Menu

特別会員開催イベント

京都大学ELP短期集中講座『がん―その究極の病への挑戦』

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   intensive2020-v0106 (高解像度)受講料修正済み.pdf

【京都大学ELP短期集中講座 3月開講(先着30名)】
『がん − その究極の病への挑戦』
がん研究をリードする研究者から学び、対話を重ねる4日間
2021年3月8日(月)~3月11日(木)
<ノーベル賞受賞者 本庶佑教授、京都大学 湊長博総長 登壇!>
「がんとは何か」
「がん診断・治療の最前線、そして新パラダイムとは」
「がんと共に生きるとは」
研究者、受講生が共に考え、熱い議論を行います。
4日間、講師と受講生、受講生同士で熱い議論を交わします。
講師には、がん研究の第一人者を迎え、受講生は全国から募集します。
ご関心のおありの方はどなたでもご参加いただけます。


日時

2021年3月8日(月)9:10 〜 3月11日(木)16:00

会場

オンライン(zoom)開催


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

締切:2021年2月15日(月)

プログラム

2021年3月8日(月)がんの最前線
『がんとは?-たった1個のがん細胞がヒトの身体をむしばむ-』千葉勉(関西電力病院 院長)
『小児がんの克服に向けて』滝田順子(京都大学大学院教授)

2021 年3 月9 日(火)がんの新パラダイム〈1〉
『がん免疫前史』湊長博(京都大学総長)
『がん免疫治療の未来』本庶佑(京都大学高等研究院特別教授)
『がん細胞が好んで取り込む物質』山田勝也(弘前大学大学院准教授)

2021 年3 月10 日(水)がんの新パラダイム〈2〉
『化学蛍光プローブを基盤とする新がん医療技術創製』浦野泰照(東京大学大学院教授)
『ホウ素中性子捕捉療法の原理と特長』鈴木実(京都大学粒子線腫瘍学研究センター長)

2021 年3 月11 日(木)がんと生きる
『緩和ケアー尊厳ある生と死への支援』田村恵子(京都大学大学院教授)
パネル・ディスカッション『がんと生きる』
磯野真穂(慶應大学大学院研究員)
田村恵子(京都大学大学院教授)
野田真由美(NPO 法人支えあう会「α」副理事長)
前田美穗(日本医科大学名誉教授)
永元哲治(CHARTAE Consulting LLC. 代表・小児科医師)

プログラム詳細・お申込みはこちら

参加費

受講料:300,000円(税込・教科書代込)

定員

約30名

主催

京都大学ELP(エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム)

お問い合わせ先

京都大学ELP事務局
京都市左京区吉田橘町1 橘会館内
Tel:075-753-5158
Mobile:050-5236-6951
Mail: info@elp.kyoto-u.ac.jp
pagetop