Menu

人と情報の交流掲示板一覧
The Shared bulletin board

人と情報の交流掲示板一覧 The Shared bulletin board

この掲示板は、LINK-J特別会員およびLINK-Jと提携している団体との共有掲示板です。内容に関するお問合せ、掲載についてはこちらをご覧ください。掲示板の運営に関するお問合せは、LINK-J(contact@link-j.org もしくは 03-3241-4911)までご連絡ください。
Below message board is for LINK-J members and partners with LINK-J. Please click here for guidelines, terms and conditions.

  • 投稿者:一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン

    第15回 DIA日本年会

    18303_Poster_J.pngテーマ:未曾有の変革の時代、イノベーション創出とグローバルヘルスへの貢献を、どのような連携の下で進めていくか

    開催日:2018年11月11日(日)~13日(火)
    場所: 東京ビッグサイト
    大会長:澤田 拓子氏(塩野義製薬株式会社)
    第15回DIA日本年会ウェブサイト:http://www.diajapan.org/meetings/18303/

    第15回DIA日本年会は、塩野義製薬株式会社の澤田 拓子氏を大会長にお迎えし、未曾有の変革の時代にイノベーション創出とグローバルヘルスへの貢献を、どのような連携の下で進めていくかについて、様々な角度から議論を展開していきます。基調講演では、欧州医薬品庁(EMA))のGuido Rasi長官、並びに、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの宮野 悟先生にご登壇いただく予定です。そして、日本年会では初の試みとなる薬事規制当局国際連携組織(ICMRA:International Coalition of Medicines Regulatory Authorities)のInnovation ProjectメンバーによるDIAmond Sessionを開催いたします。また、3日目午後のDIAmond Sessionでは、「Innovative Clinical Trials: 臨床試験の未来予想図」と題して、様々な技術革新と環境変化を想定した臨床試験の将来の姿について産学官のトップに熱い議論を展開いただきます。一般演題としても、各国薬事規制の最新動向、臨床試験におけるICTの活用、Precision Medicine、遺伝子治療、患者参画推進など、まさに先端の情報を提供・議論するセッションを用意しております。更に、毎年恒例の、PMDAとのオープンな意見交換が出来るPMDAタウンホールも開催いたします。

    本年も、初日夜の情報交換会に加え、2日目夜にはDIAコミュニティによるチャッティングセッションを企画しており、貴重なネットワーキングの機会になるものと考えております。また、ランチタイムやコーヒーブレイクには、出展企業による情報提供の企画も用意しており、様々な情報交換の場としてご利用いただけることと存じます。

    9月11日(火)まで超早期割引価格にてお申込みを受付中です。今回は35歳以下の参加者を対象に、若手割引を設けております。詳細は、第15回DIA日本年会ウェブサイトにてご確認くださいませ。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

    お問合せ:一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン
    Tel: 03.6214.0574
    Fax: 03.3278.1313
    E-mail: Japan@DIAglobal.org

  • 投稿者:先端医療機器アクセラレーションプロジェクト事務局

    先端医療機器アクセラレーションプログラム

    AMDAP_チラシ_ページ_1.png東京都では、優れた技術やビジネスアイデアを持つベンチャー・中小企業に対し、都内に集積する臨床機関や薬事などの各分野の専門家による集中的な指導・助言を通じて、医療の発展に貢献する先端医療機器の開発・事業化に向けた支援を行います。

    【応募資格】都内ベンチャー企業・中小企業
    【応募書類】HPよりダウンロードできます。
    【提出方法】紙および電子データ(詳細はHP上の応募要項参照)
    【支援内容】方ライザーおよび専門家によるビジネスプランのブラッシュアップに関する集中支援
    【説明会】8/8(水)、8/24(金)、8/28(火)、9/3(月)、9/19(水)
    【お問合せ】先端医療機器アクセラレーションプロジェクト事務局
    (運営受託事業者)日本コンベンションサービス株式会社
    先端医療機器アクセラレーションプロジェクト担当
    TEL 03-3500-5936 E-mail info@amdap.tokyo

  • 投稿者:三重県医療保健部ライフイノベーション課

    三重県内医療情報データベースの利活用に向けて

    000792877_1.png 三重県では、ライフイノベーションに寄与する地域をめざし、「みえライフイノベーション総合特区」の国指定を受けるとともに、各種の取組を進めています。
    この取組の一つとして、三重大学医学部附属病院では、県内9医療機関が保有する30万人分を超える患者の医療情報を統合する「統合型医療情報データベース」を構築しました。今後、医療分野の研究開発ニーズに柔軟に応えるため、企業等と連携し、このデータベースの活用に取り組んでいきたいと考えています。
    このたび、より多くの企業の皆様に、統合型医療情報データベースへの理解を深めていただくため、その内容を紹介するセミナーと個別相談会を下記のとおり開催いたします。
    中心となってデータベースを構築してきた医師との個別相談会も実施しますので、医療情報データベースの利活用にご関心をお持ちの企業等の方は、ぜひご参加ください。

    【日時】平成30年9月10日(月曜)の午後2時から午後4時30分まで(開場は午後1時30分)
    【場所】三重テラス 2階 イベントスペース(東京都中央区日本橋室町2-4-1「YUITO ANNEX」2F)
    【対象】製薬企業、医療機器メーカーなど医療情報データベースの利活用にご関心のある方
    【定員】40名
    【詳細】http://www.pref.mie.lg.jp/LIFE/HP/m0076100032.htm
    【お問合せ】
    三重県医療保健部ライフイノベーション課 総合特区推進班 (担当:竹中)
    電話:059-224-3351 ファクシミリ:059-224-2344
    E-mail:life@pref.mie.jp

  • 投稿者:ノース・アメリカン・サイエンス・アソシエイツ・インク・ジャパン合同会社

    ヨーロッパ Medical Device Regulation(MDR)トレーニングコース

    NAMSA_MDR Training Course_1.png 2017年5月26日に発効されたEUの新しい医療機器規制 (MDR) は、既存の医療機器指令(MDD) および能動埋込型医療機器(AIMD)の、枠組みの上に構築されています。 しかし、移行期限日である2020年5月26日までという限られた時間の中でMDRを理解し、CE認証および事業継続のための必要要件を整備することは、世界の医療機器メーカーにとって大きな課題となっています。 今回のトレーニングコースでは、取り組みが必要とされる重要な課題についてディスカッションを行い、NAMSAがトレーニング用に系統立てて構成したMDR準拠のための情報をご提供いたします。MDDおよびAIMD規制下におけるCEマークに関する基礎的な知識をお持ちのお客様が対象ですが、 MDR対策を既に開始されている方も、ご検討中の計画の確認や実証に、ぜひ本コースをお役立てください。 今、重要なものは何か、次のステップは何であるか、2020年以降、コンプライアンスをどのように維持していくか、検討すべき点は多岐に渡ります。


    日時:2018年9月19日(水)10:00 - 17:00、9月20日(木) 9:00 - 12:00
    会場:東京国際フォーラム ガラス棟会議室 G 602

    主なテーマ
    • MDR移行による変更点と、それによる自社の計画、優先度、ポートフォリオへの影響
    • 変更点への対策の立案
    • サプライチェーンとの関係の変化
    • 各デバイス、製造者の品質システム、およびリソースに生じ得る問題点の特定


    お申込み・お問合せ先:ノース・アメリカン・サイエンス・アソシエイツ・インク・ジャパン合同会社(NAMSA Japan)
    TEL:03-3524-0877
    E-mail: japansales@namsa.com

  • 投稿者:株式会社クロエ 希少疾患・オンコロジー統括グループ

    希少がんセミナー2018

    a3fr2018_ver7.png

    "まれ"な"がん"のことを"希少がん"といい、人口10万に6人未満のがんのこととされています。その種類は200にも及ぶとされています。そのような背景から、情報も少なく、また病気や治療について学ぶ機会も少ないのが現状です。
    患者さんをはじめ、そのご家族のかた、希少がんについて学びたい方がお申し込みいただけます。
    医師による講義と、その後のディスカッション、参加者からのQ&Aセッションを行います。また、講義とディスカッションについては収録し、WEBにて後日公開予定です。



    日時:毎月第1・第3金曜日 開場/18:30 開催/19:00~20:30
    会場:国立がん研究センター中央病院1F 希少がんセンター待合
    参加費、定員:無料/定員50名

    詳細:https://oncolo.jp/rarecancer_mte2018/

    共催:国立がん研究センター希少がんセンター
    がん情報サイト「オンコロ」
    認定NPO法人キャンサーネットジャパン
    お問合せ先:がん情報サイト「オンコロ」
    TEL:0120-974-268(月曜~金曜10:00~18:30)

  • 投稿者:株式会社クロエ 希少疾患・オンコロジー統括グループ

    大阪オンコロジーセミナー

    A4_OOS2018 ver2_1.pngがん情報サイト「オンコロ」・認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プランが連携しお届けする共催がん医療セミナーです。会場に足を運ぶことができない皆さんにもセミナーを体現して貰うため、セミナーの様子を収録し共催団体のWebサイトからも配信します。がんの患者さん、ご家族、ご友人、医療機関スタッフ、現場の声を聞きたい製薬企業の皆さんなど、どなたでもご参加いただけます。

    毎月第2金曜日に開催月が啓発月間となる疾患をテーマに、対象のテーマのエキスパートをお招きし、最新の医療情報の講義と、ディスカッションを組み合わせた充実のプログラムです。


    日時:毎月第2金曜日 開場/18:30 開催/19:00~20:30
    会場:大阪 ナンバプラザビル4F 会議室
    参加費、定員:無料/定員30名
    共催:がん情報サイト「オンコロ」
    認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構
    7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
    詳細:https://oncolo.jp/event/oosmce2018
    お問合せ先:がん情報サイト「オンコロ」
    TEL:0120-974-268(月曜~金曜10:00~18:30)



1
pagetop