Menu

イベント

【国際シンポジウム】環境から見る持続可能な経済発展

nihu_tohoku_toyama_dec2017.png

2015年に国連は「持続可能な開発目標(SDGs)」として17のグローバルロ標を制定しました。本シンポジウムは、Goa113とGoa115に含まれる「森林の持続可能な管理」および「気候変動とその影響」を主要なテーマとして開催するものです。
どなたでも自由にご参カロいただけますが、事前登録フォームヘの登録をお願いしています。URLから事前にお申込みください。本シンポジウムは人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「北東アジアにおける地域構造の変容:越境から考察する共生への道」の一環として開催するものです。


日時:2017年12月20日(水)10:00 - 17 : 00

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

※事前にご登録ください

プログラム

10:00-10:05 シンポジウムの趣旨説明(今村 弘子 富山大学)
10:05-10:50 リモートセンシングと経済分析:森林研究への活用を例に(山本 雅資 富山大学)
10:50-11:35 木材製品における産業構造と貿易パフォーマンスに関する日中韓比較研究(馬 駿 富山大学)
11:35-11:45 休憩
11:35-12:45 中国における森林資源の保護と利用の現状と政策(桐 水 発 中華人民大学)※通訳がつきます
12:50-14:00 休憩
14:00ー14:45 気候変動に対応した韓国の森林と木材産業(金 世 彬 韓国・忠南大学)
14:45-15:30 中国の気候変動・森林吸収源政策について(赤堀 聡之 林野庁森林技術総合研修所)
15:30-15:50 休憩
15:50-16:15 パリ協定と中国(明日香 壽川 東北大学)
16:15-17:00 全体討論

参加費

無料

主催

主催:富山大学 研究推進機構 極東地域研究センター
共催:人間文化研究機構 基幹研究プロジェクト、東北大学 東北アジア研究センター

お問合せ先

富山大学 研究推進機構 極東地域研究センター 076-455-6430
東北大学 東北アジア研究センター 022-795-6244

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop