Menu

イベント

VCと語ろうシリーズ vol.10「国内発のサイエンスをベースとした米国でのグローバル開発 〜グローバルエコシステムへの参画〜」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
VCと語ろうシリーズ vol.10「国内発のサイエンスをベースとした米国でのグローバル開発 〜グローバルエコシステムへの参画〜」

今、東京日本橋にはライフサイエンス系企業に投資するベンチャーキャピタル(VC)が続々と集結し、スタートアップとVCが集積したライフサイエンスのエコシステムが産まれつつあります。 それを受けて、LINK-Jが始めた「VCと語ろう」シリーズでは、VCのキーマンをお呼びして回毎に設定したテーマに関して最新の動向や想いをお話いただきます。

10回の今回は、「国内発のサイエンスをベースとした米国でのグローバル開発 〜グローバルエコシステムへの参画〜」と題し、日米を中心に国境を超えて活躍しているCatalys Pacific 高橋氏、Eight Roads 芦田氏、Orrick 杉田氏にお越しいただき、それぞれのお立場から、日本のアカデミアおよび製薬企業発のサイエンスシーズをもって米国にて事業展開・グローバル開発に着手した事例をお話しいただきます。ライフサイエンス領域では欠かすことのできないグローバルエコシステムに参画するためのヒントを得ることができる機会となります。皆様ふるって会場にご参加、もしくはオンラインでご視聴ください。

日時2023年12月14日(木)17:00-19:30(16:45開場、18:30-19:30リアルネットワーキング)

会場GLOBAL LIFESCIENCE HUB、オンライン(Zoom Webinar)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

申込締切

リアル会場:12月14日9:00 
オンライン:12月14日18:50

リアル会場にお申込みをされた方は直接会場にお越しください。 本イベントにはZoomウェビナーを使用します。 ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
16:45 開場
17:00-17:05 開会・イントロダクション
LINK-J
17:05-17:20 講演「国内ファーマ発のシーズによる米国でのグローバル開発」
高橋 健氏
Catalys Pacific, LLC Managing Director
17:20-17:35 講演「日本からグローバルへ―アカデミア発の創薬シーズをグローバル舞台へ引き出す一つの道筋」
芦田 広樹氏
Eight Roads Ventures Japan Vice President
17:35-17:50 講演「リーガルから見た国内サイエンス発グローバルベンチャーの要諦」
杉田 泰樹氏
オリック東京法律事務所・外国法共同事業 Partner
17:50-18:30 パネルディスカッション、Q&A
高橋 健氏 Catalys Pacific, LLC Managing Director
芦田 広樹氏 Eight Roads Ventures Japan Vice President
杉田 泰樹氏 オリック東京法律事務所・外国法共同事業 Partner
18:30-19:30 ネットワーキング(リアル会場のみ)

登壇者略歴

Takeshi Takahashi150×190.png高橋 健氏 Catalys Pacific, LLC Managing Director

Catalys Pacificのマネージングディレクター。 ヘルスケア領域における多数のM&AやIPOを含む資金調達の経験を有する。Catalys Pacificへの参画以前は、モルガン・スタンレー証券において12年超、投資銀行業務に従事。30件を超える大型案件に関与し、100億ドル超のクロスボーダーM&A、50億ドル超のヘルスケアM&A等において、主導的な役割を担う。その他、多数の資金調達案件にも関与。モルガン・スタンレー証券以前は、メリルリンチ証券のアセットマネジメント部門にて、日本および米国オフィスに勤務し、調査アナリストおよびポートフォリオ・マネージャーとして30億ドル超のアセットを運用。
早稲田大学政治経済学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得。

HIROKI ASHIDA150×190.png芦田 広樹氏 Eight Roads Ventures Japan Vice President

グローバルで活動するベンチャーキャピタルのEight Roads Venturesにて創薬・バイオテク投資に従事。2017年にjoinしヘルスケアプラクティスの立上げに貢献。米国姉妹ファンドのF-Prime CapitalやEight Roadsの各国のチームと連携し、日本のサイエンス・技術を応用できる国内外の投資・ビジネス機会を探索している。ゲノム・エピジェネティクスの研究で博士(科学)を修了し、アクセンチュア戦略コンサルティング本部を経てVCへ転身。創薬開発を加速化するため、グローバルと日本、基礎研究から医薬品開発の橋渡しの役割を担いたい。

sugita150×190.png 杉田 泰樹氏 オリック東京法律事務所・外国法共同事業 Partner

オリック東京法律事務所のパートナー。M&A・アンド・プライベート・エクイティ・グループに所属。多岐にわたるクロスボーダーM&A、ジョイントベンチャー、ベンチャー・キャピタルなどの案件に携わり、特に日本企業を代理した欧米・アジアへの対外投資案件、海外企業を代理した対日案件、企業及びVC投資家を代理したクロスボーダーのVC案件を多く取り扱う。
また、ヘルスケアおよびライフサイエンス業界における長年にわたる実績や豊富な専門知識の蓄積により、バイオテクノロジー、製薬、デジタルヘルス、研究、ラボラトリー、医療機器、診断ツール関連など、様々な分野のライフサイエンス/ヘルスケ関連のクライアントにアドバイスやサポートを提供。

参加費

無料

定員

リアル会場40名、オンライン1000名

主催

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

お問い合わせ先

LINK-J事務局
E-mail : contact@link-j.org

日時2023年12月14日(木)17:00-19:30(16:45開場、18:30-19:30リアルネットワーキング)

会場GLOBAL LIFESCIENCE HUB、オンライン(Zoom Webinar)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

申込締切

リアル会場:12月14日9:00 
オンライン:12月14日18:50

リアル会場にお申込みをされた方は直接会場にお越しください。 本イベントにはZoomウェビナーを使用します。 ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

こちらもおすすめ

pagetop