Menu

イベントレポート

BioJapan 2018に出展

昨年に引き続き、LINK-Jは、パシフィコ横浜で10月10日から12日の3日間開催されたBioJapan 2018にブースを出展しました。
BioJapan は、1986年の初開催より今回で20回目を迎え、国内外から製薬企業、ベンチャー、アカデミアが参加する、バイオビジネスにおけるアジア最大級のパートナリングイベントです。今回は、34の国や地域から16,309名が来場し、商談実施数は10,075件にのぼりました(主催者発表)。

booth-1.JPG

LINK-Jのブースは、入り口からすぐ、また提携先のBIOCOMが共同出展しているカルフォルニアパビリオンの並びという、好条件の場所でした。通路に面したパネルは、LINK-Jのロゴを上に掲げ、左右には提携している国内外のライフサイエンスクラスターのロゴ、提携・強力関係にある有力国内大学のロゴを並べ、訪れた方の注目を惹くデザインとしました。奥のパネルはLINK-Jが運営する4拠点のある日本橋の地図とし、東京駅からのアクセスの良さをアピールしました。横のディスプレイでは、LINK-J主催の各シンポジウムを流し、LINK-Jの取り組みを紹介しました。その結果、3日間で国内外から250名以上の方にお立ち寄り頂きました。

booth-3.JPGbooth-4.JPG

BioJapanと同時開催された、厚生労働省主催 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2018(JHVS)のオープニングセミナーでは、LINK-J理事兼事務局長である曽山明彦がモデレータを務めました。ご講演はRIZAPグループ株式会社 代表取締役 松本晃氏から「イノベーションを患者に届ける-ベンチャーに期待すること-」をテーマにしたお話をいただきました。松本氏のご経験を基にした「経営」のポイント、医療機器産業のこれからなど、大変貴重なお話に、多くの方がメモをとるなど、熱心に聞いていらっしゃいました。写真は、講演後のトークセッションの様子です。

JHVS-1.JPG

曽山は、オープニングセミナーの後に行われたJHVS出展者ピッチセッション#1においては進行役を、翌11日のJHVSミートアップ「AI」では司会&オーガナイザーも務めました。

JHVS-pitch-1.JPGJHVS-Meetup-1.JPG

LINK-Jは、今後も国内外の皆様への情報発信に、積極的に取り組んで参ります。

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop