Menu

特別会員開催イベント

<創薬技術ウェビナー>Mouse I/O RNA-Seqパネルでがん免疫研究を加速する方法

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
<創薬技術ウェビナー>Mouse I/O RNA-Seqパネルでがん免疫研究を加速する方法

マウス前臨床がん免疫(I/O)モデルのリードアウトをお探しでしたら、このウェビナーでMouse I/O RNA-Seq パネルの利点をご確認ください。具体的には次のような利点がございます。

  • 幅広い腫瘍、腫瘍微小環境(TME)、免疫応答に関する詳細な情報を提供
  • 従来のリードアウトに比べ、高感度、ハイスループット、高い特異性、広いダイナミックレンジを実現
  • マイクロアレイ用の特殊なプローブやフローサイトメトリー用マーカーの不足による制限無し

このウェビナーでは、高感度で、堅牢性が高く、しかもハイスループットでコスト効果も高いNGSベースのMouse I/O RNA-Seqパネルをご紹介いたします。このパネルは、腫瘍、TME、免疫反応の境界面にある1080の遺伝子を、単一のサンプルから調べるというものです。

【下記についてご興味がある方にオススメです】

  • I/O研究におけるマイクロアレイベースの技術に対するRNA-Seqの利点
  • Mouse I/O RNA-Seqパネルがフローサイトメトリーベースの腫瘍免疫プロファイリングを補完・強化する方法

複数の組織をハイスループットリードアウトで調べることにより、大規模な免疫治療薬のスクリーニングによる柔軟なコーディネーション

日時2023年11月22日(水)16:00-17:00

会場Zoom

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

16:00~16:05 ご挨拶

16:05~16:15 Crown Bioscienceの商業用PDXモデルデータベースのご紹介

16:15~16:45 Mouse I/O RNA-Seqパネルでがん免疫研究を加速する方法

16:45~17:00 Q&A

*イベントの言語は英語となります。

参加費

無料

定員

300名

主催

株式会社Crown Bioscience & MBL

お問い合わせ先

株式会社Crown Bioscience & MBL マーケティング contact@crownmbl.co.jp

日時2023年11月22日(水)16:00-17:00

会場Zoom

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

pagetop