Menu

イベント

Technology Series #3: 最新のA.I.技術の織りなす新世界 ~ヘルスケアの事例など、技術ベンチャーエコシステムにおける投資の実際~ A New World Order Led by Cutting-edge A.I. Technology

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
testTechnology Series #3.png

The American Chamber of Commerce in Japan(在日米国商工会議所: ACCJ)が主催するTechnology seriesは、テクノロジーとリーダーシップに焦点を当てたセッションです。
「テクノロジーとビジネスを繋げることで社会課題を解決し、よりよい社会を作る」という大きなテーマに取り組むリーダーシップの実像をあぶり出します。

Technology Series第3弾では、イギリスよりグローバル・ブレイン株式会社の上前田直樹氏をお招きし、「最新のAI技術の織りなす世界」をテーマにお届けします。

ディープラーニング技術の発達とともに注目を集めているAI/Machine Learning技術ですが、徐々に実際の産業・商品への導入へが進んでおり、様々な分野での活用が進んでいます。そういう状況の中、グローバルブレインでは引き続き最先端のAI技術・アプリケーションへの投資を加速させています。

本セッションでは、次のような項目についてお話し頂きます。

· 最新のスタートアップのエコシステムの状況
· 各国ごとの投資状況
· 今後さらに注目を集めていくであろう領域、その中でグローバルブレインとしてやろうとしていること

投資の実例としてはAIを使って希少疾患の新しい治療法を探るスタートアップであるHealxについてご紹介します。また、キャリアとして、なぜエンジニアからVCというキャリアを選んだのか、という点もざっくばらんにお話し頂きます。


日時

2020年7月30日(木)18:00-20:00

会場

オンライン開催(Webexを使用)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

ウェビナー: 18:00 – 19:00
ネットワーキング: 19:10 – 20:00

NOTE: ウェビナー終了後19時10分より、ウェビナー参加者で希望される方のみ、講師の上前田直樹氏とのネットワーキングセッションに参加できます。登録サイトより別途お申し込みの上、7月29日(水)正午までに kansai@accj.or.jp へ名刺のPDFデータをお送りください。

上前田氏と、ウェビナーについての意見交換や、今後のビジネスやパートナーシップ、また今後のキャリアなどについて、Kansai BPCメンバーを交えてお話しできればと思います。

*当イベントは日本語で実施されます. This webinar will be conducted in Japanese.

参加費

無料

締切:7月29日(水)正午

登壇者

講師  上前田 直樹 氏(グローバル・ブレイン株式会社)
    Naoki Kamimaeda, Partner and Europe Office Representative, Global Brain Corporation
グローバルブレインのパートナー、欧州オフィス代表で、欧州・イスラエルの投資業務全般の責任者。主な投資対象領域として、AI, クラウド、サイバーセキュリティ、フィンテックの領域のスタートアップに注力。ソニー、Sony Network Entertainment Int’l (米国)を経て、Global Brain参画。ソニーでは、ソフトウェアエンジニアとして、AI・Big Data技術の研究開発および、VAIOやPlayStationなどへの事業適用をリード。ソニーでの最後の2年はサンフランシスコに赴任し、PlayStation 4のLaunch Teamの一員として、PlayStation Networkのシステム開発など広範な業務に従事。

モデレーター 青木 健洋 氏(日本イーライリリー株式会社 プロジェクトマネジメント(オンコロジー領域))
2009年に東京薬科大学大学院にて博士号(生命科学)を取得後、日本イーライリリー株式会社にて新薬の研究開発に従事。
2018年にケンブリッジ大学にて修士号(経営学)を取得。2020年よりACCJのBusiness Programs Committeeの委員に就任。

ACCJについて

The American Chamber of Commerce in Japan(在日米国商工会議所: ACCJ) は、日米の経済関係のさらなる進展、会員企業および会員活動の支援、そして日本における国際的なビジネス環境の強化等を目標とし1948年に設立されました。
メンバーによって、メンバーのために運営される完全に独立した商工会議所として、今日では日本で最も影響力のある外国経済団体の1つとなっています。今日では、東京、大阪、名古屋にオフィスを置き、40数か国・600社から3,000名を超えるメンバーを有しています。

視聴方法について(Webexを使用)

前回6月24日のイベントにおきまして、一部の方の視聴に障害があった事をお詫びいたします。
以下の視聴方法をお読みいただき、ご準備下さい。

イベントアクセス情報は、前日(7月29日)またはイベント当日に、お申し込みされた方に直接メールでお知らせします。
指定URLをクリック後、氏名、E-mailを入力し参加ください。パスワードは既に入力済みです。
選択画面が出た場合には「オーディエンスとして入室」をお選び、ご参加ください。

本イベント参加者用Webex操作方法はこちらをご参照ください。

*Webexの使用方法を事前にご確認ください。

*Webexの使用方法・操作方法については、本イベントではサポート致しかねます。

<Webex操作方法ガイド 公式サイト参照>
Japanese 1
English 1

Japanese 2 (
トラブルシューティングあり)
English 2 (トラブルシューティングあり)

テスト Test:
Japanese
English

主催

主催:The American Chamber of Commerce in Japan(在日米国商工会議所: ACCJ)
協力:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

お問い合わせ先

ウェビナー申し込み(LINK-J):contact@link-j.org
ウェビナー内容・ネットワーキング全般(ACCJ):kansai@accj.or.jp

pagetop