Menu

人と情報の交流掲示板一覧
The Shared bulletin board

イベント情報

  • 投稿者:株式会社マインドフルヘルス

    マインドフルヘルスアカデミー「動いて味わうマインドフルネスプログラム」

    人生100年時代、「未来の自分に今できること」として、動いて味わうマインドフルネス120分クラスx全7回のプログラムです。
    座学(30分)+陰ヨガレッスン(50分)+味わう瞑想(40分)の3部構成となっています。座学では毎回テーマを変えて、健康生活に役立つDr.Akiko脳科学メソッドをご紹介。
    陰ヨガでは関節の可動域を広げ、身体の経絡に働きかけ、巡りの良い身体を目指します。またマインドフルネス瞑想に繋がるインストラクションで、ご自身の内側を観察して心と体の変化や不調に気づきやすくし、セルフケアが上手く出来るようになることを目標にしています。
    味わう瞑想では、これまでの食習慣が心や身体にどのような影響を与えているのかに気づき、より自分の心と体に心地よい、健康的な食事方法について学ぶことができます。
    続けて受講して頂くと、「なりたい自分」に近づくのを体感していただける充実のクラスとなっています。男性も受講可能ですので、まずは体験レッスンの受講をお待ちしております。

    開催日:2019年11月~ 2020年02月 毎月第1、3木曜日(1月は第3木曜のみ)
    会場:HAS YOGA(ハスヨガ)東京都中央区 銀座1-21-12 山田ビル 5階
    主催:株式会社マインドフルヘルス
    詳細についてはこちら

    …もっと読む

    定 員:1クラス8名
    受講料: 単回:6,600(税込)
         全7回一括:44,000円(税込)
         体験レッスン:2,200円 (税込)
         入会金:11,000円(税込)
    ※初めて受講の方は体験レッスンを1回のみ受講可能です。
    ※体験レッスンご参加日にご入会の場合、入会金は無料です。
    ※上記の受講料には、食事代金が含まれています。
    ※レンタルヨガマットは300円別途必要となります。
    ※受講料は事前払い(PayPal)となります。

    講師:大坪泰子
       ・マインドフル健康指導士
       ・全米ヨガアライアンスRYT200修了、陰ヨガ指導士
       ※12/19夜クラスの座学はDr.Akikoが登壇予定です。
    お問い合わせ先
      株式会社マインドフルヘルス
      info@mindful-h.com

  • 投稿者:株式会社マインドフルヘルス

    味わう瞑想会

    抗加齢医学会専門医で日本初のソムリエドクター青木晃医師と脳科学ダイエットを提唱するDr.AKIKOこと山下あきこのコラボ企画!ダイエットには食事制限や意思力が必要だと認識されていますが、美味しい食事やワインを楽しみながら、内なるグルメを養い、ダイエットしなくても結果的に理想の体重を維持できる脳になっていく、マインドフルネス食事療法を学びながら、実際にお食事とワインを楽しむ「味わう瞑想会」を開催します。
    青木先生からは、ワインのある生活のエンジョイの仕方やワインや食を通してのアンチエイジングのお話も聞け、青木先生が厳選したワインと和イタリアンとのマリアージュをお楽しみください。

    日時:2019年11月15日(金)19:00~
    会場:Surryhills サリーヒルズ代官山 渋谷区猿樂町26-2 F棟2階
    主 催:株式会社マインドフルヘルス
    参加費:19,800円(税込み)
    定 員:10名
    イベント詳細について

    お問合せ
    株式会社マインドフルヘルス info@mindful-h.com

    …もっと読む
  • 投稿者:ファルマ・ビジネス・アカデミー

    「第17期PBA医薬マーケティング・アカデミー」受講生募集のお知らせ

    ★★第17期受講生募集ご案内(LINK-J掲載用).png2018年度の医療用医薬品の世界市場におけるブロックバスターをモダリティ別売上比率でみると1位:低分子化合物48.8%、2位:抗体30.5%、3位:蛋白質9.3%であった。一方で、モダリティ別製品数でみると1位:低分子化合物56.4%、2位:抗体18.8%、3位:蛋白質9.0%であった。 依然として低分子化合物の製品数はトップで5割強を占めたが、売上比率は5割を割っている。今後も抗体医薬の成長は止まらず、売上比率で低分子化合物と逆転するのも遠い将来のことでもなさそうである。抗体医薬や蛋白質、ペプチドは、低分子化合物よりも平均して薬価が高く、各社の開発戦略としては、開発パイプラインにどのモダリティを選択するかで自社の業績が左右される。今後の各社の営業・マーケティング戦略を考えるとき、競合他社が上市するモダリティの動きに注視し、従来の方向性を全方位から見直し、基本的に軌道修正を図らなければならない局面に立っている。
    PBAでは年間10講座を通して各界一流の講師陣が皆様の「マーケティング脳」を鍛え直します。皆様のご参加をお待ちしています。

    【会期】:2020年1月20日(月)~10月13日(火)
    【主会場】:日本橋ライフサイエンスハブ
    ※全10講座には各界一流の講師陣を招聘し、マーケティングの次なるStageへ皆様を導きます!
    ※只今、「早期申込み割引きキャンペーン」中です。お早めにお申し込み下さい!

    申込詳細URL:http://www.pba-academy.jp/

    …もっと読む

    【申込締切】:2020年1月10日(金)(但し、先着お申込み45名様にて締切)
    【参加費】:【全10講座参加費】お一人¥430,000-(税抜き)※11月15日(金)までに弊社に到着したお申し込みには増税分2%を本体価格から値引き致します。
    【主催】:ファルマ・ビジネス・アカデミー
    【お問合せ】
    「PBA医薬マーケティング・アカデミー」開催事務局
    E-mail: pba2003@nifty.com
    TEL: 047-361-2164 FAX: 047-361-2187

  • 投稿者:公益財団法人神戸医療産業都市推進機構

    ベンチャーエコシステムに向けた挑戦~神戸から世界へ~

    【配付用】KBIC_BioJapan_2019_Flyer_A4.png神戸医療産業都市は、360以上の企業・団体が集結する日本最大級のバイオメディカルクラスターとして成長いたしました。このたび、国内外に神戸医療産業都市を広く発信するため、パシフィコ横浜で開催される展示会「BioJapan2019」において、スポンサーセミナー「ベンチャーエコシステム構築に向けた挑戦~神戸から世界へ~」を開催します。本セミナーでは、日本のベンチャーエコシステムの課題、海外との違いを明確にし、世界で活躍するライフサイエンスベンチャーを日本で発掘・育成するために、神戸が今取り組んでいる、そしてこれから取り組むべき「ベンチャーエコシステム構築」の全貌を明らかにしていきます。セミナー開催に加え、ブース出展も行っておりますので、ぜひお立ち寄りください。

    日時:10月11日(金)15:00~17:00
    場所:パシフィコ横浜・アネックスホール F205 ・F206(2階)
    主催:神戸市・公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
    講演座長・コーディネーター:平松隆司
    申込サイトはこちら

    …もっと読む
  • 投稿者:公益財団法人神戸医療産業都市推進機構

    Latest Trend in Advanced Therapy and Biomedical Engineering ~UK and Kobe Joint Life Science Seminar~
    191007開催_MedCity Seminarチラシ案_20190926.png

    開催日:2019年10月07日(月)
    開催時間:13:30~17:00
    開催場所:神戸臨床研究情報センター(TRI)第1研修室
    主催:MedCity、 神戸市、神戸医療産業都市推進機構
    参加費:無料
    定員:100名
    詳細・申込サイトはこちら

    …もっと読む

    詳細な内容
    ◎開会挨拶
    Mr. Phil Jackson , MedCity , Project Director

    ◎講演
    『Innovation for Defeating Cancer in the UK』
    Prof. Paul Workman, President and CEO of the UK Institute for Cancer Research

    『Innovation in Immuno Oncology』
    Prof. Farzin Farzaneh, Kings College London

    『Our Approach to Regenerative & Cellular Medicine Business』
    大日本住友製薬株式会社 再生・細胞医薬神戸センター セルプロセッシンググループ
    グループマネージャー
    安藤 覚 氏
    Satoshi Ando, Ph.D.
    Group Manager, Regenerative & Cellular Medicine Kobe Center
    Sumitomo Dainippon Pharma

    ◎企業紹介
    英国、神戸の企業によるショートプレゼンテーション

    ◎閉会挨拶

    ◎ネットワーキングレセプション

    ※使用言語: 英語(同時通訳無し)

    お問い合わせ先
    公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
    078-306-0719
    k-kaneko@fbri.org

  • 投稿者:横浜市経済局ライフイノベーション推進課

    【10/10開催!】アメリカのベンチャーが資金調達に長けている理由がここに。Demo Day開催!

    prflyer_1.png横浜市と(公財)木原記念横浜生命科学振興財団は、「イノベーション都市・横浜」の実現に向け、サンディエゴにおいて3,000社以上のスタートアップ支援実績を持つ起業家支援組織「CONNECT with San Diego Venture Group」と連携し、ライフサイエンス分野の中小・ベンチャー企業を育成・支援するプログラム「The Springboard™ Program in Yokohama」を実施してまいりました。

    約3か月にわたるサンディエゴ流メンタリングを受けた4社が、いよいよアジア最大級のパートナリングイベントBioJapan2019において開催される RBC横浜プログラム「ピッチイベント 横浜デイ」に登壇し、成果発表を行います。サンディエゴでのオリジナルプログラムを卒業したRBC招聘企業も登壇します。CONNECTによる最強のメンタリングの成果を、ぜひご覧ください。

    RBC横浜プログラム 「ピッチイベント 横浜デイ」
    日時:2019年10月10日(木)
    【第一部】 12:45 ~ 14:05
    DemoDay
    【第二部】 14:10 ~ 15:45
    RBC招聘企業によるピッチ(ネットワーキングを含む)
     
    会場:パシフィコ横浜 アネックスホール F205-206 (240名会場)
    参加費:無料
    申込方法:参加希望の方は、BioJapan2019公式サイト「主催者セミナー・スポンサーセミナー・ランチョン セミナー」のタブからお申し込みください。

    …もっと読む

    【プログラム】  
    ・12:45~ オープニング(横浜市プレゼン、CONNECTプレゼン)
    ・13:05~ 横浜プログラム修了企業4社によるデモ・ピッチ
    ・13:25~ 現地プログラム卒業企業4社によるピッチ
    ・14:10~ RBC招へい企業5社によるピッチ及びネットワーキング
    ※英語で実施します(同時通訳あり)

    【登壇者】
    ■オープニング(横浜市プレゼン、CONNECTプレゼン)
     林 琢己 横浜市経済局長
     Dr. Silvia Mah President&COO, CONNECT 
    ■横浜プログラム修了企業4社によるデモ・ピッチ
     藤澤 秀行 氏 株式会社ニットー 代表取締役
     「医療従事者の長時間の立ち姿勢による身体的負担という課題を解決する
      ウェアラブルチェア『archelis(アルケリス)』の開発」
     
     中村 秀剛 氏 アットドウス株式会社 代表取締役
     「狙った場所に狙ったタイミングで正確に超微量で投薬できる
      モバイル投薬・点滴デバイス『atDose(アットドウス)』の開発」

     湯本 法弘 氏 株式会社ジクサクバイオエンジニアリング 最高技術責任者
     「体内と類似した神経組織モデル『Nerve organoid(ナーブオルガノイド)』
      の開発と創薬支援」

     長袋 洋 氏  アーサムセラピューティクス株式会社 代表取締役 COO/CSO
     「バーチャルR&Dモデル※による非アルコール性脂肪肝炎治療薬等の創出」
      ※実験室を持たず外部リソースを利用し研究開発を進めるモデル

    ■現地プログラム卒業企業4社によるピッチ
     Mr. Derek C. Dashti CEO, D&P Bioinnovations
    「再生医療/損傷した臓器(食道等)用のインプラント開発」
     Dr. Arthur Suckow  CEO, DTx Pharma
     「RNA治療/核酸治療薬のためのデリバリー媒体の開発」
     Dr. Khai Minh Pham  CEO, ThinkingNode Life Science
     「AIシステムを活用した診断・治療」
     Mr. Stanley Kim   CEO, WinSanTor
     「末梢神経障害の治療薬の開発」

    ■RBCプログラム招へい5社によるピッチ
     Dr. Jeffrey M. Herz, President & CEO, Algomedix
    「新たなメソッドによる鎮痛剤開発」
    Dr. Pad Chivukula, CSO & COO, Arcturus Therapeutics
    「mRNA(メッセンジャーRNA)関連の製薬企業」
    Dr. James Evans, CEO, PhenoVista Biosciences
    「画像解析技術を活用した細胞検査・解析サービス」
    Dr. John M Newsam, CEO, Tioga Research
    「局所用医薬品、高級化粧品、パーソナルケア用品、特定医療機器の研究開発」
    Mr. Felix Brand, Founder/Managing Director, Personal MedSystems
    「スマートフォン等のアプリを利用した心電図測定」

    ■登壇企業とのネットワーキング
      ピッチ終了後、登壇企業との名刺交換を予定しています。

    RBC横浜プログラム
    横浜市が、経済産業省・JETROの支援の下、外資系企業の招聘プログラム「地域への対日直接投資カンファレンス(Regional Business Conference)」の一環として、BioJapan2019の会期に合わせて、ビジネスマッチングやピッチイベントなどを実施するものです。

    【お問い合わせ先】
     横浜市経済局ライフイノベーション推進課
     担当:鈴木
     電話:045-671-3495 
     E-mail:ke-bio@city.yokohama.jp

     横浜市記者発表ページURL
     https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2019/0913demoday.html

  • 投稿者:川崎市 臨海部国際戦略本部 国際戦略推進部

    第6回 中分子創薬に関わる次世代産業研究会(IMD2)

    第6回IMD2 開催案内_.png◆日 時:2019年10月18日(金) 14:00~17:15(受付開始13:45~)
    ◆会 場:LiSE(川崎生命科学・環境研究センター)1階会議室 川崎市川崎区殿町3-25-13
    ◆内 容:
    1) 殿町紹介「殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」における拠点形成」
    高橋 友弘(川崎市 臨海部国際戦略本部 国際戦略推進部長)
    2) 講演「核酸医薬が示した創薬標的としての糖鎖遺伝子の可能性」
    米山 博之 氏 (株式会社TMEセラピューティックス 代表取締役)
    3) 講演「糖鎖および細胞外環境操作による中枢神経損傷治療の可能性」
    -AMED発の核酸医薬モダリテイーによる創薬展開―
    武内 恒成 氏 (愛知医科大学 医学部生物学・教授/研究創出支援センター・センター長)
    4) 企業紹介「人工核酸塩基導入高親和性・高選択性DNAアプタマーの医療応用」
        望月 昭典 氏 (タグシクス・バイオ株式会社 取締役副社長)
    5) 情報交換会

    …もっと読む

    ◆定 員:100名(会員優先)
    ◆参加費:無料
    ◆参加申込:https://www.cis-trans.jp/imd2-6/
    ◆申込締切:2019年10月10日(木)
    ◆詳細:https://www.kawasaki-net.ne.jp/imd2/events/

    ※申込人数が定員に達しましたら、締切前でもお申込みを終了させていただきます。
    ※参加受付のご連絡として、10月11日(金)にリマインドメールを配信いたします。

    なお、IMD2会員につきましても、引き続き、新規会員登録をお受付しています。
    第6回への参加と併せて会員登録を希望される方は、IMD2会則をご確認の上、参加申込の際、会員登録「新規希望」をご選択ください。
    後日、会員情報ページに掲載いたしますデータのご提出について、事務局よりご連絡させていただきます。

    ◆お問合せ先:
    公益財団法人 川崎市産業振興財団 地域イノベーション・エコステム形成プログラム
    中分子創薬に関わる次世代産業研究会(IMD2)事務局
    担当:鈴木、町田、中江、小寺
    E-mail:chiiki-eco@kawasaki-net.ne.jp
    TEL:044-548-4166

  • 投稿者:横浜市立大学

    Healthcare x Gamification Forum ~ゲームによるヘルスケアの進化~

    gameforum.jpg

    横浜市立大学、東京藝術大学、アステラス製薬は、ゲーミフィケーションを用いた新たなデジタルヘルスケアソリューション創出・実用化を目指し、3者間の産学連携のバーチャルな枠組みとして「Health Mock Lab.」を発足させました。本フォーラムでは特別演者もお招きし、様々な立場からヘルスケアとゲーミフィケーション技術の融合に対する期待やその方向性について発信して参りますので、ぜひご参加ください。

    日時:2019年10月2日(水)13:30~17:30(13:00開場)
    会場:六本木アカデミーヒルズ パークタワー 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階
    参加費:無料(参加申込サイト
    イベント詳細プログラム
    共催:横浜市立大学、東京藝術大学、アステラス製薬株式会社 
    後援:厚生労働省

    …もっと読む

    対象
    ・ヘルスケアの新たな領域への挑戦に興味がある方
    ・ゲーミフィケーションの新たな領域への挑戦に興味がある方
    ・ヘルスケアやゲーミフィケーションに興味のある医療関係者・社会人・学生の方
    ・ゲーミフィケーションでヘルスケアを変えることに興味がある研究者・学生の方

    プログラムに関するお問い合わせ
    アステラス製薬株式会社    
    Rx+ 事業創成部 Rx+ リサーチ&インキュベーショングループ
    細田 彩織 
    mail: saori.hosoda@astellas.com

  • 投稿者:東北大学オープンイノベーション戦略機構

    東北大学オープンイノベーション戦略機構シンポジウム 2019

    20191029oisymposium_1.png東北大学は2018年12月に「オープンイノベーション戦略機構」を創設しました。
    本機構は、大学が核となり多企業が参画するイノベーションエコシステム「B-U-B(Business-University-Business)モデル」を形成し、社会的インパクトの大きいイノベーションを創出することを目的としています。
    このたび、東北大学が目指すオープンイノベーション戦略について産業界をはじめとする産学官の多くの方々にご紹介するとともに、各界から有識者をお招きしてオープンイノベーションの重要性やあり方について議論を深めることを目的にシンポジウムを開催します。皆様の参加をお待ち申し上げます。

    日時:2019年10月29日(火)13:30-17:30 (受付開始 12:30~)
    場所:大手町サンケイプラザ 4Fホール(東京都千代田区大手町1-7-2)
    定員:200名 *定員になり次第、申込みを締め切ります。
    参加費:無料
    詳細・申込オープンイノベーション戦略機構シンポジウム 2019 ウェブサイト 申込フォーム

    …もっと読む

    シンポジウム概要
    【第1部】オープンイノベーション戦略
    【第2部】特別講演
    「産学連携によって切り開く視聴触覚技術の社会実装」
    ピクシーダストテクノロジーズ株式会社代表取締役CEO
    筑波大学准教授 落合 陽一 氏
    「Society5.0時代における協創イノベーションと価値創造」
    第一生命ホールディングス代表取締役会長
    第一生命保険代表取締役会長 渡邉 光一郎 氏

    〇交流会(シンポジウム参加者と東北大学関係者との名刺交換)
    日 時:10月29日(火)17:30-18:20
    場 所:大手町サンケイプラザ4Fラウンジ(東京都千代田区大手町1-7-2)

    お問合せ:東北大学オープンイノベーション戦略機構
    電話 022-718-0350
    oi-sympo※grp.tohoku.ac.jp(※を@に変えてください。)

  • 投稿者:東北大学病院 臨床研究推進センター

    ARO協議会 第7回学術集「オープンイノベーション時代におけるAROの役割」

    ARO_07.png「オープンイノベーション時代におけるAROの役割」と題しまして、特別講演、各種企画シンポジウムをご用意しております。アカデミア発創薬、医療機器開発を成功に結び付けるためには、産官学連携が必須です。そのハブと期待されるAROが、オープンイノベーション時代において果たすべき役割は何か、産業界、行政、アカデミアの皆様と意見交換させていただく機会としたいと考え、オープンイノベーション、並びに産学連携に関連したシンポジウムを数多く準備させていただきました。オープンイノベーション活動のネットワーキングの機会として期待するとともに、これまでARO協議会の学術集会に参加したことがないライフサイエンス領域のイノベーションに携わる関係者の皆様方に、広くご参加いただく機会となりますよう期待しております。

    開催日:2019年9月26日~9月28日
    開催場所:東北大学 星陵オーディトリアム/良陵会館(仙台市青葉区星陵町1-1)
    詳細https://www.crieto.hosp.tohoku.ac.jp/aro7/

    …もっと読む

    総会事務局東北大学病院臨床研究推進センター
    〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
    TEL:022-717-7138
    E-mail:hos-sui@grp.tohoku.ac.jp

    運営事務局日本コンベンションサービス株式会社 東北支社
    〒980-0824 仙台市青葉区支倉町4-34 丸金ビル6階
    TEL:022-722-1311 FAX:022-722-1178
    E-mail:7aro@convention.co.jp

  • 投稿者:GLOBIZZ CORP.

    米国大使館・商務部後援「医療機器米国進出セミナー」

    FINAL_案内状_グロービッツ15周年記念_医療機器米国進出セミナー ver 0809_ページ_1.png本セミナーは、米国ヘルスケア市場に熟知した専門家が、米国ヘルスケア市場、サイバーセキュリティ分野の基準認証制度、米国の翻訳・人事・PLリスクなど、米国で医療機器のビジネスをする企業にとり、大変充実した講義内容になっております。

    申し込みにつきましては、下記ウェブサイトからのみ受け付けております。万障お繰り合わせの上、ご参加ください。
    https://buyusa.gov/japan/events/medical/index.asp

    *定員になり次第受付を終了いたします。
    *申し込み多数の場合、同一企業の同一部署からのご参加は1名様までとさせていただくことがあります。

    【日時】
    2019年 9月 20 日(金曜日)13:00 ~ 18:00 (12:15 受付開始)

    【会場】
    グローバルビジネスハブ東京(大手町)
    (東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F)

    ─...【グロービッツのご紹介】─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...

    …もっと読む

    アメリカのロサンゼルスに本社を置き、
    1)日本企業のアメリカ進出に関するサポート事業
    2)コンプライアンス事業(FDA申請・登録、510(k)申請、FDA査察対応サポート、EPA、USDA、その他、各種安全試験など)
    3)トレーディング部門(契約交渉、米国向製品企画、販路開拓、輸出入業務など)
    を専門に扱うコンサルティング会社です。

    https://globizz.net/ 

    東京・大阪・神戸・ロサンゼルス・サンフランシスコの 5拠点よりサポートしております。

  • 投稿者:US-Japan MedTech Frontiers

    2019 日米医療機器イノベーションフォーラム神戸

    1108_ページ_1.jpg本フォーラムでは、医療用ロボット開発の第一人者であるRussell H. Taylor氏による基調講演をはじめ、革新的な医療機器の開発をリードする国内外の著名な登壇者による講演、パネルディスカッションを予定しています。
    本フォーラムは、シリコンバレーの有志が中心となり、2014年に仙台、その後、大阪、広島、沖縄、静岡で開催、神戸開催は第6回目となります。

    事前登録を以下より受付けていますので、是非ご参加ください。

    《フォーラム詳細》
    https://www.fbri-kobe.org/kbic/forum/



    日 時:  2019年11月8日(金)10:00~18:00 受付開始/9:00
          ネットワーキングレセプション 18:30~19:30    
    開催場所: 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区港島中町6丁目10-1)
    参加費:  セミナーのみ:2,000円(プログラム、ランチョン含む)
          セミナー、ネットワーキングレセプション:5,000円
    主催:   US-Japan MedTech Frontiers、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構、神戸市、国立大学法人神戸大学
    申込方法: 公式HPよりお申込み願います。

    …もっと読む

    《午前の部》
    基調講演
    「ロボット技術による医療革新」
    Dr. Russell H. Taylor
    Professor, Johns Hopkins University

    パネルディスカッション
    「ロボット技術による医療革新」
    (座長)
    Amish Parashar
    Principal, AP Ventures LLC

    《ランチプレゼンテーション》

    《午後の部》
    セミナーセッション(会場A)&パネルディスカッション(会場B)

    会場A
    A-1 米国の注目領域と医療機器イノベーション
    A-2 超高齢社会における医療とヘルスケア
    A-3 日米コラボレーションの成功事例

    会場B
    B-1 医療現場ニーズに基づく医療機器開発の課題
    B-2 医療機器創出を担う人材育成
    B-3 投資家の判断基準

    《特別講演》
    「日米の医療機器開発の違い」
    スタンフォード大学循環器科 主任研究員
    池野 文昭 氏

    ★事前お申込み締め切り日: 2019年10月31日(木)

    《お申込みのお問合せ》株式会社JTB 西日本MICE事業部
    「2019 日米医療機器イノベーションフォーラム神戸」係TEL:06-6252-5044 FAX:06-7657-8412E-mail:m_sawamura009@jtb.com営業時間: 9:30-17:30 (土・日・祝祭日は休業)

  • 投稿者:慶應義塾大学 健康医療ベンチャー大賞実行委員会

    【出場者募集中】健康医療ベンチャー大賞~慶應医学部とベンチャーを創ろう~

    keio_venture.PNG

    慶應義塾大学 健康医療ベンチャー大賞実行委員会です。

    慶應義塾大学では日本初の医学部主催のビジネスコンテスト、『健康医療ベンチャー大賞』を毎年開催しております。
    第四回を迎えた今年は、一次審査をポスター発表形式に変え、参加者間の繋がりを増やすなど、これまで以上に魅力的なコンテストに進化しています。

    本年度の応募締め切りは9月18日に迫っております。
    社会人部門の優勝チームには100万円、学生部門には賞金30万円、さらには企業賞をご用意させていただいております。

    参加費は全て無料です。アイデアはあるのに実行には至っていない方、あるいは行き詰まっている方も含め、少しでも興味のある方は是非ご応募いただけますと幸いです。

    ご応募について
    ■応募締め切り 2019年9月18日(木)迄
    ■詳細 http://www.keio-antre.com/index.html
    ■応募フォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScb7gvj8liUyokz0hAPTbYVX7sFv7Qo5wiy96ksbItPcdxB1A/viewform
    ※健康医療分野での起業に興味のある方はどなたでも学生社会人問わず、参加可能です。慶應への所属も問いません。

    …もっと読む

    <決勝大会までのスケジュール>
    ■2019年9月18日(木) 23:59 応募締め切り
    ■2019年10月5日(土) 1次審査
    ■2019年10月10日(木) ビジネスプランブーストプレミアムセミナー
    ■2019年10月26日(土) 2次審査
    ■2019年12月8日(日) 決勝大会

  • 投稿者:横浜市経済局ライフイノベーション推進課

    【参加無料セミナー】脳情報通信分野研究の現状とその産業応用の最新動向

    0904_s.jpg

    脳科学の基礎研究における成果・技術に基づき、ビジネスに展開する応用脳科学が広がりを見せています。現在、世界では脳デバイスの開発に大企業が莫大な投資を行い、脳科学関連産業が急成長の兆しを見せており、今後さらに発展する産業として注目されています。

    今回の「脳情報通信分野研究の現状とその産業応用の最新動向」では、脊髄損傷や脳梗塞により失われた随意運動機能と体性感覚機能を取り戻す革新的な治療法の開発を目指しておられる西村氏に"人工神経接続による脳機能再建"についてご講演いただきます。

    また、茨木氏には"フェイスブックやイーロンマスクも注目?ニューロテクノロジーの現状と事業の可能性"というタイトルで、脳科学ビジネスにおける最新動向と展望をご紹介いただき、新事業の可能性についてご講演いただきます。

    【日時】2019年9月5日(木)14:00~17:30
    【参加費】無料
    【定員】20名(申込先着順)
    【会場】WeWorkオーシャンゲートみなとみらい(受付:8階)
    【参加申込】参加申込サイト

    …もっと読む

    【プログラム】
     14:00 開会
     14:05 講演① 
        『人工神経接続による脳機能再建』 西村 幸男 氏
        (公益財団法人東京都医学総合研究所 脳機能再建プロジェクト プロジェクトリーダー)
     15:35 講演②
        『フェイスブックやイーロンマスクも注目?ニューロテクノロジーの現状と事業の可能性』 茨木 拓也 氏(株式会社NTTデータ経営研究所 情報未来イノベーション本部 ニューロイノベーションユニット アソシエイトパートナー)
     17:05 名刺交換会

    【主催】公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団
    【お問合せ】公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 担当:有信
    TEL:045-502-4810  E-mail:biblio@kihara.or.jp

  • 投稿者:早稲田大学 -社会人教育事業室 WASEDA NEO事務局

    【ジーンクエスト高橋祥子 氏登壇!】WASEDA NEO「パーソナルゲノム時代が拓く未来」

    71242.jpg

    研究成果を活かしながら事業を創り、事業によって研究を加速させる純粋な想いから、個人向けのゲノム解析サービス(株)ジーンクエストを立ち上げた髙橋氏。
    今でこそ、個人向けのゲノム解析サービスが生命科学・医療分野で起こすイノベーションに大きな期待を寄せられていますが、立ち上げ時には『自分が目指す未来』と『周囲からの逆風』のギャップに葛藤がありました。
    そのような髙橋氏のこれまでのご経験にもふれながら、パーソナルゲノムサービスを提供する中で見えてきた生命科学・医療分野の未来に向けた挑戦についても、最新の事例を交えながら間近で学んでいただきます。

    ◆セミナー概要
    日付:2019年9月4日(水)
    時間:19:00〜21:00
    場所:WASEDA NEO(早稲田大学日本橋キャンパス)
    料金:5,400円(税込)
    申込:お申込みはこちら

    ◆登壇者
    髙橋 祥子氏(株式会社ジーンクエスト代表取締役 / 株式会社ユーグレナ執行役員バイオインフォマティクス事業担当)

    …もっと読む

    ◆お問合せ
    WASEDA NEO事務局
    お問合せフォーム

  • 投稿者:ヤンセンファーマ株式会社

    「病のない未来」アイデアコンテスト

    病のない未来.jpg

    「病のない未来」を実現するためのアイデアを、3分間で表現し、プレゼンテーションいただくコンテストです。日本で学ぶ大学生・大学院生(年齢18歳以上・学部・国籍不問)を対象としています。

    アイデアをプレゼンテーションする動画(最長3分間:日本語または英語で作成)による予選と、予選を勝ち抜いた10組/人の皆さんに、実際に審査員や聴衆の前でプレゼンテーションしていただく本選から構成されています。

    本選では、審査員の厳正なる選考により、2名の方を2週間の米国ジョンソン・エンド・ジョンソンのインキュベーター向け施設見学ツアーにご招待します。

    予選:(動画投稿)9月17日(火)午後11時まで応募受付
    本選9月27日(金)
    会場:東京都内会場(予選通過者に通知)
    詳細https://worldwithoutdisease.jp/
    共催:ヤンセンファーマ株式会社、東京大学センター・オブ・イノベーション 自分で守る健康社会拠点、東京理科大学、早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム

    …もっと読む

    お問合せ:World Without Disease 事務局
    info@worldwithoutdisease.jp

  • 投稿者:株式会社マインドフルヘルス

    Dr.Akiko'sマインドフル・リトリート話題の日月倶楽部に滞在する2日間

    IMG_20190806_0001.pngDr.Akikoが最新のマインドフルネスに基づいた食事の認知療法(MB-EAT)を紹介!
    また日月倶楽部オーナー山本竜隆医師による自然欠乏症候群についてのレクチャーの他、ヨガレッスン、食べる瞑想、歩く瞑想等を盛り込んだ内容充実の2日間。

    日時:2019年9月14日(土)~15日(日)
    会場:日月倶楽部(静岡県富士宮市猪之頭2271)
    詳細URLhttps://peraichi.com/landing_pages/view/mindfulretreat
    参加申込みhttps://forms.gle/uS5P8eMxTCKkcs6Y6
    参加費:40,000円(非会員50,000円)
    定員:16名
    主催:株式会社マインドフルヘルス
    共催:日月倶楽部

    …もっと読む

    プログラム概要
     <1日目>
      14:00 現地集合&オリエンテーション
      14:30 歩く瞑想
      15:30 山本竜隆先生による自然欠乏症候群について
      16:30 Dr.Akikoによる「MB-EAT」について
      18:00 夕食(食べる瞑想)
      19:00 焚き火カフェでのシェアタイム&交流会
      20:30 入浴タイム
      21:30 ヨガニードラ
      22:20 就寝
     <2日目>
      06:00 朝ヨガ
      07:00 呼吸瞑想
      07:30 朝食(食べる瞑想)
      08:30 歩く瞑想(富士山の湧き水汲み)
      09:30 振り返り
      10:30 パッキング&チェックアウト
      11:00 解散
    ※現地集合、現地解散となります。

    お問い合わせ先
      株式会社マインドフルヘルス
      info@mindful-h.com

  • 投稿者:京都大学大学院 医学研究科

    HiDEP特別シンポジウム/イノベーションハブ京都交流会 「最先端AIが変革する医療の世界」

    symposium20190913_flyer_1.png近年のAI(人工知能)技術の飛躍的な進歩により、ビッグデータ解析、診断・治療の革新的支援など医療分野に大きな変革をもたらしつつあります。世界に目を向けると、米国、中国を中心に激烈な研究開発競争が展開されており、わが国においても医学、情報工学等の密接な連携の下、AIの社会実装が強く求められています。今回のシンポジウムでは、医療分野におけるAI研究開発の第一線でご活躍されておられる4名の先生方をお招きし、それぞれの視点で最先端AIが変革する医療についてご講演いただきます。

    【日時】2019年9月13日(金)14時00分~18時30分
    【場所】京都大学 医薬系総合研究棟 1階 藤多記念ホール
    【アクセス】http://www.ihk.med.kyoto-u.ac.jp/access
    【主催】京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
    【共催】京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター、(社)芝蘭会
    【参加費】一般2,000円 学生1,000円(学生証提示) 懇親会:1,000円
    【定員】250名
    【参加申込】https://forms.gle/Zv17x6RiGw8NRK5d6
    【締め切り】9月6日(金)(締め切り前であっても、定員に達ししだい締め切り)

