Menu

イベント

第3回メドテック・イノベーションシンポジウム&ピッチ「コロナが変えた世界をどう発展させるか~医療のデジタルトランスフォーメーション~」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    2020 MEDTEC_A4チラシ1112.pdf

第3回となるメドテック・イノベーションシンポジウム&ピッチ。今年は「コロナが変えた世界をどう発展させるか ~医療のデジタルトランスフォーメーション~」と題し、「医療におけるデジタル化」、「医療データの活用に向けた取組」「テクノロジーによる医療の変革」等について、第一線で活躍する研究者等からの講演とパネルディスカッションを予定しております。

また、医療機器や医療サービスを提供するスタートアップ企業が行う「メドテックイノベーションピッチ」と、「オンライン展示会」のプログラムもございます。LINK-Jとしては初めて、リアルとオンラインの併用でのイベント開催となります。リアル会場では、休憩時間に登壇者との名刺交換も行っていただけます。様々な形で皆様にご参加いただけることを心待ちにしております。

※当日のプログラムブックが完成しました
*English program available here

ピッチ登壇者・オンライン展示会出展企業が決定しました
※オンライン展示会参加はこちら


日時

2020年11月13日(金)13:00-18:30(12:30開場)※オンライン展示会は9:00-20:00

会場

東京会場、大阪会場、オンライン配信を予定


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

  • 第1会場(東京):日本橋ライフサイエンスハブ(東京都中央区日本橋室町1-5-5室町ちばぎん三井ビル8階)
  • 第2会場(大阪):ライフサイエンスハブウエスト(大阪府大阪市中央区備後町4-1-3御堂筋三井ビル4階)
  • オンライン会場:ウェビナー配信を予定
※COVID-19の状況次第では全編オンラインでの開催となる可能性がございます

プログラム

日程 内容
13:00
挨拶
澤 芳樹 氏(LINK-J副理事長/大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科教授)
13:05
来賓挨拶
江崎 禎英 氏(内閣府 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当))
13:10
基調講演
ニューノーマルの先にある新しい社会
宮田 裕章 氏(慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教室 教授)
14:10 休憩
14:20
講演
医療課題解決のための社会実装 ~オープンプラットフォームによる共創
松葉 香子 氏(GEヘルスケア・ジャパン株式会社 執行役員 アカデミック本部長 兼 エジソン・ソリューション本部長)
14:50
講演
「hinotori™ サージカルロボットシステム」による手術のDx
浅野 薫 氏(株式会社メディカロイド 代表取締役社長)
15:20 休憩
15:30

パネルディスカッション 「アフターコロナにおける医療のデジタルトランスフォーメーション」
モデレーター:鈴木 寛 氏(東京大学公共政策大学院、慶應義塾大学政策・メディア研究科教授)
パネリスト:登壇者

16:30 休憩+名刺交換
16:50
ピッチコンテスト
メドテック・イノベーションピッチ
Startup pitch5分)+Q&A5分各審査員による投票・審査

<出場者>
株式会社テクリコ 杉山 崇 氏 「MR技術を駆使した最先端3Dリハビリテーションシステム『リハまる』」
株式会社キュライオ 中井 基樹 氏 「クライオ電顕を用いた構造ベース創薬研究による新たな創薬アプローチ」
aiwell株式会社 WONG SING YING 氏 「AI Proteomics」
株式会社Smart119 中田 孝明 氏 「新たなテクノロジーを導入し安心できる未来型急性期医療を創造する」

<審査員>
内田 毅彦 氏 (株式会社 日本医療機器開発機構 代表取締役CEO)
池野 文昭 氏 (MedVenture Partners株式会社 取締役/創業者/チーフメディカルオフィサー)
Kirk Zeller 氏(Board Member, US-Japan Medtech Frontiers)
長谷川 宏之 氏 (三菱UFJキャピタル株式会社 執行役員)
高宮 慎一 氏(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー)
18:30 閉会

参加費

【ウェビナー視聴】非会員500円、会員無料
【来場】非会員1,000円、会員500円

※LINK-Jサポーター・会員の方は割引コードをお伝えしますので、LINK-Jまでご連絡ください。

定員

ご参加には事前登録が必要です

オンライン展示会のご案内

シンポジウムと並行してオンライン展示会を開催いたします。
本Peatixにてシンポジウムに参加登録された方(チケット種別は問いません)は皆様ご参加いただけますので、ぜひ奮ってご参加ください。
※プラットフォームとしてEventHubを使用しますので、事前に簡単な登録が必要です。(無料)

項目 内容
開催日時 2020年11月13日(金)9:00-20:00
※オンライン上のみでの開催ですので、ご都合の良い時間にお気軽にご参加いただけます
展示会概要 「メドテックイノベーション」をテーマに、医療機器をはじめとした新産業創造に関心の高いライフサイエンス関係者の交流促進と連携促進をはかる目的でオンライン展示会を行います。出展者は、医療機器、デジタルヘルス、医療サービス、その他医療・介護領域におけるテクノロジーに関するアイデア・技術・製品・サービスを有する団体・企業です。スタートアップを中心にイノベーティブな企業が多数ご出展されます!
展示会内容 EventHub上で企業PR文章、企業・製品紹介動画(録画)等の閲覧が可能です。出展者-来場者間のチャット・オンラインミーティング機能を使ってコミュニケーションを取ることも可能です。
参加登録方法 11月9日頃を目途に、Peatixメッセージ等でシンポジウム参加登録者の皆様へご案内いたしますので、開催日までにご登録ください。

