Menu

イベント

【中止】福岡県・久留米市 地方創生事業成果報告会 福岡県・久留米市 地方創生プロジェクトの新たな幕開け~福岡バイオコミュニティに向けて~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    210202成果報告会チラシ案02緑ver.pdf

【中止】国から東京都を含む1都3県に緊急事態宣言が発出されたことを受けまして、本イベントの開催については残念ながら「中止」することと致しました。(1/8更新)

福岡県は国内・国外から住みたい場所・住みやすい地域として人気が高く、特に美味しい食・交通の要所、教育および医療施設の充実が住みやすさの要因として挙げられます。
福岡県及び久留米市では平成13年度に設立した「福岡県バイオ産業拠点推進会議」を核に、久留米地域を中心としたバイオ関連企業や研究機関の集積を目指す「福岡バイオバレープロジェクト」を推進しており、平成28年度から開始した地方創生プロジェクトの成果をもとに、新たに福岡バイオコミュニティの形成に向けた取り組みを開始いたします。


日時

2021年2月2日(火)13:30-16:30 (開場 13:00 )

会場

JPタワーホール&カンファレンス 4F ホール
(東京都千代田区丸の内2-7-2)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
13:30

開会
主催挨拶 福岡県知事 小川 洋
久留米市長 大久保 勉
来賓挨拶  内閣官房まち・ひと・しごと創生本部
事務局地方創生総括官 林﨑 理
福岡バイオバレープロジェクトの取り組み紹介
14:00 Part1 健康社会の実現に向けて
「認知症のリスク低減を目指して:久山町研究」
    九州大学大学院医学研究院 教授 二宮 利治
14:30 コーヒーブレイク
15:00

Part2 福岡発地方創生:ベンチャーによる先端技術の実用化
「国産ゲノム編集技術の実用化」
   エディットフォース株式会社 Founder & Scientific Advisor
   九州大学大学院農学研究院 教授 中村 崇裕

「透明化技術からのマルチパイプライン展開」
   株式会社CUBICStars CTO
   理化学研究所 生命機能科学研究センター
   合成生物学研究チーム チームリーダー
   東京大学大学院医学系研究科 教授 上田 泰己

「核酸医薬開発:新型コロナウイルス感染症の治療薬を目指して」
    株式会社ボナック 代表取締役社長 林 宏剛
16:30 閉会

参加費

無料

定員

120名

主催

共 催:福岡県、久留米市、福岡県バイオ産業拠点推進会議、株式会社久留米リサーチ・パーク
後 援:九州大学、久留米大学、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)、一般財団法人バイオインダストリー協会

お問い合わせ先

㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
TEL:0942-37-6124

pagetop