Menu

イベント

LINK-J & UC サンディエゴ 特別ウェビナー「UCサンディエゴにおけるCOVID-19対策について~私たちがReturn to Learnプログラムの実践から学んだこと」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

*English page

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCサンディエゴ)では、世界的なパンデミックの渦中でも学生にキャンパスライフと大学生らしい学びを引き続き経験してもらうため、昨年5月に、大学の臨床医、分子生物学者、技術者、感染症専門家、バイオインフォマティクス専門家、疾患モデル解析研究者、公衆衛生専門家他からなるチームを結成し、Return to Learnという新しいプログラムを立ち上げました。

Return to Learnプログラムは「リスク低減」「ウイルス検出」「介入」の3本柱からなる適応型モデルであり、学生、被雇用者、公衆の健康と安全を守ってきました。UCサンディエゴは、カリフォルニア州やサンディエゴ郡のガイドラインに準拠してキャンパスで働く教職員の割合を25%に保ちつつ、1万人近くの学生の寮生活を可能にしました。

日本国内における最近の感染者数、死者数の急拡大を鑑み、LINK-JではUCサンディエゴ医学部感染症・国際公衆衛生部門のRobert T. Schooley教授を招いて、同校におけるCOVID-19対策に関する緊急特別ウェビナーを開催できる運びとなりました。Schooley博士は感染症専門家としてReturn to Learnプログラムの情報に基づく意思決定プロセスで重要な役割を果たしてきました。このウェビナーでは、広域の感染状況が刻々と変化するなか、キャンパスの学生や被雇用者の安全を守るプログラムの実践を通じてSchooley博士や同僚が学んだ貴重な教訓について語っていただきます。

UCサンディエゴのReturn to Learnプログラムは、このような前例のない公衆衛生の危機の中で高等教育機関として何ができるのか、その最善の形を表すものであり、引き続き成功裏に実践できれば、私たちは学生教育、最先端の研究、コミュニティーへの奉仕という大学や研究機関の本分を果たすことができます。この特別ウェビナーが、日本国内の様々な場所でCOVID-19対策を担当する人々に気づきと励ましをもたらすことを願っています。



※同時通訳あり
※英語字幕利用可能(オン/オフは自由に選択できます)
※字幕は市販されているアプリを使用しており、LINK-JおよびUC San Diegoは誤訳、訳文の欠落など、字幕に関する一切の責任は負えませんので、ご了解願います

字幕利用方法:クローズドキャプションの管理と表示


日時

2021年2月3日(水)10:00-11:00

会場

Zoom Webinar


参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

日本時間 内容
10:00-10:05 Remarks by Akihiko Soyama (LINK-J) and Miwako Waga (UC San Diego)
10:05-10:40 Robert T. “Chip” Schooley, M.D. “COVID-19 Responses at UC San Diego – Sharing Lessons We’ve Learned from Our ‘Return to Learn’ Program”
10:40-10:58 Q&A and Discussion – moderated by Miwako Waga
10:58-11:00 Closing Remarks – Akihiko Soyama, LINK-J
11:00-11:10 Overrun (if there are many questions)

参加費

参加無料(要事前登録)

登壇者

Chip_Headshot.jpgRobert T. "Chip" Schooley, M.D.
Professor of Medicine, Division of Infectious Diseases and Global Public Health
Co-Director, Center for Innovative Phage Applications and Therapeutics
Senior Director, International Initiatives
Interim Faculty Director, Global Education

Dr. Schooley is a graduate of the Johns Hopkins University School of Medicine. He completed an internal medicine residency at the Johns Hopkins Hospital and infectious disease fellowships at the National Institute of Allergy and Infectious Diseases and the Massachusetts General Hospital. He joined the faculty of Harvard Medical School in 1981 and shifted his research focus from herpesgroup viruses as recognition of the AIDS epidemic developed. Dr. Schooley was then recruited to the University of Colorado in 1990 as Head of the Division of Infectious Diseases where he developed an integrated HIV program clinical care and research program. He was elected Chair of the NIH’s AIDS Clinical Trials Group (ACTG) in 1995 and led that group until 2002 during which time the ACTG performed many of the seminal studies that defined modern antiretroviral chemotherapy. Dr. Schooley led the ACTG in its expansion from a domestic US research operation into one with a global reach with research units in Africa, India, Thailand, Haiti and Latin America. In 2005, he joined the faculty at the University of California San Diego where he served as Head of the Division of Infectious Diseases until 2017. He also serves as Editor-in-Chief of Clinical Infectious Diseases. His research interests are in the diagnosis, pathogenesis and therapy of viral infections and in global health.

主催

主催:LINK-J、共催:UC San Diego

お問い合わせ先

LINK-J
Email:contact@link-j.org

pagetop