Menu

人と情報の交流掲示板一覧
The Shared bulletin board

イベント情報

この掲示板は、LINK-J会員およびLINK-Jとネットワークのある方との共有掲示板です。内容に関するお問合せ、掲載についてはこちらをご覧ください。
Below message board is for LINK-J members and people associated with LINK-J. Please click here for guidelines, terms and conditions.

  • 投稿者:早稲田大学 社会人教育事業室 WASEDA NEO事務局

    WASEDA NEOパイオニアセミナー『消費者目線で開発した、世界初「服薬補助ゼリー」〜逆境を好機に変える〜』

    参考資料:1129パイオニアセミナー.png未来に向けて「何かを変えたい」と考える人たちに、実験的かつ実践的な学びと交流の場を提供するWASEDA NEOでは、各界でイノベーションを起こしてきた方を講師に招き、特別講演プログラム『パイオニアセミナー』を実施しています。 イノベータ-の成功の裏側にある数々の「失敗」と、10年後・20年後の「未来」をテーマに講義します。講師の話をきっかけに、受講者同士・受講者と講師の間で繰り広げる「コ・ラーニング」セッションが本セミナーの特徴です。

    11月のパイオニアセミナーは、世界初の『服薬補助ゼリー』開発者、株式会社龍角散 執行役員の福居篤子 氏をお招きします。 功労者から一転、パソコンすら開くことを許されない事実上の左遷状態を経験し、いかにして同社女性初の執行役員にのぼりつめたのか。そこにはある「原動力」があったといいます。

    日時:2018年11月29日(木)18:30-20:30

    会場:WASEDA NEO(早稲田大学日本橋キャンパス)
       東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング5階(COREDO日本橋)

    料金:5,400円(税込み)
    申込:申込URL




    ・商品開発に関わる方
    ・逆境に弱い方、立ち向かいたい方
    ・職場環境に悩んでいる方
    ・行き詰まりを感じたり、目標を失ったりして、元気が出る話を聞きたい方
    ・活躍する女性の話を聞きたい方

    当日は、服薬補助ゼリーの開発秘話等についてもお話いただきます。 どなたでもご受講いただけますので、ぜひご参加ください。


    問い合わせ先:WASEDA NEO事務局
    03-6262-7534 info-neo@list.waseda.jp

  • 投稿者:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

    Boehringer Ingelheim Academy

    Flyer_Tohoku_BI Academy_20181113_v6.2_1side.pngドイツ系グローバル製薬会社のベーリンガーインゲルハイム(BI)は革新的な創薬に取り組む研究者やスタートアップ企業を支援する「ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー」を開催します! ライフサイエンス分野の起業家や創薬に関心のある研究者に対しグローバルファーマが考える製薬業界の展望と戦略、創薬を進める上で重要なポイントにつき講演します。さらに、事前に個別メンタリングへ応募されたアイデアのピッチプレゼンテーションを各提案者に行っていただきます。


    日時:2018年11月13日(火)10時
    会場:東北大学医学部 星陵会館2階
    定員:70名
    参加費:無料
    主催:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
    後援:東北大学産学連携機構

    詳細ページ:https://www.boehringer-ingelheim.jp/bi-academy
    お問合せ先:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
    InnovationJapan@boehringer-Ingelheim.com

    午前の部: 講演とピッチプレゼンテーション(英語)
    9:30 開会の辞
    9:35- Introduction "From idea to start-up" and aim of the workshop (Dr. Amélia Viana, BI)
    9:50- The path to successful drug discovery and development (Dr. Henri Doods, BI)
    10:30- The steps from idea to start-up: what is needed? (Dr. Takato Noumi, FORESIGHT&LINX)
    11:10- Pitch presentations by start-ups (5 min / Project, each Proposer)
    12:00- Networking lunch (Lunch will be served. Pre-registration required.)
    午後の部:ネットワーキングイベント(日本語)
    13:30- 午前の部のピッチプレゼンターによるポスタープレゼンテーションなど、聴講者とのネットワーキングの機会を創出します。 詳細なプログラムは近日HPにて公開します。

  • 投稿者:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

    ベーリンガインゲルハイム創薬支援プログラム アイデアからスタートアップへ

    Academy Ver.Oct_PC (2).png(1)ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー
    1.創薬支援セミナー
    2.ピッチプレゼンテーション
    3.事業化の相談とメンタリング

    9月20日:京都大学 (終了済み)
    9月21日:九州大学 (終了済み)
    11月13日:東北大学
    11月15日:日本橋ライフサイエンスビルディング2階

    (2)イノベーションプライズ
    1.ポスター発表
    2.投資家・インキュベーターとの意見交換
    3.選定上位5位によるピッチコンテスト

    日時:2019年1月24日(木)
    場所:近日発表予定


    詳細ページ:https://www.boehringer-ingelheim.jp/bi-academy
    お問合せ先:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
    InnovationJapan@boehringer-Ingelheim.com


    【イベント概要】
    ドイツ系グローバル製薬会社のベーリンガーインゲルハイム(BI)は革新的な創薬に取り組む研究者やスタートアップ企業を支援する「ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー」と「ベーリンガーインゲルハイム・イノベーションプライズ」を開催します!

    「ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー」ではライフサイエンス分野の起業家や創薬に関心のある研究者に対しグローバルファーマが考える製薬業界の展望と戦略、創薬を進める上で重要なポイントにつき講演します。さらに、事前に個別メンタリングへ応募されたアイデアのピッチプレゼンテーションを各提案者に行っていただき、日本内外のシニアエキスパートによるメンタリングを提供致します。

    また「ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー」から選ばれたプロジェクト15~20件を「ベーリンガーインゲルハイム・イノベーションプライズ」にご招待します。このイベントではポスター発表と投資家やインキュベーターとのネットワーキングの場を提供致します。 さらにピッチコンテストの結果1位~3位までのプロジェクトに対し賞金を提供させて頂きます。

    ピッチコンテストの結果に関わらず「ベーリンガーインゲルハイム・アカデミー」に選ばれたプロジェクトの中からベーリンガーインゲルハイムとのインキュベーション、コラボレーションまたはライセンス契約に繋がる可能性が有ります。

  • 投稿者:慶應義塾大学 システムデザイン・マネジメント研究所

    ヘルスケア・シンポジウム ~次世代のデジタル戦略を考える~

    1116ヘルスケアシンポジウム.png

    今後日本でのデジタルヘルスケアを推進する上で、重要な鍵となる健康データ関連プラットフォームについて、世界唯一の成功事例とも言われるオーストラリア政府での事例も紹介し、今後の日本でのデジタルヘルスケアを進める上で必要となる施策やデジタル戦略の考え方から、システム・デザイン、アーキテクチャー手法までを含めた議論を行います。



    【日時】:2018年11月16日(金)
    【時間】:13:30~17:00
    【会場】:慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎1F シンポジウムスペース
    【定員】:150名程度
    【参加費】:無料

    【主催】
     慶應義塾大学 システムデザイン・マネジメント研究所 
     ヘルスケアとデジタル・アーキテクチャー・ラボ

    【申し込みフォーム】
    https://goo.gl/forms/8x8DRmSftkIR3Wdv1

    【問い合わせ先】
    シンポジウム内容: ymasuda@australia.cmu.edu / 増田
    運営全般:  ohp2030-group@keio.jp / 鳥谷



    【シンポジウムスケジュール】

    13:30-13:35  
    全体の流れご紹介 


    13:35-14:15
    基調講演:
    Carnegie Mellon University in Australia Prof. Timothy O'Loughlin
    「オーストラリアでのヘルスケア政策とデータプラットフォーム(仮)」(ネット中継)

    14:15-14:55
    経団連事務局産業技術本部 本部長 吉村 隆 氏
    「Society 5.0時代のヘルスケア(仮)」

    14:55-15:00 
    休憩

    15:00-15:20
    Carnegie Mellon University in Australia 客員研究員 増田 佳正 氏

    15:20-15:40
    名古屋大学大学院情報学研究科 教授  山本 修一郎 氏
    「e-ヘルスケアのシステム設計 - Model-Based Job Theory (仮)」

    15:40-15:50
    休憩

    15:50-16:50
    パネルディスカッション

    16:50-17:00
    クロージング

  • 投稿者:一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン

    第15回 DIA日本年会

    18303_Poster_J.pngテーマ:未曾有の変革の時代、イノベーション創出とグローバルヘルスへの貢献を、どのような連携の下で進めていくか

    開催日:2018年11月11日(日)~13日(火)
    場所: 東京ビッグサイト
    大会長:澤田 拓子氏(塩野義製薬株式会社)
    第15回DIA日本年会ウェブサイト:http://www.diajapan.org/meetings/18303/

    第15回DIA日本年会は、塩野義製薬株式会社の澤田 拓子氏を大会長にお迎えし、未曾有の変革の時代にイノベーション創出とグローバルヘルスへの貢献を、どのような連携の下で進めていくかについて、様々な角度から議論を展開していきます。基調講演では、欧州医薬品庁(EMA))のGuido Rasi長官、並びに、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの宮野 悟先生にご登壇いただく予定です。そして、日本年会では初の試みとなる薬事規制当局国際連携組織(ICMRA:International Coalition of Medicines Regulatory Authorities)のInnovation ProjectメンバーによるDIAmond Sessionを開催いたします。また、3日目午後のDIAmond Sessionでは、「Innovative Clinical Trials: 臨床試験の未来予想図」と題して、様々な技術革新と環境変化を想定した臨床試験の将来の姿について産学官のトップに熱い議論を展開いただきます。一般演題としても、各国薬事規制の最新動向、臨床試験におけるICTの活用、Precision Medicine、遺伝子治療、患者参画推進など、まさに先端の情報を提供・議論するセッションを用意しております。更に、毎年恒例の、PMDAとのオープンな意見交換が出来るPMDAタウンホールも開催いたします。

    本年も、初日夜の情報交換会に加え、2日目夜にはDIAコミュニティによるチャッティングセッションを企画しており、貴重なネットワーキングの機会になるものと考えております。また、ランチタイムやコーヒーブレイクには、出展企業による情報提供の企画も用意しており、様々な情報交換の場としてご利用いただけることと存じます。

    9月11日(火)まで超早期割引価格にてお申込みを受付中です。今回は35歳以下の参加者を対象に、若手割引を設けております。詳細は、第15回DIA日本年会ウェブサイトにてご確認くださいませ。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

    お問合せ:一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン
    Tel: 03.6214.0574
    Fax: 03.3278.1313
    E-mail: Japan@DIAglobal.org

  • 投稿者:株式会社クロエ 希少疾患・オンコロジー統括グループ

    希少がんセミナー2018

    a3fr2018_ver7.png

    "まれ"な"がん"のことを"希少がん"といい、人口10万に6人未満のがんのこととされています。その種類は200にも及ぶとされています。そのような背景から、情報も少なく、また病気や治療について学ぶ機会も少ないのが現状です。
    患者さんをはじめ、そのご家族のかた、希少がんについて学びたい方がお申し込みいただけます。
    医師による講義と、その後のディスカッション、参加者からのQ&Aセッションを行います。また、講義とディスカッションについては収録し、WEBにて後日公開予定です。



    日時:毎月第1・第3金曜日 開場/18:30 開催/19:00~20:30
    会場:国立がん研究センター中央病院1F 希少がんセンター待合
    参加費、定員:無料/定員50名

    詳細:https://oncolo.jp/rarecancer_mte2018/

    共催:国立がん研究センター希少がんセンター
    がん情報サイト「オンコロ」
    認定NPO法人キャンサーネットジャパン
    お問合せ先:がん情報サイト「オンコロ」
    TEL:0120-974-268(月曜~金曜10:00~18:30)

  • 投稿者:株式会社クロエ 希少疾患・オンコロジー統括グループ

    大阪オンコロジーセミナー

    A4_OOS2018 ver2_1.pngがん情報サイト「オンコロ」・認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プランが連携しお届けする共催がん医療セミナーです。会場に足を運ぶことができない皆さんにもセミナーを体現して貰うため、セミナーの様子を収録し共催団体のWebサイトからも配信します。がんの患者さん、ご家族、ご友人、医療機関スタッフ、現場の声を聞きたい製薬企業の皆さんなど、どなたでもご参加いただけます。

    毎月第2金曜日に開催月が啓発月間となる疾患をテーマに、対象のテーマのエキスパートをお招きし、最新の医療情報の講義と、ディスカッションを組み合わせた充実のプログラムです。


    日時:毎月第2金曜日 開場/18:30 開催/19:00~20:30
    会場:大阪 ナンバプラザビル4F 会議室
    参加費、定員:無料/定員30名
    共催:がん情報サイト「オンコロ」
    認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構
    7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
    詳細:https://oncolo.jp/event/oosmce2018
    お問合せ先:がん情報サイト「オンコロ」
    TEL:0120-974-268(月曜~金曜10:00~18:30)



1
pagetop