Menu

ニュース

「Health 2.0 Asia-Japan 2017」ピッチコンテストのLINK-J賞は株式会社MICOTOテクノロジーに決定

メドピア株式会社が主催、LINK-Jも協賛させていただいている「Health 2.0 Asia-Japan 2017」が開催するヘルステック・ピッチコンテストが、12月5日(火)に行われました。

ピッチコンテストではファイナリストとして6社が登壇し、LINK-J賞は医療教育用シミュレータロボット「mikoto」を開発している株式会社MICOTOテクノロジー、代表取締役社長の檜山 康明氏に贈られることになりました。株式会社MICOTOテクノロジー社は、最優秀賞も受賞し、ダブル受賞となりました。

外観・内部構造ともに人を再現した生命感じるロボットとした「mikoto」は、プレゼンテーションの中で実機を使った実演が行われ、気管挿官をした際に、ロボットが痛みを発する場面が発表されました。

IMG_0052.JPGIMG_0059.JPG IMG_0089.JPG

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop