Menu

特別会員開催イベント

【無料ウェビナー】パージ計算を活用した医薬品開発ワークフローの合理化

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
【無料ウェビナー】パージ計算を活用した医薬品開発ワークフローの合理化

「パージ計算を使用した医薬品開発ワークフローの合理化」にご参加ください
アストラゼネカの不純物管理を専門とするシニアプリンシパルサイエンティストAndy Teasdale氏は、潜在的な変異原性不純物を制御するためのパージ係数とパージ スコアリングの概念について説明します。

ラーサのシニアサイエンティストNatasha Hill氏は、Mirabilis を使用したアラートの特定、反応性、溶解度、およびボラティリティパージファクターの予測について説明します。

メルクのSarah Sämann 氏は、実際の医薬品開発におけるMirabilisケーススタディについて説明します。

12月5日(火)15:00 - 17:00(日本時間)に日本語字幕付きで動画配信されます。
演者詳細については、下記ご参照ください。
Picture1.png

Andrew Teasdale - AstraZeneca


Andy氏は現在、アストラゼネカの不純物諮問委員会の委員長を務めており、過去30年間、製薬業界において豊富な知識を培ってきました。Andy氏は、変異原性不純物を含む、多くの重要な不純物分野における第一人者です。


Sarah Sämann - Merck


Sarah氏はメルクの低分子開発の原薬リードです。その役割の一環として、臨床からバリデーション段階までcGMPの下での中間体およびAPI供給に向けて、社内外の受託製造組織(CMO)とのコラボレーションリーダーを務めています。また、Sarah氏はスケールアップとプロセス開発の戦略も管理しています。

Natasha Hill - Lhasa Limited

Natasha氏は、プロジェクトの開始以来、ラーサのサイエンスチームの一員として、主に変異原性不純物を管理するためのインシリコツールである、Mirabilisの開発に取り組んできました。

日時2023年12月5日(火)15:00 - 17:00

会場オンライン

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

参加費

無料

主催

Lhasa Limited

お問い合わせ先

ビジネスパートナーシップマネージャー 増子 聡 TEL: 080-9804-1171 Email: satoshi.mashiko@lhasalimited.org

日時2023年12月5日(火)15:00 - 17:00

会場オンライン

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

pagetop