Menu

イベントレポート

「Meet with UK Cell and Gene Therapy / Regenerative Medicine Company @ Nihonbashi」を開催

1月20日(火)、日本橋ライフサイエンスハブにて、英国の再生医療/細胞および遺伝子治療分野で活躍している企業/機関 十数社を招き、ショートピッチプレゼンテーションとレセプションパーティーを行いました。

IMG_1817_small.jpgIMG_1823_small.jpg

当日使われたスライド資料(各登壇者の連絡先掲載)を下記に掲載いたします。(※PDFファイルが別ウィンドウで開きます)

uclスライド表紙.png

(PDFファイル1MB)

【登壇者一覧】
Hidetoshi Hoshiya (Cell and Gene Therapy Catapult/Transactions manager Asia & Oceania)
Michael McLean Michael (Atelerix Ltd / CEO)
Stefanos Theoharis (Cell Medica / SVP Corporate Development and Partnering)
Claudia Rees (Cells4Life Group LLP / Operations Director)
Giuseppe Mazza (Engitix Ltd / Co-Founder and CEO)
Romuald Corbau (Freeline Therapeutics / VP Research)
Alex Blyth (LIfT BioSciences Ltd / CEO)
Nigel Theobald (N4 Pharma Plc / CEO)
Jonathan Lane (Nanogenic Solutions Ltd /CEO)
Simon Bayly (Oxford MEStar Ltd / Business Development Manager)
Mitra Najafi (Pplus Skin Care Ltd/ Managing Director and Founder)
Michael Themis (TestaVec Ltd/ Reader, Scientist. TestaVec Founder)
Matthew Lakelin (TrakCel Ltd. / VP Scientific Affairs)
Steve Bloor (Videregen Limited /CEO)

翌日、一行は東京大学医科学研究所に訪問し、東大発ベンチャーであるアキュルナ株式会社 秋永士朗先生(取締役・研究開発担当)との面会と、病院長の小澤敬也先生、トランスレーショナル・リサーチ・イニシアティブ特任教授の加藤益弘先生、所長の村上善則先生、セルプロセッシング・輸血部准教授長村登紀子先生による講義を実施しました。

IMG_1004_small.jpgIMG_1481_small.jpg

詳細については東京大学医科学研究所国際学術連携室のHPにて掲載予定です。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/intlrel/index-jp.html
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/intlrel/index-en.html

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop