Menu

イベント

AMEDサルコペニア・フレイルシンポジウム ~事業連携を通じた成果の創出に向けて~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
AMEDサルコペニア・フレイルシンポジウム ~事業連携を通じた成果の創出に向けて~

高齢化の進展に伴い、サルコペニア・フレイルが増加し、健康寿命の延伸・介護予防の観点からその対策が喫緊の課題となっています。日本医療研究開発機構(AMED)ではサルコペニア・フレイルに関連して複数の研究事業が、それぞれの目的・特徴をもって研究開発を進めています。そこで関連事業が連携し、基礎・臨床研究から実践に至るまでの最新知見や今後の展望について議論します。

日時2024年1月21日(日)13:00-17:15

会場オンライン(Zoom Webinar)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

申込締切

2024年1月18日(木)

本イベントにはZoomウェビナーを使用します。 ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
13:00-13:10 開会挨拶
寺本 民生 AMED 疾患領域コーディネーター(生活習慣病)
曽山 明彦 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
13:10-13:20 AMED事業紹介
AMED 各事業担当者
13:20-14:00 基礎研究セッション 
座長 寺本 民生 AMED 疾患領域コーディネーター(生活習慣病)
  • 筋肉はなぜ減るのか―糖尿病と不動からみた考察― 小川 渉 神戸大学
  • 筋線維タイプ制御の分子機構とサルコペニア 高橋 智 筑波大学
14:00-14:30 基調講演 
座長 秋山 治彦 AMED 疾患領域コーディネーター(老年医学・認知症)
  • サルコペニア・フレイル領域の研究について 荒井 秀典 国立長寿医療研究センター
14:30-14:40 休憩
14:40-15:40 臨床研究セッション 
座長 飯島 節 長寿科学研究開発事業プログラムスーパーバイザー
  • 高齢者フレイルの早期予知・予防を可能とする新規バイオマーカーの開発研究(仮題) 牟礼 佳苗 和歌山県立医科大学
  • サルコペニアの生体マーカーの探索 田原 康玄 静岡社会健康医学大学院大学
  • 感染症パンデミックにおける高齢者へのアプローチ(仮題) 山田 実 筑波大学
15:40-15:50 休憩
15:50-16:30 実践セッション 
座長
大内 尉義 ロボット介護機器開発等推進事業プログラムスーパーバイザー
酒巻 哲夫 健康・医療情報活用技術開発課題プログラムオフィサー
  • フレイル予防のためのポピュレーションアプローチ~住民同士の力による地域づくりと幸福長寿~ 飯島 勝矢 東京大学
  • フレイルに陥りにくいまちづくりのエビデンスとこれからの方向性 久野 譜也 筑波大学
16:30-17:10 パネルディスカッション
ファシリテーター 岩本 愛吉 AMED 研究開発統括推進室長・理事長特任補佐
ディスカッサント 寺本 民生 秋山 治彦 飯島 節 大内 尉義 酒巻 哲夫
17:10-17:15 閉会挨拶
秋山 治彦 AMED 疾患領域コーディネーター(老年医学・認知症)

参加費

無料

定員

オンライン500名

主催

主催:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
共催:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
collaborated with
bbt_logo_02.png

お問い合わせ先

日本医療研究開発機構 研究開発統括推進室 研究開発企画課
E-mail : amed-sarc-frail@amed.go.jp
※本イベント取材のお申込先も上記となりますので、メディアの方はこちらまでご一報ください。

日時2024年1月21日(日)13:00-17:15

会場オンライン(Zoom Webinar)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

申込締切

2024年1月18日(木)

本イベントにはZoomウェビナーを使用します。 ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

pagetop