Menu

特別会員開催イベント

第3回 DIAプロジェクトマネジメント・シンポジウム~医薬品の実用化研究について全体最適を考慮したマネジメントの視点で考える~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
18318_1.png

クリックするとPDFが開きます

   18318.pdf

本シンポジウムでは、医薬品の実用化研究において、新規立ち上げ時に必要な全体最適を考慮した戦略構築プロセスや個々の研究の実現可能性を高めるためのマネジメント理論を学び、研究をより効果的に推進するために明日から活用できる具体事例を共有致します。プロジェクトマネージャーだけでなく、実用化研究に携わる各担当者にも有用な情報になると考えています。
今回のテーマは「臨床研究・治験。どうすればうまくいく?-実用化研究をどう立ちあげるのか、プロジェクトマネジメントの視点から考える」です。課題の多い状況の中でも、「うまくいっていること・うまくいかないこと」の両面があります。その奥に隠れている成功のメカニズムやそれを支持するマネジメント理論を明らかにし、他のプロジェクトにおいてもそれらを効果的に応用できるようになることを目標としています。
また、アカデミア、行政、企業などの立場を越えて、医薬品の実用化研究に携わる者として共通認識を深めるための「対話」の時間を十分に取り、出席者が抱える様々な課題の解決策について、お互いの立場を尊重し、探求したいと考えています。多くの皆様のご参加を、お待ちしております。


日時

2018年11月30日(金)10:30 - 17:00

会場

日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間講演内容
10:00-10:30 受付
10:30-10:45 開会の挨拶
一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン 植村 昭夫
プログラム委員長/名古屋大学 清水忍
10:45-11:00 アイスブレイク

ファシリテーター
PMコンサルティングポジティブインテンション 今野 浩一
ファイザー株式会社 大島 三千世
11:00-11:40 プレゼンテーション1:プロジェクト創出に向けた体制・基準・手順

プロジェクトの芽を育む~研究相談からプロジェクト化までの組織体制とプロセス~
大阪大学医学部附属病院 岩崎 幸司 米国におけるアカデミア発トランスレーショナルリサーチとスタートアップの育成
筑波大学 小柳 智義
12:40-13:45 プレゼンテーション2:プロジェクトを成功に導くチームとは

チーム組織化に関するプログラムマネジャーとプロジェクトマネジャーの役割
PMコンサルティングポジティブインテンション 今野 浩一

企業におけるプロジェクト立ち上げに向けたチーム体制
ファイザー株式会社 大島 三千世

戦略構築のためのアドバイザリー体制~学内連携・拠点内連携の活用~
京都大学医学部附属病院 伊藤 達也
13:45-15:05 プレゼンテーション3:プロジェクトを成功に導く戦略ツール

マネジメントの視点から重要とされる戦略文書の意義と作り方
日本医科大学 松山 琴音

AMEDにおける「医薬品研究マネジメント(go/no-go判断)」~導入の経緯とその運用~
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 河野 典厚

医薬品研究開発における知財戦略の考え方及び「AMEDぷらっと」の活用について
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 岩谷 一臣

AMEDにおける「再生医療研究事業のマネジメント」~チェック項目導入の経緯とその運用~
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 阪口 亜矢子

企業における意思決定ルール・基準の意義と実際
第一三共株式会社 塚本 淳
15:20-16:45 明日のactionに繋げる対話 全参加者によるWorld Café
テーマ:次にプロジェクトを立ち上げる時、やってみたいことは何か?
16:45-17:00 本日の振り返りと閉会の挨拶
17:00-18:30 情報交換会

※DIAのプログラム にて発表される内容は発表者本人の見解であり、所属する組織あるいはDIAのものとは限りません。
※プログラム及び講演者は予告なく変更される場合があります。
※書面による事前の合意なく、DIAのプログラムの情報を録音もしくは撮影することは、いかなる形態であっても禁止されています。

主催

主催:一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン
後援:一般社団法人ARO協議会

お問い合わせ先

一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン
E-mail: Japan@DIAglobal.org
Tel: 03-6214-0574
Fax: 03-3278-1313

pagetop