Menu

イベント

令和5年度 第7回メドテックマッチング 「若手研究者による革新的医療機器開発への挑戦:薬剤搭載型バルーンカテーテル・褥瘡の再発を防ぐ乳酸菌を含有した創傷被覆材」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
令和5年度 第7回メドテックマッチング 「若手研究者による革新的医療機器開発への挑戦:薬剤搭載型バルーンカテーテル・褥瘡の再発を防ぐ乳酸菌を含有した創傷被覆材」

わが国の健康・医療戦略では、基礎からのシーズを臨床研究及び治験を経て、革新的な医療機器として、より早く医療現場に届けるための事業・イノベーションの創出を推進することが掲げられています。一方、医療機器として上市に至るには、優れたシーズであるだけでなく、製品化ニーズ、臨床ニーズとの合致に加え、基礎研究フェーズの段階から、後の製品化を見据えながら医療機器として必要なさまざまな要件を理解した上で医療機器開発を進めることが重要です。

AMED「官民による若手研究者発掘支援事業(社会実装目的型の医療機器創出支援プロジェクト)」(以下、本事業)は、基礎的な開発フェーズの課題を提案可能な大学等の研究者を対象として、開発サポート機関(Tokyo Biodesign)による教育プログラムやメンタリングなどの支援のもと、多角的な観点を踏まえた医療機器の研究開発を推進します。

本事業の一環として、若手研究者と企業等の連携機会・交流の創出を目的としたマッチングイベントを実施します。第7回は、本事業に採択された2名の先生より、「若手技術者による革新的医療機器開発への挑戦:薬剤搭載型バルーンカテーテル・褥瘡の再発を防ぐ乳酸菌を含有した創傷被覆材」をテーマとしてご講演頂きます。

日時2023年8月29日(火)17:00 - 18:30

会場
オンライン開催(Zoom利用)
詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
17:00~17:10 イントロダクション
17:10~17:40 東京農工大学 准教授 赤木 友紀 氏
17:40~18:10 東北大学 准教授 菅野 恵美 氏
18:10~18:30 全体を通しての質疑応答・アンケート

登壇者略歴

名称未設定-4.png東京農工大学 准教授 赤木 友紀 氏
研究開発課題名::高い送達効率・汎用性・安全性を兼ね備えた薬剤搭載型バルーンカテーテルの研究開発

プロフィール:2008年奈良女子大学理学部卒業、2010年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了、2013年東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了。2014年より、東京大学大学院工学系研究科、東京大学大学院医学系・薬学系研究科にて日本学術振興会特別研究員(学振PD)として研究に従事した後、2016年より東京大学大学院工学系研究科講師。2021年より、現職である東京農工大学工学部准教授。
 高分子合成や会合体の評価に加えて、高分子ゲルの構造解析・物性評価に関する研究に従事。現在は、これらの知見・技術を基に、アンメットメディカルニーズに応えるスマートマテリアルの開発に取り組んでいる。材料設計のみならず、光や超音波などの物理エネルギーと組み合わせることで、より効率性・応答性に優れた診断および治療の実現を目指している。

名称未設定-2.png東北大学 教授 菅野 恵美 氏
研究開発課題名:褥瘡の再発を防ぐナノ型乳酸菌を含有した創傷被覆材の創出

プロフィール:山形大学医学部看護学科卒、同大学院医学系研究科(看護病態機能学)修士課程修了後、東北大学病院(脳神経外科・神経内科病棟)に看護師として勤務。その後、東北大学医学部看護学科に助手・助教として勤務しつつ、2011年東北大学大学院医学系研究科(形成外科学)博士課程修了。その後、講師、准教授を経て、2022年6月より東北大学大学院医学系研究科看護技術開発学分野教授。
 修士課程では褥瘡の組織学的解析を行い、博士課程より創傷(宿主免疫)と微生物のバランスによる治癒機転のテーマに取り組んでいる。微生物が有する力を創傷治癒の治療に応用したいと考えており、2022年度よりAMED官民による若手研究者発掘支援事業のもと、褥瘡の再発を防ぐ『ナノ型乳酸菌を含有した創傷被覆材』の創出に力を注いでいる。


名称未設定-3.pngモデレーター
東京大学医学部附属病院トランスレーショナルリサーチセンター
特任助教 桐山 皓行 氏

対象者

産学連携による医療機器開発に関心のある企業所属の方 、医療機器開発におけるシーズを広く模索されている企業の方

参加費

無料 zoomのURLは応募者のみセミナー2日前を目安にお送り致します。

主催

主催:東京大学ジャパンバイオデザイン(Tokyo Biodesign)
協賛:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)官民による若手研究者発掘支援事業
協力:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

お問い合わせ先

東京大学医学部附属病院 バイオデザイン部門 office2@biodesign.tokyo

日時2023年8月29日(火)17:00 - 18:30

会場
オンライン開催(Zoom利用)
詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

pagetop