Menu

特別会員開催イベント

デジタルコンテンツの利活用による知識創出支援と最新動向

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
デジタルコンテンツの利活用による知識創出支援と最新動向

近年論文情報が急速に増加し、デジタル媒体での運用やAI・テキストマイニング・分析による課題解決や研究開発の候補情報の発見に活用されています。

本セミナーでは、デジタルコンテンツ利活用の海外での最新動向をご紹介するとともに、デジタルコンテンツ管理ソリューション「RightFind」の最新情報、AIを活用した情報調査・分析ツール「JDream SR」によるナレッジ活用例をご紹介いたします。

日時2022年7月20日(水)
14:00~15:30

会場オンライン(Zoomウェビナーを使用します)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

【講演1】 14:00~

「デジタルコンテンツの利活用の最新動向―海外の先端事例を交えて」
RightsDirect Japan株式会社 冨井 俊行氏

【概要】
数年前からデジタル文献の利活用については様々な場面で取り上げられ、DXの推進と新型コロナウィルス感染拡大の影響によるテレワークの推進により、コロナ禍以前と比較すると大きな進展が見られます。しかしながら、欧米諸国と比較するとデジタルコンテンツの利活用については、コロナ禍以前より差が開いているような感もあります。そこで、欧米企業の先端事例、また、アジアの事例を交えてデジタルコンテンツの利活用の最新動向を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【講演2】 14:35~

「デジタル文献管理ソリューションの最新情報」
株式会社ジー・サーチ

【概要】
研究開発はもちろん、様々な企業活動において、デジタル文献を始めとする学術情報の社内共有・管理が必要とされています。また、イノベーション活動における学術情報のテキストマイニング、AIの活用のための教師データとしての利用も高まってきています。
本セッションでは、著作権侵害を回避し、安心してデジタル文献情報や論文ビッグデータ等を利活用するために最適なソリューション「RightFindサービス」の最新情報をご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【講演3】 14:55~

「テキストマイニングによる知識創出支援」
株式会社ジー・サーチ

【概要】
自社保有コンテンツ・社内ナレッジと学術情報のビッグデータから、研究開発における新たな気づきやヒントを見つけるAI活用やテキストマイニングが注目されています。
本セッションでは、自然言語処理技術・AIを活用した情報調査ツール「JDream SR」の活用例や本技術のご提供例をご紹介いたします。

参加費

無料

定員

200名 ※ご参加には事前登録が必要です。先着順となりますのでご了承ください。

主催

株式会社ジー・サーチ

お問い合わせ先

株式会社ジー・サーチ JDreamIIIヘルプデスク gsh-jd-help@cs.jp.fujitsu.com

日時2022年7月20日(水)
14:00~15:30

会場オンライン(Zoomウェビナーを使用します)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

pagetop