堅・中小企業)
    ※国内特許の有無に関わらず申込み可能。

    ◇参加形式:1社1アカウント(3展示会共通パス)

    ◇出展料:【中堅・中小企業料金】 57,200円(税込)

    申込締切:2020年7月27日(月)12:00まで
          ※募集社数を一定程度超えた時点で募集を締め切りますので、
           お早めの申し込みをお勧めします。

    ◇お問い合わせ:
     日本貿易振興機構(ジェトロ)市場開拓・展示事業部 海外市場開拓課 
     ヘルスケア産業班 担当:吉安、薄木、長谷(ながたに)
     Email:healthcare@jetro.go.jp TEL:03-3582-8351

  • 投稿者:京都リサーチパーク株式会社

    HVCKYOYTO2020 Pre-Event Vol.2「HVCKYOTOへの誘い」
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    KPR202020702.jpeg

    来る10月19日(月)に予定しておりますHVCKYOTO2020に向けた招待制のプレイベントです。参加予定のみなさまに加え、過去HVCKYOTOに参画された方、今後ご登壇・ご支援・ご協力いただけそうな方にご参加いただきたく存じます。
    ご一緒にヘルスケア分野のエコシステムを形成しましょう。English follows.

    ◆日時:2020年7月2日(月)13:30-16:00(開場13:20-)
    ◆会場:ONLINE
    ◆内容:
    第一部 基調講演「日米をつなぐ医療機器イノベーションエコシステム」
    Stanford大学 池野文昭先生
    第二部VC鼎談「愛されスタートアップの秘密」
    京都大学イノベーションキャピタル(株)投資第一部長 八木信宏氏
    大鵬イノベーションズ合同会社 パートナー 森文隆氏
    Newton Biocapital SA Investment Partner 森俊介氏
    第三部Alumni体験談「Baby Tech最前線/医療機器ODMについて」
        メロディ・インターナショナル(株) Founder & CEO 尾形優子氏
        JOHNAN(株) 取締役執行役員 紅林倫太郎氏
    ◆定員:80名 
    ◆参加費:無料
    ◆参加申込:https://hvckyoto2020-pre2.peatix.com/view
    ◆申込〆切:2020年6月26日(金)11:00まで

    …もっと読む

    Pre-event vol.2 'Invitation to HVCKYOTO2020'
    This is an invitation-only pre-event related to HVCKYOTO2020.
    In addition to those who are planning to participate in HVCKYOTO2020,
    and Alumni of HVCKYOTO, we would like to invite those who are likely to
    support or cooperate us in the future.
    Let's form a healthcare ecosystem together.

    Date: 2nd July, 2020 13:30-16:00JST  
     *Admission is possible 10 minutes before the opening time (13:20).
      Admission before that is rejected once.
    Venue: ONLINE (Invitation Only) 
     *An invitation e-mail will be sent to those who applied for the ticket.
    Participation fee: Free
    Language: Japanese/English (with simultaneous interpretation)

    Tentative Program:
    13:30-14:10 Keynote Speech:
    ’How to Form Ecosystem in Medical Device Industry'
    Fumiaki Ikeno MD., Director of Japan Outreach,
    Stanford School of Medicine
    ※Dr. Ikeno will talk about the ecosystem that connects US and Japan.
    14:25-15:05 Talk Session:
    'The right methods to attract Japanese VCs'
    Nobuhiro Yagi, Ph.D., Senior Officer,
    Kyoto University Innovation Capital Co., Ltd.
    Fumitaka Mori, Ph.D., Partner,
    Taiho Innovations LLC
    Toshiyuki Mori, Ph.D., Investment Partner,
    Newton Biocapital SA
    ※The three experienced venture capitalists talk about the inside story.
    15:20-16:00 Alumni Case Study:
    Yuko Ogata, Founder & CEO, Melody International Ltd.
    Rintaro Kurebayashi, Director and Executive Officer, JOHNAN Co., Ltd.
    ※Melody International which is a top runner of Babytech startups,
    and JOHNAN which has participated as an HVCKYOTO partner for 3 years, will introduce their stories.

  • 投稿者:横浜市経済局産業連携推進課

    ビジネスプレゼンテーション作成セミナー~説得力ある効果的な資料作成のコツとは〜
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    yokohama200616.jpeg

    対外的なプレゼンテーション資料を日々、ブラッシュアップしていますか?

    オンラインでの商談あるいは多くの聴衆を前にしてのピッチの機会が増えています。
    しかし、「ピッチやプレゼンテーションをしても相手の反応が薄い」という悩みも耳にします。そこで、今だからこそ、営業活動や資金調達活動をより効果的にするため、プレゼンテーション資料のブラッシュアップをしてはどうでしょうか。
    本セミナーでは、相手に行動を促すためには何を考えておくべきか、どのように資料をつくっていくかお伝えします。
    木原財団は、多くのバイオベンチャーのピッチデック作成支援を行っており、ノウハウを蓄積しています。
    説得力ある効果的な資料作成のコツを学んでみませんか。

    【日時】2020年6月16日(火)16:00~17:00(開場15:45)
    【参加費】無料
    【定員】最大100名(申込先着順)
    【申し込み】https://pptbiblio.peatix.com よりお申し込みください。
    【会場】オンライン開催(zoom)

    …もっと読む

    【プログラム】
     16:00 ご挨拶
     16:05 「ビジネスプレゼンテーション作成の基本ルール」
         公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団  三宅 善敬 
     16:50 質疑応答

    【視聴方法】セミナー当日はPeatixにログインいただき、イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリックいただき、視聴をお願いします。またイベント視聴ページをご利用頂く際には、Google Chromeのご利用をお勧めしております。
    ※スマートフォン、タブレットからご参加される方は、事前にzoomアプリ(無料)のダウンロードをお願いします。


    【注意事項】
    ・チケットお申し込み後、ブラウザーでPeatixにログイン頂くとイベントページの上部に「イベントに参加」というボタンが表示されます。セミナー参加時に、そちらをクリックすると視聴用URLが表示されます。(視聴用URLはセミナー開始30分前までにUPします)
    ・オンライン配信サービスの接続や設定についてはサポート対象外となります。
    ・事前に登録いただいた方のみ視聴が可能です。
    ・映像や音声が乱れる場合がございます。ご了承ください。
    ・配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
    ・終了時刻は前後する可能性がございます。


    【主催】公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団
    【お問合せ】
     公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 担当:仲間
     TEL:045-502-4810
     E-mail:biblio@kihara.or.jp

  • 投稿者:神戸医療産業都市推進機構

    ライフサイエンススタートアップ発掘・育成プログラム 「メドテックグランプリKOBE2020」 2020年度エントリー募集中!(締切7月10日)
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    メドテックグランプリKOBE.PNG

    「メドテックグランプリKOBE」は、次世代技術と情熱をもって、医療・健康に関わる世界を変えようとするチームを発掘・育成することを目的としたプログラムです。
    2020年10月10日(土)に神戸市内で開催を予定している最終選考会(デモデイ)に向けて、研究成果を社会に生かそうとする研究者やスタートアップ企業など、全国の大学・研究機関や企業等から「メドテックグランプリKOBE」参加チームを募集しています。

    応募条件
    医療・健康関係のリアルテック領域(創薬、医療機器、再生医療、ヘルスケア、研究ツール等)の技術シーズをもとに世界を変えたい、世の中をよくしたいという構想を持ち、創業あるいは新事業展開の意志がある方。

    対象:全国の研究者、大学生・大学院生、スタートアップ企業など
    こういう方におススメです。研究成果を社会に活かしたい!技術を社会に活かす仲間がほしい!

    エントリーから最終選考会までの流れ
    (1) エントリー開始
    (2) エントリー相談
    (3) エントリー締切:7/10
    (4) 書類選考:8月初旬
    (5) 最終選考会(デモデイ)開催
    10/10(土) 13:00-19:00 場所:神戸市内

    …もっと読む

    エントリー
    ウェブサイトにて、メンバー登録(ご自身のメールアドレスをご入力ください)のうえ、web フォームへの記入を行なって応募してください。

    審査項目
    書類選考によって、1010日のメドテックグランプリKOBE最終選考会(デモデイ)に出場するチームを決定します。
    ・新規性があるか
    ・実現可能性があるか
    ・世界を変える可能性があるか
    ・プランに対する情熱があるか

    表彰など
    ・最優秀賞(賞金 30万円+ 事業投資500万円を受ける権利): 1
    ・企業賞(賞金 20万円):複数件を予定 ※なお、前回は、上記以外にも、神戸医療産業都市賞の授賞がありました。
    ・ファイナリストに選ばれたチームについては、神戸医療産業都市推進機構・株式会社リバネスにより、事業化に向けたサポートを実施予定
    ・最終選考会(デモデイ)では、企業賞授賞予定の企業を含め、本プログラムのパートナー企業との協業可能性を探るネットワーキングの場を設定

    主催・お問い合わせ
    「メドテックグランプリKOBE」は、創業期のライフサイエンススタートアップ支援に取り組む神戸市および神戸医療産業都市推進機構と、リアルテック領域の事業の種を発掘しビジネスとして芽吹かせるまでを手がける株式会社リバネスの3者によって運営しています。

    全国の大学・研究機関や企業等からのご応募をお待ちしております。

    公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構 クラスター推進センター(担当:内田)
    650-0047 神戸市中央区港島南町1-5-2 神戸キメックセンタービル7階 
    Tel: 078-306-0719 Mail: start-up@fbri.org

    株式会社リバネス東京本社(担当:上野)
    162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4 御幸ビル5
    Tel: 03-5227-4198 Mail: fd@lnest.jp

    株式会社リバネス大阪本社(担当:濱口)
    552-0007 大阪市港区弁天1-2-1 大阪ベイタワーオフィス6
    Tel: 050-1743-9799 Mail: fd@lnest.jp

  • 投稿者:横浜市経済局産業連携推進課

    研究助成金申請書の書き方セミナー 〜~研究助成金申請書作成のコツを知っていますか~〜
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    cover-428zf70FUNpFuObEg2YyjOjWkAiqMF67.jpeg

    研究開発支援助成金申請書作成時に、押さえておくべきポイントがあることを知っていますか?

    新型コロナウイルス感染拡大による経済活動自粛の影響により研究開発に係る費用を捻出することが困難になっている事業者も多いのではないでしょうか。コロナ後の世界では、健康・医療分野の研究開発に対するニーズがより高まることが予想されるため、厳しい状況の中でも研究開発を進めて欲しい、その方法の一つに研究助成金を獲得するという選択肢があります。

    木原財団はこれまでに神奈川県内のライフサイエンス分野の事業者やアカデミアに対して、戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)や研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)等の各種申請書作成の支援を行っており、ポイントを押さえた申請書作成のノウハウを蓄積しています。助成金に採択されるためには、ポイントを押さえた申請書を書く必要があります。

    「内容は良いはずなのに採択されない」と思っている事業者の皆様、この機会に研究助成金申請書の書き方のコツを学んでみませんか。

    【日時】2020年6月4日(木)16:00~17:00(開場15:45)
    【参加費】無料
    【定員】最大100名(申込先着順)
    【申し込み】https://applicationbiblio.peatix.com よりお申し込みください。
    【会場】オンライン開催(zoom)

    …もっと読む

    【プログラム】
     16:00 ご挨拶

     16:05 「研究助成金申請書作成のコツ」
        公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団  三宅 善敬

     16:50 質疑応答

    【視聴方法】セミナー当日はPeatixにログインいただき、イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリックいただき、視聴をお願いします。またイベント視聴ページをご利用頂く際には、Google Chromeのご利用をお勧めしております。

    【注意事項】
    ・チケットお申し込み後、ブラウザーでPeatixにログイン頂くとイベントページの上部に「イベントに参加」というボタンが表示されます。セミナー参加時に、そちらをクリックすると視聴用URLが表示されます。(視聴用URLはセミナー開始30分前までにUPします)
    ・オンライン配信サービスの接続や設定についてはサポート対象外となります。
    ・事前に登録いただいた方のみ視聴が可能です。
    ・映像や音声が乱れる場合がございます。ご了承ください。
    ・配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
    ・終了時刻は前後する可能性がございます。

    【主催】公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団
    【お問合せ】
     公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 担当:仲間
     TEL:045-502-4810
     E-mail:biblio@kihara.or.jp

  • 投稿者:日本貿易振興機構(ジェトロ)

    【出展募集】第三回 中国国際輸入博覧会(CIIE2020)日本企業出展募集のご案内
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    CIIE2020_information_01.png

    中国国際輸入博覧会は、2017年5月、習近平中国国家主席が北京で開催された「一帯一路」国際協力サミットフォーラムにおいて、その開催を発表し、世界各国との経済交流・協力の強化、世界の貿易と経済成長を促し、開放型の世界経済発展を促進するという目的で開催されました。
    昨年の第二回開催には、世界181ヵ国・地域から約3,800社、日本からは371社を超える企業が出展しました。来場バイヤー数は50万人以上、全体の成約見込み額は711.3億ドル(前回比23%増)に達し、第一回以上の成果を挙げて開催されました。このたび、「第三回中国国際輸入博覧会(CIIE)」(会期:11月5日~10日、於:国家会展中心(上海))の開催にあたり、ジェトロは第一回から引き続き、「医療機器・医薬保健」ゾーンにジャパン・パビリオンを設置することになりました。
    この機会に、日本の医療、健康関連の製品・技術を紹介する場として、ご活用いただきたく皆様にご案内申し上げます。出展を希望する企業の皆様におかれては、以下URLをご参照いただき、必要書類を5月13日(水)15:00(※予定)までにご応募下さい。

    ※なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、本見本市の開催地である中国は、現時点で外務省感染症危険情報レベル3となっていますが、本事業は事態が収束し、同危険情報レベルが2以下で、かつ事業参加者の健康・ 安全の確保について確認がとれた状況下での開催を検討しています。その他の注意事項は、出品案内書及び「海外見本市出品要綱」をご確認ください。

    第三回 中国国際輸入博覧会(CHINA INTERNATIONAL IMPORT EXPO)概要
    会期:2020年11月5日(木曜)~11月10日(火曜)6日間
    開催地:中国・上海会場:国家会展中心(上海)(上海市青浦区崧澤大道333号)
    主催:中国商務部、上海市人民政府
    運営機関:中国国際輸入博覧局、国家会展中心(上海)有限公司

    …もっと読む

    ジャパン・パビリオン(医療機器・医薬保健分野)概要
    主催
    :ジェトロ
    出展分野:医薬品、医療機関、高齢者リハビリ・補助器具、栄養保険食品、健康ケア、医療美容、医療ツーリズム、医療技術・サービス等
    ※別途、出展者から、ジャパン・パビリオンへの出展要望分野として(1)養老(高齢者サービス、福祉機器・用品等)(2)防疫(マスク、消毒用品等)の2分野が挙げられています。

    【出展募集詳細】
    以下のURLをご参照下さい。
    https://www.jetro.go.jp/events/CIIE2020

    募集締め切り2020年5月13日(水)15:00 ※予定
    ※ジャパン・パビリオンへの出展に際しては、各社様からご提出をいただく「出展企画書」を元に、ジェトロならびに運営機関である中国国際輸入博覧局にて審査が行われます。今回のお申し込みをもって出展が決定するわけではございませんのでご了承ください。

    お問合せ先:日本貿易振興機構(ジェトロ)
    市場開拓・展示事業部 海外市場開拓課(旧:サービス産業部 ヘルスケア産業課)
    担当:上谷 吉安
    Email:jetro_hc@jetro.go.jp

    ※新型コロナウイルスの拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、当面の間、 在宅勤務(テレワーク)を実施しております。誠に恐縮ですが、お問い合わせ窓口につきましては、代表電話を一時休止し、しばらくの間はメールのみの対応とさせていただきます。関係各位におかれましては、ご不便お掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

  • 投稿者:神奈川県立保健福祉大学

    2021年度 大学院進学オンライン説明会を開催します
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    shi.jpgのサムネイル画像

    進学希望者を対象に、神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーション研究科の進学説明会をオンライン(ZOOM)開催いたします。
    研究科の特色や教育内容、教員による研究内容紹介、入試案内のほか、本学教員による新型コロナウイルス感染症に関するミニレクチャーも行いますので、この機会に是非ご参加ください。

    【内容】:ヘルスイノベーション研究科の概要や特色、教育方針、カリキュラム、入試ガイダンス、教員紹介、ミニレクチャー
    【日時】 : 2020年5月13日(水)16:00~17:30(予定)※参加申込は前日 5月12日(火)17:00までにお願いいたします。申込された方にはZoomのリンク先をご案内いたします。
    【詳細】 : https://www.shi.kuhs.ac.jp/1415/
    【参加費】無料
    【主催者】神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーションスクール事務局
    【お問い合わせ先】
    ヘルスイノベーションスクール事務局 斎藤
    TEL:044-589-8100
    Email:health-innovation@kuhs.ac.jp

    …もっと読む
  • 投稿者:日本貿易振興機構(ジェトロ)

    【出展募集】BIO International Convention Digital 2020(締め切り4/27)
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    BIODigital2020_1.png2020年6月にオンライン上でバイオ分野(ライフサイエンス関連)のビジネスマッチングイベント「2020 BIO International Convention Digital」が開催されます。
    同展示会は米国で例年6月に開催されている「BIO International Convention」が新型コロナウイルスの影響によって、デジタル開催へ移行となったものです。
    本展示会では、主催者提供のシステム上で機密性を保ちつつ、海外企業とオンラインで商談することができます。

    JETROは、日本企業の海外展開支援を目的として、同デジタル版BIOへの支援プログラムを実施します。
    本プログラムには参加料の補助に加え、知財関連WEBセミナーや現地コーディネーターによる個別メンタリング支援等も併せて検討しています。

    米国をはじめ海外バイオ市場参入にご関心のある方はぜひ参加をご検討ください。

    ▼詳細はこちら
    http://www.jetro.go.jp/events/far/b7d5973a29bf1611.html

    …もっと読む

    ◇会期:2020年6月8日(月)~6月12日(金)
    ◇開催形態:オンライン
    ◇募集数:30社(予定)
    ◇出展対象:バイオ分野
    (創薬、創薬支援、再生医療等の製品・サービス・技術等を有し、
    海外でのライセンスビジネス展開等を希望する日本の中堅・中小企業)
    ◇参加形式:1社1アカウント
    ◇出展料:【中堅・中小企業料金】 90,000円
    ◇申込締切:2020年4月27日(月)17:00まで ※募集社数を一定程度超えた時点で募集を締め切りますので、お早めの申し込みをお勧めします。
    ◇お問い合わせ:
     市場開拓・展示事業部 海外市場開拓課 
     ヘルスケア産業班 担当:吉安、長谷(ながたに)
     Email:healthcare@jetro.go.jp

  • 投稿者:東京大学

    【開催延期】「全国大学 DATA/AI アイデアソン」関西地区予選大会
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    DATA_AI_IDEATHON_2020_kansai_1.pngデータやAIの利活用を通じて社会課題の解決やビジネスの創出につなげていくためのアイデアソンを実施します。高度なデータ利活用基盤*の利用の紹介や、メンタリングを通じて、アイデアの創出とブラッシュアップをアドバイザーと一緒に行います。関東・関西それぞれの予選大会から審査を行い、優秀チームは4月開催予定のAI/AUM(NIKKEI主催)の全国大学データAIビジネスコンテストに出場できます。
    *広帯域で安全な学術ネットワーク(SINET)と、高性能な計算環境を利用して実現する新しいデータ利活用基盤(構想)

    ◆関東地区予選大会の詳細はこちらのページをご覧ください◆

    開催日:3月13日(金)~3月15日(日)
    場 所梅田グランフロント大阪タワーC VisLab Osaka ※遠方よりご参加の方には交通費の支給、宿泊費の補助を行う予定です。
    参加申込:申し込みサイト
    スケジュール

    1日目:本アイデアソン の位置づけの説明、プランニングの方法の説明
        チームビルディング(一人や少人数の方を対象)
    2日目:1日目のプランニングの続き、中間発表&フィードバックとメンタリング
    3日目:2日目の修正反映、発表(スライド使用)と審査、AI/SUM2020出場チームの決定

    …もっと読む

    参加資格

    1.応募対象者:大学生、大学院生を代表とするチーム、個人(文・理を問いません)。アドバイザーとして大学の研究者等社会人の方がチームメンバーに含まれていても問題ありません。

    2.アイデア内容について:AIとデータ利活用のビジネスアイデアを広く募集します。現時点で明確なアイデアがなくても全く問題ありません!是非,お気軽にご参加ください!アイデアソンを通してメンターと一緒にアイデアを洗練させることができます。

    2-1.SINETの利用について:SINETと言われる高度なデータ利活用基盤を用いることで,皆様のアイデアがパワーアップされることを計画しています。しかしながら,応募時には,SINETを活用することやその知識を前提としていません。もし,SINETを利用するとこんなことが可能になるということがアイデアとして既にある場合には記載していただければと思います。(SINETの詳細についてはこちらを御覧ください )

    2-2.課題の明確化について:皆様のアイデアが「どんな課題を解決するか」について考えることは非常に重要です。特に最近では社会課題を解決するアイデアが求められています。しかしながら,応募時には課題が明確でなくても全く問題ございません。アイデアソンを通して,メンターと一緒にSDGsやSociety 5.0等との関連を明らかにすることができます。

    データについて:データの対象としては特に制限を設けません。パーソナルデータ,自然データ,インフラデータ,行政データ,産業データ、医療データなど幅広いデータを対象としています。

    募集 締切について:2020年2月21日まで

    審査について:ご提出いただいた内容をもとに事前審査を行います。結果について事務局よりご連絡いたします(3月上旬を予定)。

    宿泊・交通について:予約・精算方法について、出場チームには事務局よりご連絡いたします。

    その他:チームメンバーの内,アイデアソン中に既に他の予定が入っている方がいらっしゃっても大丈夫です。その場合には,ご予定を予めご共有ください(フォームの最終項目)。

    問い合わせ
    その他ご質問がある場合には下記メールアドレスにまでお問い合わせください。
    iclub@uic.osaka-u.ac.jp

    主催
    大阪大学共創機構産学共創・渉外本部

  • 投稿者:慶應義塾大学 リサーチコンプレックス戦略室

    【中止】第2回 Tonomachi 再生・細胞医療実用化国際シンポジウム 「大量・安価・高再現性の細胞製造のためのQuality-by-Design(QbD)アプローチの可能性」
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    20200318.png

    細胞製造に焦点を絞り、医薬品製造の再現性向上とコスト削減のためのアプローチ方法であるQuality-by-design(QbD)を細胞の製造に適用するには何が必要か、国内外の第一線でご活躍されている細胞製造の専門家にお集まり頂、議論を深めて参ります。

    日時:2020年3月18日(水)13:00~18:30
       ネットワーキングレセプション:18:45~20:00
    会場:日本橋三井ホール(COREDO室町1)アクセス
    参加費:シンポジウム:1000円(税込)、シンポジウム+ネットワーキング・レセプション参加:5,000円 (税込)
    言語:英語/日本語(同時通訳あり)
    主催: 殿町リサーチコンプレックス(中核機関:慶應義塾大学)
    共催JST科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム「コストの観点からみた再生医療普及のための学際的リサーチ」
    詳細・申込みhttps://www.tonomachi-wb.jp/e/medical2020/

    …もっと読む

    プログラム

    13:00 開会
    13:10 セッション1 「日本における細胞製造」 
    座長:中村雅也(慶應義塾大学医学部整形外科学教室 教授、医学部長補佐)
    1.1:紀ノ岡正博(大阪大学大学院工学研究科生命先端工学 教授)
    1.2:金村米博(国立病院機構大阪医療センター・臨床研究センター先進医療研究開発部・部長)
    1.3:川真田伸(神戸医療産業都市推進機構 細胞療法研究開発センター センター長 事業統括)
    15:05 セッション2「細胞製造のQbD
    座長:紀ノ岡正博(大阪大学)/佐藤陽治(国立医薬品食品衛生研究所)
    2.1Bruce Davies (Principle Consultant Bruce Davis global Consulting)
    2.2Brad Swarbrick (Owner ofQuality by Design Consultancy)
    2.3Dave Margetts (CEO and co-founder of Factorytalk)
    2.4Anthony Margetts (Principle Consultant for Factorytalk)
    17:45 パネルディスカッション「細胞製造のQbDアプローチの可能性と課題」
    モデレーター:川真田伸(神戸医療産業都市推進機構)/ David Margetts (Factorytalk)
    パネリスト:ご登壇のみなさま
    18:30 閉会

    お問合せ:※お問合せはメールにてお願いいたします
    慶應義塾大学殿町タウンキャンパス 運営事務局(担当:根本、伊藤)
    rc-tonomachi@adst.keio.ac.jp

  • 投稿者:慶應義塾大学 リサーチコンプレックス戦略室

    【中止】殿町ウェルビーイングイノベーションシンポジウム「羽田-殿町発 新しい価値の創造 ~志をつなぐ合言葉はウェルビーイング~」
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    20200311.png

    文部科学省、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の支援のもと、慶應義塾大学は中核機関として、2016年度の本採択から約3年半、ウェルビーイング都市の実現に向けて「殿町リサーチコンプレックス」の構築を進めて参りました。全くの更地であった殿町には、現在、国内外の企業・大学・研究機関などライフサイエンス分野の機関の集積が進んでいます。そして多摩川を挟んで対岸の羽田空港跡地でも新しいまちづくりが始まっており、羽田連絡道路の完成により2020年度内には、日本の玄関口・羽田空港と殿町の世界最先端技術がつながることで、「空港と一体的なエリア」が形成されます。本シンポジウムでは殿町リサーチコンプレックスにおけるこれまでの成果と資産を皆様にご報告いたします。そしてグローバルに通ずるウェルビーイング都市構築を旗印に、このエリアをハブとして近未来医療・ヘルスケアを創出する広域イノベーション域を形成するために、支える技術基盤や人材の育成、グローバル連携、社会実装などの面から、各方面の方々と共にウェルビーイング都市の実現に繋げていく道しるべを議論し、共通認識を打ち出し、更なる発展をめざしていくことを広く宣言いたします。

    日時:2020年3月11日(水)13:00~17:00 (12:30~受付開始)
       ネットワーキングレセプション:17:15~18:30
    会場:日本橋三井ホール(COREDO室町1)アクセス
    参加費:シンポジウム:無料、ネットワーキングレセプション:会費制4,000円(税込)
    対象製造、情報通信、金融、保険、不動産、農林水産、建設、運輸、物流、流通、サービス、医療、福祉、公務、教育機関などウェルビーイング都市の実現に関心のある機関の方や、市民の方々
    主催殿町リサーチコンプレックス(中核機関:慶應義塾大学)
    詳細・申込みhttps://www.tonomachi-wb.jp/e/symposium311/

    …もっと読む

    プログラム

    13:00 開会
    13:10 招待講演「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました」
    出雲 充(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)
    13:55 基調講演「殿町リサーチコンプレックス発ウェルビーイング都市の実現へ」
    前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授、ウェルビーイングリサーチセンター長)
    14:55 パネルディスカッション 「新しい価値の創造~志をつなぐ合言葉は“ウェルビーイング”~」
    モデレーター:前野隆司(慶應義塾大学)
    パネリスト:相澤康則(東京工業大学生命理工学院 准教授)
    足立剛也(Scientific Officer, Human Frontier Science Program (HFSP)
    フィリップ・誠慈・ヴィンセント(Plug and Play Japan 代表取締役マネージング・パートナー)
    16:35 殿町宣言
    進行役:吉元良太(慶應義塾大学ウエルビーイングリサーチセンター特任教授/殿町リサーチコンプレックスオーガナイザー)
    青山藤詞郎(学校法人慶應義塾)
    三浦淳(公益財団法人川崎市産業振興財団 理事長)
    17:00 閉会

    お問合せ:シンポジウム運営事務局
    rc-tonomachi@adst.keio.ac.jp

  • 投稿者:一般社団法人 BioResource Innovation Hub in Kobe

    【開催延期】神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター設立記念キックオフシンポジウム~バイオリソースの利活用によるエビデンス創出へ向けて~
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    200210_確定_神戸大バイオリソースセンターA4_ページ_1.png

    【ご連絡】 神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター設立記念キックオフシンポジウム開催延期のお知らせ

    3月9日に開催を予定しておりました神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター設立記念キックオフシンポジウムですが、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況に鑑み、参加者の皆様の安全を考慮した結果、やむなく延期とさせていただきます。
    ご参加を予定していただいていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いします。

    日時:開催日が決まり次第お知らせいたします。
    主催:神戸大学医学部付属病院
    協賛:一般社団法人 BioResource Innovation Hub in Kobe


    問い合わせ先
    〒650-0047 神戸市中央区港島南町1-5-1
    神戸大学医学部附属病院
    国際がん医療・研究センター事務室 担当 安藤
    tel 078-302-7111
    e-mail junbi@med.kobe-u.ac.jp

    …もっと読む
  • 投稿者:東北大学東北メディカル・メガバンク機構

    <日本・デンマーク 国際シンポジウム>「バイオバンク/ヘルスビッグデータ 利用しづらいですか?」 "NOT EASY TO USE BIOBANK & BIGDATA? - WHAT IS THE BARRIER?-"
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    日本デンマーク国際シンポジウム 20200212.png

    国内を含め世界中にバイオバンクやそのサンプルに紐づいた健康関連ビッグデータが存在し、企業は製品開発への活用に興味を持っていますが、使い勝手が悪い・使用条件が厳しすぎる・データはクリーニングされているのかなど様々な疑問や問題点があり、あまり活用されていない現状となっております。

    そのような中で今回は、日本・デンマークにある複数のバイオバンクにどのようなサンプがあるかを横断的に検索できるシステムの仕組みや使い方をご紹介いただき、両国のバイオバンクを実際に活用したオムロンヘルスケア社(日常生活モニタリングの健康生活への有用性研究)、ユニリーバ社(遺伝子解析と画像の組み合わせにより双子の見た目や寿命が遺伝子で決定されてしまうのか?!を調査した研究)、ヤクルト本社(乳酸菌飲料摂取の健康効果を明らかにする研究)などのケースを実例でお話しいただきます。
    またデンマークでは1967年より日本のマイナンバーにあたるCPR番号が施行されており、通院・治療記録、薬の処方情報などの医療情報だけにとどまらず、住所、学歴、家族情報など、ほぼ全ての個人情報が紐づいており、ほとんどの公共手続きがオンラインで簡単にできるなどデジタル化が進み、データを活用する動きも積極的に進められております。

    本シンポジウムでは、日本が目指すデータやバイオバンク利活用の仕組みづくりが先進的な国デンマークから保健省ヘルスデータ局長をお呼びし、そのプラットフォームのご紹介、個人データの取り扱い、データ活用の今後の展望についてお話しいただきます。
    本シンポジウムでは両国の産学が集まり、本領域のニーズや問題点を互いに理解し、規制などを含んだどのような改善を政府へ提言したら良いかを考える場となりましたら幸いです。

    ◆2020年2月12日(水)13:00-18:15(情報交換会18:20-19:20)
    ◆会場:代官山ヒルサイドプラザ(東京都渋谷区猿楽町29-10)
    ◆言語:同時通訳(日・英)
    ◆参加申し込み:https://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/37063

    ◆主催: 東北大学東北メディカル・メガバンク機構
    ◆後援: デンマーク大使館
    ◆スピーカー協力:電通、モニターデロイト、ちとせ研究所
    ◆添付資料:英語版プログラム(スピーカー略歴等あり)日本語フライヤー
    ※本シンポジウムは、厚生労働科学研究費補助金「次世代バイオデータ基盤の構築に向けたデータ連携の概念実証」により行っています

    …もっと読む

    ◆プログラム(内容は予告なく変更になる場合があります)

    時間 内容
    12:30 開場
    13:00 プレシンポジウムセッション  デンマークのご紹介
    13:30 シンポジウム開始
    13:40 第一部 日本のバイオバンク、生体試料活用研究、デンマークに学ぶ大規模なデータ利活用
    山本雅之(東北大学)、山本万里(農業・食品産業技術総合研究機構)、Lisbeth NIELSEN (デンマーク保健省局長)、Bartlomiej WILKOWSKI(デンマーク国立バイオバンク)、荻島創一(東北大学)ほか
    16:05 第二部 バイオバンクの産業利用とその課題
    演者:Kaare CHRISTENSEN(デンマーク加齢研究センター)、寳澤篤(東北大学)、Jes HERBERT(デンマーク工科大学)、笠原堅(ちとせ研究所)ほか
    18:10 閉会
    18:20-19:30 同会場にて情報交換会
  • 投稿者:八代嘉美

    八代嘉美 × 東浩紀 再生医療は結局どうなっているのか?──iPS細胞と『科学の魔術化』の10年を振り返る
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    cover-slIyvvqoq4FmDO27rDthsfFnLd25rgyb.png日時:2020年2月6日(木)19時~21時半(開場18時)
    会場:ゲンロンカフェ(アクセス
    登壇者:八代嘉美(やしろ・よしみ)、東浩紀(あずま・ひろき)
    詳細:イベントサイト

    このたびゲンロンカフェでは、幹細胞研究と関連の情報発信で活躍する八代嘉美氏を迎え、研究の現在を紹介いただきながら、iPS細胞の2010年代をどう「脱魔術化」するべきなのかについてお話をうかがう。聞き手は、八代氏との20年来の友人である東浩紀。八代氏は2014年のSTAP細胞騒動の際にも登壇していただいた。「高度に発達した科学」と、われわれの社会はどのように向き合うべきなのか。
    2020年代の科学と社会に関心のあるかたは、ぜひご来場を!

    …もっと読む
  • 投稿者:理化学研究所 革新知能統合研究センター

    【中止】理化学研究所 AIPシンポジウム ~2019年度成果報告会~
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    poster0305.png

    ※ 本セミナーは中止となりました。

    理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)の2019年度成果報告会を実施いたします。全2回行われるポスターセッションでは、50名を超えるAIの研究者と直接お話しいただくことができます。

    日時  2020年3月5日(木) 10:00-17:20 (9:30開場)
    場所  早稲田大学日本橋キャンパス(COREDO日本橋5F)
    詳細  https://aip.riken.jp/sympo/sympo202003/
    参加費 無料
    定員  200名
    主催  理化学研究所 革新知能統合研究センター
    お問い合わせ先 aip-koho@riken.jp

    …もっと読む

    プログラム概要
    ・グループディレクター3名による成果発表
    ・講演 川人 光男 特別顧問
    ・各連携センターの取り組み
    ・非線形ダイナミクスの作用素論的データ解析
    ・生命科学分野での機械学習活用における信頼性評価
    ・論理的な人工知能の設計は創造的な設計につながる

  • 投稿者:川崎市 臨海部国際戦略本部 国際戦略推進部

    ICTの変革が実現するヘルスケア新時代 2020
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    visual_alert.png

    慶應義塾大学では、文部科学省、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)によるリサーチコンプレックス推進プログラムの一環として、2017年度より、宮田裕章教授のコーディネートによる「ICTの変革が実現するヘルスケア新時代」セミナーを毎年開催しております。

    リサーチコンプレックス推進プログラムにおける各種ICTプロジェクト等の紹介を通じて人工知能や深層学習等を含む最先端データサイエンスの動向を理解し、具体的な社会実装の手順を示しつつどのように地域や国全体のウェルビーイング向上に貢献できるのか、ヘルスケア領域の情報化の将来像について学びます。 本セミナーはいずれの開催日もゲストスピーカーのプレゼンテーションに引き続き、宮田教授のモデレートによるパネルセッションが行われます。

    日時:2020年2月10日(月)16:30~19:40、2020年2月13日(木)16:30~19:30
    会場:慶應義塾大学殿町タウンキャンパス

    …もっと読む

    【プログラム】

    第1日目「データで変えるまちづくり ~スマートシティ鎌倉の取組~」
    日程:2020年2月10日(月)16:30~19:40
    会場:慶應義塾大学殿町タウンキャンパス(川崎市川崎区殿町3-25-10 Research Gate Building TONOMACHI2-A棟4階)
    アクセス  https://www.tonomachi-wb.jp/access/

    Guest Speaker 
    松尾 崇(鎌倉市長)
    前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授)
    大井 潤(株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員経営企画本部長)

    定員:30名
    参加費:無料

    第2日目「データ駆動型ヘルスケアの実際 ~新サービス開発の裏側~」
    日程:2020年2月13日(木)16:30~19:30
    会場:慶應義塾大学殿町タウンキャンパス(川崎市川崎区殿町3-25-10 Research Gate Building TONOMACHI2-A棟4階)
    アクセス  https://www.tonomachi-wb.jp/access/

    Guest Speaker 
    宇佐見 潮(アマゾンウェブサービス株式会社 執行役員 パブリックセクター統括本部長)

    定員:30名
    参加費:無料

    【参加申込先】下記URLよりお申込みください。
    https://www.tonomachi-wb.jp/e/ict2019/

    【お問い合わせ】
    殿町ウェルビーイングイノベーションスクール運営事務局(担当:根本、伊藤)
    E-mail:info@tonomachi-wb.jp
    TEL: 044-201-7466 / FAX: 044-201-7467

  • 投稿者:日本セルフケア推進協議会

    日本セルフケア推進協議会 講演会「セルフケアの推進をみすえたICT活用とデータベース基盤」
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    日本セルフケア推進協議会は、国民の健康を第一に考え、産学官の垣根を超えた横断的な情報交換を行うことで、来るべきAI時代の大変化に対応し、国民の健康寿命延伸に寄与できるような様々な調査やオープンな意見交換、それに基づく提言を行っていきます。特に国民の健康確保に向けた健康・医療・介護のビッグデータ連結・活用や、最先端技術を活用したPHR(Personal Health Record)により、個々人の健康管理・予防行動につなげられる新しいサービスの可能性について、データ活用部会を中心に議論を進めています。

    日 時: 2020年1月23日(木) 16:00~18:30(開場15:30)
    場 所: ベルサール東京日本橋 4F 「Room D+E」
           東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
    テーマ: 「セルフケアの推進をみすえたICT活用とデータベース基盤」
    参加対象者: 日本セルフケア推進協議会 会員、一般用医薬品メーカー、医療用医薬品メーカー、薬局・ドラッグストア、医師、薬剤師等
    参加予定数:約200名
    参加費: 3,000円
    ※招待者および報道関係者の方々は参加費の必要はございません。
    ※会終了後に情報交換会を開催いたします。

    ◆参加申込:http://jspa-nsc.com/guidance/
    または、下記PDF用紙にて申込可能。
    ◆申込締切:2020年1月17日(金)

    …もっと読む

    <16:00-16:05>
    開会挨拶
    <16:05-16:55>
    講演1:「在宅医療、遠隔医療による持続可能なヘルスケアシステム構築」
    演者:株式会社AGREE 代表取締役社長 伊藤 俊一郎 氏
    <16:55-17:35>
    基調講演:「薬機法改正とセルフケアの将来」
    <17:35-18:25>
    講演2:「日本におけるセルフケア推進に向けた医療リアルワールドデータやライフコースデータ基盤構築への挑戦」
    演者:京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 薬剤疫学 教授 川上 浩司 氏
    <18:25-18:30>
    閉会挨拶

    主催:日本セルフケア推進協議会
    共催:愛知県医薬品工業協会、三重県薬事工業会
    後援:公益社団法人 日本薬剤師会、一般社団法人 日本保険薬局協会、一般財団法人 栩野財団、岐阜県製薬協会

  • 投稿者:京都リサーチパーク株式会社

    Wellness Venture Ecosystem(WVE)シリーズ講座 第3回
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    ☆A4_WVE講師紹介付_ページ_1.png

    ウェルネス産業を牽引するベンチャー経営者によるゲストレクチャー(質疑込み1時間)と、アイディアを形にして効果的にマネタイズするための発信力を磨く基礎コース(2時間)の2部構成となります。
    基礎コースは、京都造形芸術大学芸術学部 キャラクターデザイン学科准教授川向 正明氏によるワークショップ形式で進めます(一部ゲスト講師によるフィードバックあり)。

    ◆日時:2020年1月21日(火)17:00-20:00(開場16:30-)
    ◆会場:KRP9号館5階Canopy 京都市下京区中堂寺粟田町91(アクセス
    ◆内容:
    1) ゲストレクチャー HVC Alumni「自家iPS細胞技術を用いたがん免疫療法の開発」 サイアス(株)代表取締役 等泰道氏
    2) 基礎コース③「シリコンバレーのエコシステム」京都造形芸術大学芸術学部キャラクター学科 准教授 川向正明氏


    ◆定員:50名 ※増席しています。
    ◆参加費:無料
    ◆参加申込:hvckyoto@krp.co.jpまで
    ◆申込〆切:2020年1月20日(月)11:00まで
    ◆詳細:https://www.krp.co.jp/hvckyoto/detail/1513.html

    …もっと読む

    <お申込み>
    https://wve-seminars.peatix.com/

    <お問合せ>
    京都リサーチパーク株式会社 新事業開発部 田畑・中根
    hvckyoto@krp.co.jp TEL 075-315-9040

  • 投稿者:川崎市 臨海部国際戦略本部 国際戦略推進部

    第7回 中分子創薬に関わる次世代産業研究会(IMD2)
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    第7回IMD2開催案内.png

    ◆日 時:2020年1月30日(木)13:30~16:45(受付開始13:15~)
    ◆会 場:川崎市産業振興会館4階 展示場
         川崎市幸区堀川町66番地20
    ◆内 容:
    1) 開会挨拶
    川崎市産業振興財団 ライフサイエンスチーフコーディネータ 河野 裕
    2) 講演 「提携増加で成長期待高まる創薬ベンチャー」
    株式会社いちよし経済研究所 首席研究員 山崎 清一 氏
    3) 講演 「中分子としてのアプタマー創薬」
    株式会社リボミック 代表取締役社長 中村 義一 氏
    4) 事業紹介 「医薬開発を目指すベンチャー企業、新薬で変形性膝関節症に治療薬の開発を進める」
    SANSHO株式会社 代表取締役社長 諸星 俊郎 氏
    5) 事業紹介 「創薬、合併症予測でのAI活用事例」
    株式会社ログビー 代表取締役社長 松田 敦義 氏
    6) 情報交換会
    ◆定 員:100名(会員優先)
    ◆参加費:無料
    ◆参加申込:https://www.cis-trans.jp/imd2-7/
    ◆申込締切:2020年1月22日(水)
    詳細:https://www.kawasaki-net.ne.jp/imd2/events/

    …もっと読む
  • 投稿者:川崎市臨海部国際戦略本部

    第23回 Tonomachi Cafe アカデミアシーズを社会へ届ける知見とは?
    • twitter
    • Facebook
    • LINE

    TonomachiCafe2019#23_1.png

    テーマは「社会実装」。長年、可搬型人工腎臓などの研究開発、アカデミア発のシーズを社会実装に繋げるための取り組みを続けられている小久保准教授に、 海外展開も含めた自らの経験などを語っていただきます。 また第20回に引き続き、富士通研究所の交流ツール『Buddyup!』の試験導入も行います。メディテック・ヘルステック・ケアテックでの知見を深めたい方、産学連携のパートナーをお探しの方、ぜひお気軽にお越しください。

    【講 師】小久保 謙一氏 北里大学医療衛生学部 准教授
    【企業紹介】角岡 幹篤氏 株式会社富士通研究所
    【開催日時】令和元年11月29日(金)18:00~20:15 (受付17:40~)
          第1部企業紹介/第2部メイン講演
          第3部質疑応答/第4部ネットワーキング
    【会 場】川崎市キングスカイフロントマネジメントセンター 川崎市川崎区殿町3-25-10 Research Gate Building TONOMACHI II-1A(1階)
    【定 員】30名程度
    【参加費】500円
    【詳細・参加申込】https://tonomachi.info/cafe/23th-20191129/
    【お申込締切日】令和元年11月27日( 水)

    …もっと読む

    [メイン講演]アカデミアシーズの新しい治療法および治療装置の実用化を目指した研究開発から見えてきたもの
    ~ガス吸入治療や可搬型人工腎臓を例に~

    アカデミアが見出した研究成果と医薬・医療技術の実用化の間には大きなギャップがある。そこを埋めてイノベーティブな技術を社会実装するために、現在、大学発ベンチャーへの支援プログラム、起業家の育成講座、エコシステムの構築といった取り組みがなされている。そういった中、我々もアカデミアシーズの新しい治療法や治療装置の実用化を目指した研究開発を進めてきた。本講演では、特にここ10年ほどで大きく研究開発が進展したガス吸入治療と可搬型人工腎臓を例に、開発の経緯や現在の状況、またそれらの研究開発を通して見えてきたものをお話したい。

    [企業紹介]「タグ付け」交流ツール「Buddyup!」の試験導入について
    今年度のTonomachi Cafeでは、講師や参加者同士の活発な意見交換や繋がりを更に加速させる取組として、富士通研究所で開発中の「タグ付け」交流ツール「Buddyup!」を試験導入します。本ツールは自分や他人を「タグ付け」することでイベント時やイベント後の「人と人の繋がり」を助けるツールとなっています。この新たな交流ツールの実証実験を研究開発拠点であるキングスカイフロントで行います。ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。

    【お問い合わせ先】
    川崎市臨海部国際戦略本部 苗倉・志村 TEL044-276-9216

この掲示板は、LINK-J会員およびLINK-Jとネットワークのある方との共有掲示板です。内容に関するお問合せ、掲載についてはこちらをご覧ください。
Below message board is for LINK-J members and people associated with LINK-J. Please click here for guidelines, terms and conditions.

pagetop