Menu

イベント

数学パワーが世界を変える2018

CREST・さきがけ・AIMaPシンポジウム_ページ_1.png クリックするとPDFが開きます

これらの3つの研究会は、九州大学IMIが受託する文部科学省委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム(AIMaP)」、およびJSTのCREST・さきがけ事業の一環として開催されるものです。各研究会では
・最適化理論の基礎と産業への応用の解説
・数学者と企業人との間の連携ノウハウの紹介と議論
・CREST・さきがけ事業における最先端の研究の紹介
が行われます。

数学の諸問題・産業への応用に興味のある学生・研究者の皆様、および企業の皆様に、ぜひご参加いただきたく存じます。多くの方の参加をお待ちしております。


日時:2018年1月19日(金)、20日(土)、21日(日)

会場:19日(金)日本橋ライフサイエンスビルディング2階、20日(土)日本橋ライフサイエンスビルディング9階、21日(日)アキバホール


詳細・お申込み

(外部サイトが開きます)

※2018年1月12日(金)お申込み締め切り

プログラム

(1)AIMaPチュートリアル「最適化理論の基礎と応用」
URL: https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2017k002

・日時:2018年1月19日(金)9:00 - 17:00

・会場:日本橋ライフサイエンスビルディング 2階大会議室
(東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩3分)

・プログラム:
9:00-12:30 「線形計画法入門」
講師:神山 直之 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
概要:
・線形計画問題の定義および応用例 (ネットワークフロー)
・線形計画問題の理論的基礎
(基本定理,端点解とマッチングにおける応用、双対性)
・線形計画問題を解くための Python のライブラリ PuLP の紹介

14:00-17:00 「形状最適化理論と製品設計への応用」
講師:畔上 秀幸(名古屋大学 大学院情報学研究科)
概要:
・非線形計画問題としてみたときの最適設計問題の特徴と解法
・最適設計問題の連続体形状最適化問題への拡張
・製品設計への応用例の紹介
・FreeFEM++を用いた実習(実習に参加される方はパソコンをご持参ください。)


(2)AIMaP公開シンポジウム「数学と産業の協働ケーススタディ」
URL: https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2017k003

・日時:2018年1月20日(土) 10:15 - 17:30

・会場: 日本橋ライフサイエンスビルディング 9階 911会議室
(東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩3分)

・プログラム:
10:15-10:25 挨拶・AIMaP紹介
福本 康秀 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 所長)

10:30-12:30 『数学者から産業界へ』
鍛冶 静雄 (山口大学理学部、JSTさきがけ)
『柔らかい幾何の拡がり -トポロジーの応用-』
早水 桃子 (統計数理研究所、 JSTさきがけ)
『離散数学と幹細胞生物学のコラボレーション』
中野 直人 (京都大学国際高等教育院、 JSTさきがけ)
『数学とデータと気象学:MaeT数理=気象連携のあゆみ』
松江 要 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 / カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所)
『異分野・異業種放浪記』

14:00-16:00 『産業界から数学者へ』
下津 直武 (ダイキン工業株式会社)
『「人」と「空気」のデータに対する数学活用について』
池森 俊文 (一橋大学 大学院商学研究科)
『金融イノベーションと数理手法(学界と実務界)』
宮下 大 (住友重機械工業株式会社、東京大学 大学院数理科学研究科)
『数学-産業協働のインターフェース問題
~プラズマ数値シミュレーション技術開発を通して』
檜貝 信一 (株式会社村田製作所、ADMAT、CAMMフォーラム)
『電子セラミックス産業界からの数学者への大いなる期待』

16:00-17:30 パネルディスカッション

17:30-19:30 意見交換会(会費制)


(3)CREST・さきがけ数学関係領域合同シンポジウム
URL: http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/math-sympo/

・日時:2018年1月21日(日) 10:00 - 20:00

・会場:富士ソフト秋葉原ビル5階 アキバホール
(JR線 秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分)

・プログラム:
9:00-10:00 開場~受付
10:00-10:15 開会/総括挨拶

10:15-10:55 招待講演 佐古和恵(NECセキュリティ研究所、日本応用数理学会会長)
『ブロックチェーン:公平なIT社会のための新しい技術基盤と今後の課題』
10:55-11:35 高木 剛(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、CREST)
『新たな数学問題を用いた次世代暗号の構成と安全性評価』
11:35-12:15 縫田光司(産業技術総合研究所情報技術研究部門、さきがけ)
『プライバシー保護型情報解析技術とその数学的基盤』

12:15-13:15 昼休み
13:15-14:45 ポスターセッション(レセプションホール)

14:45-15:25 吉田朋広(東京大学大学院数理科学研究科、CREST)
『先端的確率統計学が開く大規模従属性モデリング』
15:25-16:05 荻原哲平(情報・システム研究機構統計数理研究所、さきがけ)
『株式市場の高頻度データに対する統計解析と機械学習』
16:05-16:20 休憩
16:20-17:00 大石進一(早稲田大学理工学術院、CREST)
『精度保証付き数値計算の理論の進展と応用』
17:00-17:40 小林 亮(広島大学大学院理学研究科、CREST)
『環境を友とする制御法の創成
~未知なる環境を動き回るロボットの実現を目指して~』

17:40-17:45 閉会挨拶
18:00-20:00 意見交換会(レセプションホール)

参加費

無料

主催

主催:文部科学省、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
後援:日本数学会、日本応用数理学会、統計関連学会連合

お問合せ先

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 AIMaP事務局
aimap_at_imi.kyushu-u.ac.jp
国立研究開発法人 科学技術振興機構 戦略研究推進部
mathsympo@math.jst.go.jp

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop