Menu

イベント

Cell Therapy Manufacturing Asia 2020

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    cell-therapy-manufacturing-asia-2020-agenda.original.pdf

国境を超えた製品の製造と商業化の取り組みを後押しするための、細胞療法と遺伝子療法をテーマにした、アジア地域で唯一のイベントです。
幹細胞、CAR-T細胞、遺伝子療法の製品化を加速させるために必要な研究成果、技術、提携相手を見つけ出すことができます。
English


日時

2020年2月27日(木)~28日(金)

会場

ウェスティン都ホテル京都


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

※LINK-J会員様は割引がございます。下記参加費・お問い合わせ欄をご確認ください。

プログラム

2月27日木曜日 1日目

時間 内容
7:15 - 7:55
登録手続き、朝食
7:55 - 8:00 議長による開会の挨拶
世界各地での商業化を成功させるための戦略-国境を超えた技術移転と製造の新たなモデル
8:00 - 8:30 Novartis/ Cellular Biomedicineのケーススタディ-中国での事業展開
Robin NG - Strategy Lead for Technology and Manufacturing, Cellular Biomedicine Group, China
8:30 - 9:00 中国でのCAR-T細胞療法Yescartaの実績
Richard Wang - CEO, Fosun Kite, China
iPS細胞の分野における最新のデータと研究動向
9:00 - 9:30 細胞工学と臓器移植
Hardy T S Kagimoto - Chairman & CEO, Healios K.K., Japan
9:30 - 10:00 iPS細胞マスターセルバンク (MCB) 作製のための標準仕様と試験方法の検討課題
Takafusa Hikichi - Quality Control Unit Manager, Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University, Japan
10:00 - 10:30 iPS細胞ベースの再生医薬品と中枢神経系疾患に対応する医薬品の開発
Hideyuki Okano - Team Leader, Laboratory for Marmoset Neural Architecture, RIKEN Center for Brain Science, Dean, Keio University Graduate School of Medicine, Professor and Chairman, Department of Physiology, Keio University School of Medicine, Japan
10:30 - 11:00 午前のネットワーキングブレイク
効率的な上流工程と下流工程を実現する技術と最新のプラットフォーム
11:00 - 11:30 アジア地域での細胞療法薬と遺伝子療法薬のニーズに対応するための製造技術
Colby Colasanto - Strategic Business Director, Cellogics, Singapore
11:30 - 12:00 CAR-NK細胞株の製造
Sae Won Kim - Head of Immune Cell Therapy Team, SL BIGEN, South Korea
12:00 - 12:30
スポットライトプレゼンテーション-PBS Biotech
12:30 - 13:30 ネットワーキングランチ
効率的な上流工程と下流工程を実現する技術と最新のプラットフォーム
13:30 - 14:00 間葉系幹細胞と細胞外小胞の製造をバイオリアクターにスケールアップする方法
Maya Lim - Regional Account Manager, RoosterBio Inc., USA
14:00 - 14:30 iPS細胞由来のヒト免疫細胞療法に対応するスケールアッププロセスの開発
Wen Bo Wang - Senior Vice President, Technical Operations, Fate Therapeutics, USA
14:30 - 15:00 チップ技術による迅速かつ正確で、安価なバイオプロセス制御の実現に向けた取り組み
Katleen Verleysen - Strategic Partnerships Life Sciences, IMEC, Belgium
15:00 - 15:30 午後のネットワーキングブレイク
製造業務の自動化:作業の全容
15:30 - 16:00 商業生産に向けた準備-自動化のための手法の進化
Damian Marshall - Director of New Technologies, Cell and Gene Therapy Catapult , UK
CAR-T細胞製品の品質と臨床試験結果の改善
16:00 - 16:30 中国での製品をめぐる情勢の変化-概況
Ting He - CEO, ImmunoChina Pharmaceuticals Co, Ltd., China
16:30 - 17:00 革新的なT細胞療法薬の紹介:4-1BBベースの自家移植T細胞療法とMVR CAR-T細胞療法
Jeonghoon Han - Vice President, Chief Technology Officer, Head of R&D Center, EUTILEX, South Korea
17:00 - 19:00
レセプション

2月27日金曜日 2日目

時間 内容
8:15 - 8:40
登録手続き、朝食
8:40 - 8:45 議長による開会の挨
基礎研究段階から臨床段階への技術の移行:CRISPR、Gas9、遺伝子療法など
8:45 - 9:15 非ウイルスベクターベースの新たなCAR-Tプラットフォームの開発と進捗状況についての最新情報
Karen Wen - Chief Strategy and Product Development Officer, GenomeFrontier Therapeutics, Inc., Taiwan
9:15 - 9:45 IDファーマのケーススタディ-センダイウイルス
Jitsutaro Kawaguchi - Manager, Department of Cell Engineering, ID Pharma Co., Ltd., Japan
精密製造工程-設備面の検討課題、モニタリング、設計
09:45 - 10:15 細胞療法薬製造の商業化-戦略と課題
Harry Lam - EVP Technical Operations, JW Therapeutics (Shanghai) Co., LTD., China
10:15 - 11:00
午前のネットワーキングブレイク
商業化の推進を目的とした外部の提携相手との協力
11:00 - 11:30 再生医療と細胞療法に対応する大日本住友製薬のプラントの概要-SMaRT
Kenji Komeda - Senior Director, SMaRT, Regenerative & Cellular Medicine Manufacturing Plant, Sumitomo Dainippon Pharma Co., Ltd., Japan
11:30 - 12:30 パネルディスカッション:アウトソーシングとインソーシング-取るべき最良の方法
David Smith - Chief Commercial Officer, Healios
Jeonghoon Han - Vice President, Chief Technology Officer, Head of R&D Center, EUTILEX, South Korea
Kim Raineri - Vice President Operations, NIKON CeLL innovation Co., Ltd., Japan
Robin NG - Strategy Lead for Technology and Manufacturing, Cellular Biomedicine Group, China
12:30 - 13:00
スポットライトプレゼンテーション
13:00 - 14:15 ネットワーキングランチ
上流部門と下流部門のサプライチェーンの課題
14:45 - 15:15 CAR-T細胞療法の概要とサプライチェーンの整備
Naoki Kitadai - CAR T Supply Chain Lead, Celgene K.K., Japan
細胞の特性評価-品質管理と分析戦略
14:45 - 15:15 細胞療法製品の重要な品質特性と管理
Hidenori Nonaka - Group Leader, Regenerative Medicine Research & Planning Division, Rohto Pharmaceutical Co., Ltd., Japan
15:15 - 15:30 議長による締め括りの挨拶
15:30 - 15:35 終了

参加費

公式サイトをご確認ください。
なお、LINK-J会員様には特別割引がございます。詳細はLINK-J事務局 contact@link-j.org までお問い合わせください。

主催

主催:informaconnect

※LINK-Jはパートナー企業として協力しています。

お問い合わせ先

イベントに関するお問い合わせは
日本語公式サイト運営 : Cell Therapy Manufacturing Asia代理店 株式会社グローバルインフォメーション までお問い合わせください。

LINK-J会員様限定割引については
LINK-J事務局 contact@link-j.org までご連絡ください。

pagetop