Menu

イベント

TECH for LIFE SOLUTION DAY

SolutionDayフライヤー_1 _ページ_1.png クリックするとPDFが開きます

健康は薬だけによって守られるものではないことは、日々の生活でも感じるはずです。
日々の生活、医療システム、居住環境や仕事の環境。ここにデジタル環境が関わらないはずがありません。「デジタルヘルス」に期待が寄せられている一方、実用化、事業化へのハードルが多いのも事実です。
TECH for LIFE は、テクノロジーを通じてLIFE(命、生活)の向上にチャレンジする起業家やスタートアップを応援する総合支援プログラムです。TECH for LIFEを通じて、起業のための課題の深堀、ビジネスモデルのブラッシュアップ、メンタリング、事業会社からのサポートなどが得られます。
SOLUTION DAYは、TECH for LIFEを締めくくるピッチコンテストです。
5月24日に開催されたCHALLENGE DAYで挙げられたライフサイエンスの課題などを踏まえ、スタートアップが解決策を提示する場です。
当日は、1) CHALLENGE DAYの予選を通過し、アクセラレーションプログラムに参加したスタートアップ 2) SOLUTION DAYから直接参加するアーリーフェーズのスタートアップの合計10社(予定)混合で競い、ライフサイエンス課題の解決をビジネスで目指す優秀3社を決めます。
グローバルを目指すLife × Techのスタートアップのソリューションが見られる貴重な機会となっておりますので、ご関心のある方は是非お早めにお申込ください。


日時:2019年9月6日(金)13:30-19:00 (開場 13:00 )

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
13:30-13:45 Tech For Lifeについて
津田 真吾(株式会社INDEE Japanテクニカル・ディレクター
Session1:ライフサイエンス課題解決の実践事例と立ち上げのリアル
13:45-14:05 世界を目指すヘルスケアスタートアップが黎明期にやったこと
久保 恒太(Ubie株式会社共同代表
14:05-14:25

実践者と加速支援者による振り返りと本音トーク
津田 真吾(株式会社INDEE Japanテクニカル・ディレクター)
久保 恒太(Ubie株式会社共同代表
Session2:グローバル視点でのライフサイエンスイノベーション動向と具体事例
14:25-14:45 イスラエルデジタルヘルス最前線
松山 英嗣(Aniwo Ltd. Head of Japan Branch 執行役員 事業開発担当)
14:45-15:05 Singapore's Healthcare Innovation Ecosystem
リー チーハオ (シンガポール経済開発庁 日本事務所 所長 / 駐日シンガポール共和国大使館 参事官(産業)事務所 二等書記官(産業))
15:05-15:20 コーヒーブレイク
Session3:ライフサイエンス課題解決に挑戦するスタートアップの具体事例
15:20-17:20 Solution Pitch
テクノロジーを通じてLIFE(命、生活)を向上させるチャレンジをする10社(予定)のピッチによる解決策の提示
《登壇スタートアップ企業》

1. 株式会社Aikomi
2. HoloAsh, Inc.
3. エーテンラボ株式会社
4. 株式会社HERBIO
5. シルタス株式会社
6. Medical-3
7. 株式会社キママニ
8. BionicM株式会社
9. アトピヨ

ネットワーキングと表彰
17:20-18:30 ネットワーキング
18:30-19:00 Solution Pitch結果発表/閉会

主催

株式会社INDEE Japan

共催

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

参加費

500円(LINK-J会員 ※割引コード要)/ 2000円(非会員)

※飲みもの、軽食付(懇親会) ※LINK-Jサポーター・会員の方は、割引コードをお伝えしますので、LINK-Jまでご連絡ください。

お問い合わせ先

株式会社INDEE Japan
techforlife@m.indee-jp.com

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop