Menu

特別会員開催イベント

<創薬技術セミナー>​ 前臨床試験におけるバイオマーカー探索の新たな可能性

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

セミナー概要

近年、NGS を用いた遺伝子解析技術の発展は凄まじく、RNA-seqやWESがより身近なものとなってきています。細胞株やオルガノイドを用いたin vitroモデル、そしてCell line-derived xenograft(CDX)やPatient-derived xenograft(PDX)を用いたin vivoモデルの選択においてもこれらのデータが必要不可欠となっています。

Crown Bioscienceはこれまでフローサイトメトリー、デジタル病理、サイトカイン・ケモカインプロファイリングなどのバイオマーカー解析を提供してきました。近年ではNGSを用いた、Single Cell SequencingやLong-Read Sequencingなどの最新の解析手法に力を入れており、独自の「Mouse I/RNA-Seq Pane」や「ディープシーケンスによるCell Line Authentication」なども実施しています。

本講演ではCrown Bioscienceが取り扱うバイオマーカー関連サービスの概要をご紹介します。

このような方にオススメです

  • 創薬研究に従事しており、前臨床試験に興味がある方
  • オルガノイド、PDXモデルに興味がある方
  • バイオマーカー解析技術に興味がある方
  • 最新の NGS技術に興味がある方

日時2022年9月7日(水) 16:00-17:00

会場オンライン(Zoom)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

  • 16:00~16:05  新会社(株)Crown Bioscience & MBLのご紹介
  • 16:05~16:20  in vitroin vivoでの前臨床試験用モデル
  • 16:20~16:45  バイオマーカー解析サービスの概要
  • 16:45~17:00  質疑応答

参加費

無料

主催

株式会社医学生物学研究所

お問い合わせ先

創薬技術セミナー事務局:webinfo@mbl.co.jp

日時2022年9月7日(水) 16:00-17:00

会場オンライン(Zoom)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

pagetop