Menu

特別会員開催イベント

【開催延期】第6回 DIA 医療機器開発シンポジウム 「AI(人工知能)機器/治療用アプリを制す」- 新たな医療機器カテゴリへの挑戦 - 

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   20311_rvsd.pdf

第6回DIA医療機器開発シンポジウム・延期に関するお知らせ(2020年3月19日)

4月22日(火)に開催を予定しておりました、第6回DIA 医療機器開発シンポジウムは、COVID-19感染拡大の影響により、現段階の予定として日程を7月3日(金)に延期させていただくことといたしました。
なお、今後の状況により、引き続きWebによる開催も会場催行と並行して検討・準備して参ります。お申込済、およびご参加をご検討の方々におかれましては、ご留意いただきますようお願い申し上げます。
政府の方針に則り、7月日程での会場催行も難しい場合には、遅くとも5月下旬までに今後の開催に関してあらためてご連絡をいたします。
参加費ご入金済の方につきましては、7月3日のご参加が可能であれば充当させていただきます。日程変更に伴うキャンセル、ご返金についてのお問合せはDIA Japan japan@diaglobal.orgまでお願いいたします。


日時

2020年4月22日(水)から2020年7月3日(金)に開催延期

会場

日本橋ライフサイエンスハブ (室町ちばぎん三井ビルディングオフィス棟8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

10:10–13:00 午前のセッション:AI(人工知能)機器

・ 医療機器の特性に応じたレギュレーション ー薬機法改正を踏まえてー
・ 機械学習を利用したコンピュータ診断支援医療機器プログラムの承認審査について
・ 薬機法承認を取得した内視鏡AI・EndoBRAINの開発と今後の展開
・ 検証データ用等のデータベース構築など学会の取り組み
・ AI/Machine Learning Software as a Medical Device – FDA’s Perspectives
午前のラウンドテーブルディスカッション
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
14:00–17:30 午後のセッション :治療用アプリ開発

・ 治療用アプリの開発戦略と評価方法を考える
・ デジタル療法の可能性とCureAppの治療アプリ®
・ モバイルアプリJoinの開発支援 ~ 当時の振り返りと今後 ~
・ 治療用アプリの保険適用について考える ~ プログラムの保険適用例を踏まえて ~
午後のラウンドテーブルディスカッション

参加費

・一般(DIA会員・非会員共通):¥31,900(税込)
・政府関係/非営利団体/大学関係/医療従事者(DIA会員・非会員共通):¥14,850(税込)

※上記参加費は早期割引期間中にお申し込みいただいた場合の金額です。

定員

100名程

主催

主催:一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン

お問い合わせ先

一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン
E-mail:Japan@diaglobal.org
TEL: 03-6214-0574
HP : http://www.diajapan.org/
pagetop