Menu

人と情報の交流掲示板
The Shared bulletin board

投稿日:2023年11月10日投稿者:OncoDesign Services

抗がん剤開発の障壁を突破: 創薬のための 3D 細胞モデルの可能性

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

発展し続けている抗がん剤創薬であるが、実験室レベルと臨床における成功の間に横たわるギャップを橋渡しするイノベーティブなアプローチは依然として待望されている。この点における大きな一歩が 3D 細胞 in vitro モデルであり、マイクロチューモ ロイド、腫瘍由来オルガノイド、細胞株由来スフェロイド、患者由来異種移植(PDX)オ ルガノイドなどがある。これらの先進的モデルは複雑なヒト腫瘍の再現性が高まっており、がん治療の研究方法や治療薬のスクリーニング・開発方法に革命をもたらしている。

参考資料

お問い合わせ先

安藤英広 OncoDesign Japan Office 携帯 090 9543 6208 Email: contact.japan@oncodesign-services.com HP: https://www.oncodesign-services.com https://www.oncodesign-services.com/cpt_ ressource/oncology-drug-development-3d-cell-models/

pagetop