Menu

イベント

【東大バイオデザイン主催 全三部セミナー】第三部 インドのニーズに合った製品開発と流通・商流を一気に網羅!

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
【東大バイオデザイン主催 全三部セミナー】第三部 インドのニーズに合った製品開発と流通・商流を一気に網羅!

※第三部(10月18日開催)のお申込となります。

昨年の新興国での医療機器市場に焦点を当てた東京大学バイオデザインのイベントが、今回は生産年齢人口の著しい増加、また急成長を遂げる経済発展の渦中にあるインド市場にフォーカスして開催されます!

今回はラストの第三部のご案内となります。
先日、報道ドキュメンタリー「物流Z 御用聞きが未来を拓く」(テレビ大阪発局 テレビ東京系列全国 6 局ネット)にて特集報道された 【鴻池運輸運輸株式会社メディカル本部/ カルナメディカルデータベース】との共催により実現した、インド医療基礎情報から、実際の製品開発、その後の流通まで一気通貫で網羅したセミナーです。

開発途上国・新興国では、日本とは異なる公衆衛生上の課題を抱えています。医療機器に対するニーズも日本と異なる可能性があり、現地に即した設計や、価格水準を考慮した上での開発が求められます。しかし、日本の企業の多くは現地ニーズに合った製品ではなく、日本製品をそのまま輸出することにより、他国との価格競争に負けてしまうこと、安価な製品の輸出に留まり売上が伸ばせていないこと等が問題となっています。その中でも、価格競争において大きな課題として注視されるインド市場について、医療格差や、実際の医療現場、求められる医療機器のスペックや価格等、あらゆる観点から専門家の皆様にお話しをいただきます。

すでに開催終了をいたしました第一部では、実際のインドの医療基礎情報を、経済的観点や病院の視点を交え、インドについて知る入門編を実施し、第二部では、インド現地のニーズに合った製品の開発や、実際に市場展開をされている皆様による、製品開発での障壁や経験談をお話いただきます。

今回の第三部では、現地ニーズに合った製品開発について、実際にインド市場への参入において実際にあった事例を元に、どのように障壁を整理し、戦略を策定するかをご体験いただけるショートワークショップ、更に開発後の製品の流通に焦点をあてたセミナーという構成になっています。セミナー後は、懇談会として様々な情報交換の場を設けております。

<東京大学ジャパンバイオデザインは、AMEDが厚生労働省からの要請で実施している「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化事業」の開発サポート機関として採択され、バイオデザインの普及を通じ、医療機器の開発を推進しています。>

日時2023年10月18日(水) 13:00-17:00

会場東京大学医学部附属病院 東京都文京区本郷7-3-1(*会場詳細は申込ページ下部に掲載しております)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

申込締切

2023年10月15日(日) 18:00

*このページは第三部のみのご予約ページです。
*参加対象以外の方のご参加につきましては、お断りをさせていただく場合がございます。 申込人数に達した場合には、本セミナーの参加資格及び先着順を考慮し、受付をさせていただきます。また、一社から複数名ご参加いただく際には、人数の制限を設けさせていただくこともございます。そのため、場合によってはご参加出来ない方もいらっしゃる可能性がございます。予めご了承をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
13:00-13:15 東大バイオデザインについて
柿花 隆昭  東京大学医学部附属病院 特任助教
13:15-14:35 ワークショップ
<ファシリテーター>
趙 悠蓮 東京大学医学部附属病院 特任研究員
大倉 由莉 東京大学医学部附属病院 特任研究員
大浦 楓子 東京大学医学部附属病院 特任研究員
14:40-15:00 インド市場へのチャレンジ
山村 雅彦 第一医科株式会社 国際課 課長
14:40-15:00 インド市場での医療機器の流通や参入サポートについて
大谷 英輝 Carna Medical Database. Pvt., Ltd. 代表
15:30-16:00 パネルディスカッション+質疑応答
16:00-17:00 懇親会

登壇者略歴

5.png山村 雅彦 第一医科株式会社 国際課 課長
2013年から第一医科で輸出業務・輸入業務全般を担う。
前職は日本光電、海外営業を中心に海外関連業務に従事。
オランダ・ドイツ・イギリスでの計5年間駐在経験を経て、カバーするエリアは全世界。
海外の人とのコミュニケーションを楽しみ、各国代理店と良好な関係を築いている。
これまでの印象深いことはキューバの展示会でフィデルカストロ氏と握手したこと。
趣味のスキューバ―ダイビングでは全世界をめぐり、北極までイッカクを見に行ったこと。

6.png大谷 英輝 Carna Medical Database. Pvt., Ltd. 代表
1978年 生まれ 宮崎県出身
2003年 4月 鴻池運輸㈱入社 アパレル・食品の物流業務に従事
2012年 九州における医薬品・医療材料の集約センターにおける建築・業務、システムを設計
2014年 4月 九州産交運輸㈱(KONOIKEグループ) 取締役・営業本部長
九州地区約3000病院を対象に、医薬品・医療材料のネットワークを構築
2020年 4月 Carna Medical Database. Pvt., Ltd.代表就任、データベースを基に、日系企業向けのインド進出をサポート。

対象者

日本に法人格を持つ医療機器の製造販売業、製造業、販売業を行う/ 行う予定の企業 

参加費

無料

定員

50名

主催

主催:東京大学バイオデザイン(Tokyo Biodesign)
共催:鴻池運輸株式会社メディカル本部/ カルナメディカルデータベース
協力:LINK-J

お問い合わせ先

東京大学バイオデザイン(Tokyo Biodesign) global@biodesign.tokyo

日時2023年10月18日(水) 13:00-17:00

会場東京大学医学部附属病院 東京都文京区本郷7-3-1(*会場詳細は申込ページ下部に掲載しております)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

申込締切

2023年10月15日(日) 18:00

*このページは第三部のみのご予約ページです。
*参加対象以外の方のご参加につきましては、お断りをさせていただく場合がございます。 申込人数に達した場合には、本セミナーの参加資格及び先着順を考慮し、受付をさせていただきます。また、一社から複数名ご参加いただく際には、人数の制限を設けさせていただくこともございます。そのため、場合によってはご参加出来ない方もいらっしゃる可能性がございます。予めご了承をお願いいたします。

pagetop