Menu

イベント

デジタルヘルス・スタートアップ Webinars Vol.2 フェムテック特集

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

オンライン診療の初診解禁、日本初の治療用アプリの承認と保険適用、Apple Watchアプリの医療機器承認など、デジタルテクノロジーを活用して新たな価値を提供する製品やサービスが急速に立ち上がってきています。本Webinarシリーズでは、今後の医療やヘルスケアに求められる新たな価値や質の向上、医療アクセスの向上、業務の効率化などに挑戦しているデジタルヘルス領域のスタートアップに登壇していただき、取組内容や目指している未来を語っていただきます。ナビゲーター役は、アイリス株式会社共同創業者・取締役副社長CSOで、Digital health Trend 2021編著者でもある加藤浩晃氏とLINK-J曽山がつとめます。
Vol.1では医療機関SaaSをテーマに取り上げました。Vol.2では婦人科領域に特化したオンライン診察プラットフォーム「smaluna(スマルナ)」を展開している株式会社ネクイノの石井 健一代表取締役、妊活サポートサービス「妊活コンシェルジュ ファミワン」を展開中の株式会社ファミワンの石川 勇介代表取締役に現在の取組と今後の展望を語っていただきます。


日時

2021年9月28日(火)12:30-13:30

会場

オンライン(ZOOMウエビナー)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

・本イベントにはZoomウェビナーを使用します。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
・ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
12:30-12:40 オープニング
12:40-12:50 講演1 「Femtechから登るMt.医療DX」
石井 健一 氏(株式会社ネクイノ 代表取締役、薬剤師、経営管理学修士(MBA))
12:50-13:00 Q&A
13:00-13:10 講演2 「Femtechを医療や企業、自治体と共に取り組む重要性」
石川 勇介 氏(株式会社ファミワン 代表取締役)
13:10-13:28 Q&A・ディスカッション
13:28-13:30 クロージング

※質疑応答により5分程延長の可能性があります。

参加費

無料(要事前登録)

登壇者

登壇者プロフィール
kato_hp.png 加藤 浩晃 氏
アイリス株式会社 共同創業者・取締役副社長CSO、医師、LINK-Jサポーター

医師、眼科専門医。診療に従事しながら手術器具や遠隔医療サービスを開発。2016年厚生労働省に入省し、医政局室長補佐として法律制定や政策立案に従事。退官後、デジタルハリウッド大学大学院客員教授を務めつつ、AI医療機器開発のアイリスを共同創業し取締役副社長CSO。現在、5つの大学教員、会社経営、2社の上場企業の社外取締役、学会や行政の委員をしながら、大学病院で診療も行っている。
厚生労働省医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザー、経済産業省Healthcare Innovation Hub アドバイザー、経済産業省J-Startup推薦委員、千葉大学客員准教授、東京医科歯科大臨床准教授、東北大非常勤講師、神戸大学非常勤講師、横浜市立大医学部非常勤講師、日本眼科学会次世代医療(AI、ビッグデータ、遠隔医療)戦略会議委員、日本遠隔医療学会運営委員・分科会長、日本医療ベンチャー協会理事、MRT株式会社社外取締役、株式会社メディカルネット社外取締役。著書は『医療4.0』(日経BP社)、『デジタルヘルストレンド2021』(メディカ出版)など共著合わせ40冊以上。
ネクイノ石井縦150.png 石井 健一 氏
株式会社ネクイノ 代表取締役、薬剤師、経営管理学修士(MBA)

2001年に帝京大学薬学部卒業後、外資系製薬会社アストラゼネカに入社。2005年よりノバルティスファーマにて、医療情報担当者として臓器移植のプロジェクトなどに従事。2013年に関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科院を卒業後、医療系コンサルティングファームを経て、2016年6月、「世界中の医療空間と体験をRe▷designする」というミッションのもと、株式会社ネクイノ(旧ネクストイノベーション株式会社)を創業。ICTを活用したオンライン診察をはじめ、健康管理支援・未病対策など、一人ひとりのライフスタイルや健康状態に合わせて選択活用できる医療環境を生み出す。メディカルコミュニケーションカンパニーを掲げ、テクノロジーと対話の力で世の中の視点を上げ、イノベーションの社会実装を推進。
yusuke_ishikawa150.png 石川 勇介 氏
株式会社ファミワン 代表取締役

愛知県犬山市出身。慶應義塾大学経済学部卒。エムスリー株式会社などの勤務を経て、自身の妊活で強く感じた課題を解決するため、2015年に株式会社ファミワンを創業。不妊症看護認定看護師や臨床心理士などの不妊治療の専門家によるLINEを活用した妊活サポートサービス「妊活コンシェルジュ ファミワン」の提供と、小田急電鉄・東京メトロ・mixiなどの企業や、神奈川県横須賀市・東京都杉並区・群馬県邑楽町などの自治体に向けた妊活・キャリア支援のサポートを実施。夫婦の葛藤と成長を描くフジテレビのテレビドラマ「隣の家族は青く見える」の監修や、生殖看護学会、不妊カウンセリング学会、生殖医療支援システム研究会などでの登壇も実施。また、東京大学・IVF JAPAN GROUPによる多施設共同の臨床研究として、「適切な被験者スクリーニング/医学的観点に基づく調査票/医療機関による体外受精の各種成績」を踏まえた「生活習慣が体外受精(IVF)の成功率に与える影響の解明」が進行中。
akihikos150.png

曽山 明彦
LINK-J 常務理事/President and CEO

東京大学理学部物理学科卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。 人事院長期在外研究員として米国コロンビア大学大学院卒業(MBA)。 (株)ボストンコンサルティンググループのマネージャー、トランス・コスモス(株)専務取締役を経て、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ヴァイスプレジデント及び複数の欧米系医療機器企業の日本法人社長を歴任。2016年3月に一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパンの理事兼事務局長に就任し、2021年4月から現職。
東北大学特任教授、厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議構成員に加え、経済産業省、AMED、神戸市、札幌市の委員会メンバー等を務める。

主催

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J
E-mail:contact@link-j.org

pagetop