    …もっと読む

    【プログラム】
    14:00-14:05 開会挨拶 岩井 一宏 京都大学大学院医学研究科 医学研究科長/「医学領域」産学連携推進機構 機構長
    14:05-14:15 医療ヘルスケア・イノベーション起業家人材育成プログラム「HiDEPについて」 山口 太郎
           京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 特定助教
    14:15-14:55 「社会実装を志向したAI搭載医療機器の開発」 浜本 隆二 (社)日本メディカルAI学会 代表理事
    14:55-15:35 「医療・予防医療におけるAIの開発と活用に向けて」 瀬々 潤 (株)ヒューマノーム研究所 代表取締役社長
    15:35-15:50 コーヒーブレイク/名刺交換会
    15:50-16:30 「深層学習の医療・創薬への応用」 石谷 隆一郎 (株)Preferred Networks
           リサーチャー/東京大学大学院理学系研究科 特任教授
    16:30-17:10 「(仮)AIを用いた医療機器の承認審査の考え方」 加藤 健太郎 (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA) 医療機器審査第一部 審査専門員
    17:10-17:15 閉会挨拶 寺西 豊 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 副機構長
    17:15-18:30 懇親会/名刺交換会

    【お問い合わせ先】
    京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
    TEL:075-753-4387 E-mail:mail@ihk.med.kyoto-u.ac.jp

  • 投稿者:株式会社三菱総合研究所

    医療機器開発ベンチャーセミナー

    20190830.png「医療機器開発支援ネットワーク事業」の一環としてセミナーを開催致します。
    本セミナーでは、ベンチャー企業が比較的疎かになりがちな知財戦略の重要性やポイント、また医療機器開発で遵守すべき法規制(薬機法)やPMDA総合相談対応のポイント等、医療機器開発に携わるベンチャー企業が押さえておくべき必須事項について、ベンチャー企業の知財戦略に詳しい専門家とPMDAの現役審査官をお迎えして無料で講義いたします。
    さらにセミナー後は、講師含む参加者による懇親会(ネットワーキング)や、各企業様の医療機器開発におけるお困りごとを個別にお伺いする「ミニ相談会」を開催し、課題解決をご支援いたしますので、是非ご参加ください。

    〇日時:2019年8月30日(金)18:00~20:30(17:40開場)
    〇会場:株式会社三菱総合研究所 4階会議室(東京都千代田区永田町2-10-3)
    〇詳細:こちら(外部サイトへリンクします)

    …もっと読む

    〇プログラム概要:
    18:00~18:45 「改めて考える なぜ、知財戦略が必要なのか」
    正林国際特許商標事務所 正林 真之氏

    18:45~19:30 「PMDAから見たベンチャー企業が押さえるべきポイント」
    医薬品医療機器総合機構 芝 武志氏

    19:30~20:30 ミニ相談会・懇親会

    〇参加費:無料
    〇定員:30名程度
    〇主催:国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
    〇お問い合わせ先:me-jigyouka-seminar@mri.co.jp

  • 投稿者:早稲田大学 -社会人教育事業室 WASEDA NEO事務局

    【参加費無料】赤十字国際委員会×早稲田大学:世界をよくするビジネス

    71084.jpg

    赤十字国際委員会(ICRC)と早稲田大学は、アフリカ開発会議の開催を機に、人道支援の現場で今一番ニーズの高い事業や、直面している課題などについて議論するとともに、日本の民間企業や大学が人道面でどんな貢献ができるのか、そのポテンシャルについて考える無料セミナーを2019年8月27日(火)に開催します。
    ICRCおよび早稲田大学は、2018年11月に覚書を調印し、人道支援の革新的技術の開発を含む共同プロジェクト/プログラムで連携することに合意しました。本セミナーは両団体の共同活動の開始を記念し、翌8月28日(水)から30日(金)にかけて行われるアフリカ開発会議に先駆け、「世界をよくするビジネス~アフリカにおける人道支援の課題と民間セクターへの期待~」というテーマを取り扱います。
    ICRC総裁と早稲田大学総長のみならず、経済同友会前副代表幹事やアフリカ開発銀行の副総裁も登壇する豪華イベントです。皆様のご参加をお待ちしております。

    ◆日時:2019年8月27日(火)18:30〜20:00
    ◆場所:WASEDA NEO(早稲田大学日本橋キャンパス)
    ◆セミナー概要:こちら
    ◆参加申込:お申込みフォーム

    …もっと読む

    ◆登壇者
    ペーター・マウラー(赤十字国際委員会(ICRC)総裁)
    田中愛治(早稲田大学総長) 
    小林いずみ(公益社団法人 経済同友会 前副代表幹事)
    カレド・シェリフ(アフリカ開発銀行副総裁)

    ※言語:日本語、英語(同時通訳)
    ※セミナー開催後、早稲田大学日本橋キャンパス内にて懇親会の開催を予定しております (参加費無料)

    ◆お問合せ
    WASEDA NEO事務局
    お問合せフォーム

この掲示板は、LINK-J会員およびLINK-Jとネットワークのある方との共有掲示板です。内容に関するお問合せ、掲載についてはこちらをご覧ください。
Below message board is for LINK-J members and people associated with LINK-J. Please click here for guidelines, terms and conditions.

pagetop