オンライン展示会出展企業

企業名(50音順) 事業内容・製品紹介
株式会社iCorNet研究所 重症心不全と致死的不整脈に対する画期的治療法である心臓サポートネット治療の研究・開発と製造を行うアカデミア発ベンチャー企業(名古屋大学ベンチャー企業038号)。先駆け審査指定制度の選定を受け、医師主導治験を2021年度に予定している。
Inno BioScience株式会社 肝疾患(NASH/肝硬変)に対する細胞治療薬及びアンメットメデイカルニーズの高い医療機器の国内導入及び開発を目的にスタートアップした会社。
無線LANとモバイルサポート機能を搭載したIoTデバイスでAIアルゴリズムによるバイオマーカーとCOVID-19の特性を分析し陽性/陰性の検査結果を2分以内で判定。
株式会社クアトロメディカルテクノロジーズ 内頸静脈穿刺時の成功率を高めるために開発した超音波ガイド下穿刺補助器具は、患者の皮膚に補助器具を貼り付ける新しい方法で、低コストかつ直感的な操作により安全で成功率の高い簡易な穿刺を可能とする。
株式会社サイトパスファインダー 産総研技術移転ベンチャーで、siRNA,miRNA,プラスミドDNAなどの核酸を培養細胞に導入するための培養容器底面にトランスフェクション複合体を固相したプレート、及び固相プレートを応用した製品を提供している。
株式会社志成データム 独自開発の脈波解析アルゴリズムを基に、社会的課題である循環器系疾患の医療精度向上と医療費削減に貢献を目指すデバイスメーカーです。国内外上場企業(CYBERDYNE、亜洲光学)と連携して事業を展開している。第二種医療機器製造販売業。
株式会社スペーシス(仮称) 保有する極小型衛星Cubesatの開発技術を基に、Cubesatによるコンパクトな宇宙環境に近い暴露空間を提供し、先端医療技術開発や新物質創造等支援、及び低軌道衛星通信網の新規構築と医療情報向けを主とする衛星通信サービスを提供する。
株式会社トラステック愛知 デジタル形保護計測装置(電源監視装置)製造・販売、設備保守/管理サービス、二次電池充放装置の点検校正、除菌装置製造・販売を行う。◇除菌装置◇Weraser 計(けい):空間除菌の司令塔 二酸化塩素ガスを高精度0.01ppmの精度で測定 / Weraser 雫(しずく):安定化二酸化塩素水噴霧器 移動がしやすいワゴン型除菌装置、10㎛の粒子で噴霧 / Weraser 奏(かなで):ワゴン型除菌装置計と無線通信を行い二酸化塩素ガス濃度005ppmから20ppmに制御
株式会社do.Sukasu 人の個性は脳で決まる!
do.Sukasuは脳の情報処理特性を透かしそれを個性と認めることで各個々人が社会で活躍することができる「優劣ではなく個性に寄り添う社会」の実現を目指している企業。デジタルヘルスケアにおけるオープンイノベーションの一環として立ち上げたスタートアップ。本展では、脳の情報処理特性を考える上で特に重要となる視空間認知特性を把握・提示、すなわち「透かす」プロトタイプ「VR de.Sukasu」のデモを行う。
ノバセラ株式会社 ノバセラ株式会社は、2016 年 8 月にスタートした再生医療を主な事業とするベンチャーです。本業以外に医療ビッグデータを用いた事業があります。その医療ビッグデータの収集方法に高機能イヤフォンを用いて、患者様や使用者の背板情報をクラウドに上げて解析するビジネスを推進いたします。
PIA株式会社 第一種医療機器製造販売業を保有し、コンタクトレンズ、次亜塩素酸水、CBD製品等を販売している。現在、心臓シミュレータという技術を活用し、従来にはない新たなプログラム医療機器の開発・事業化に取り組んでいる。心臓シミュレータとは、スーパーコンピュータの演算能力を活用し、臨床データを元に個人の心臓を忠実に再現する技術。その上で、CRTや先天性心疾患等を対象としたシミュレーションや医療教育コンテンツを研究開発中。
株式会社フジキン 超音波診断装置MUSシリーズは「いつでも・どこでも使用できる」をコンセプトにしたポータブルエコー。プローブを弊社指定のパソコンやタブレット機器(Windows&Android)に接続するだけで画像診断が出来るので、在宅診療や往診でもご使用頂ける。
株式会社ベアーメディック 創業時はCITIZEN時計の協力工場として腕時計部品を生産していた。その後、メディカル事業部を発足し縫合材料の製造販売を開始。現在は縫合材料だけでなくチタン製・ステンレス製、プラスチック製などの医療機器の製造販売を行う。国産医療機器メーカーとして約40年の実績あり。特に形成外科、整形外科、脳神経外科の領域で使用する縫合材料やチタン製の骨接合材料などを製造販売している。
マイキャン・テクノロジーズ株式会社 iPS細胞等から研究用特殊血球細胞を作成し、新型コロナ感染症や免疫系疾患の研究ツールとして提供している。再生医療技術を用いた細胞デザイン力でニーズにマッチした細胞を作り上げ、製薬研究、機能性製品開発研究(食品、化粧品、化成品等)を進展させるお手伝いを行う。
株式会社モンキャラメル 心肺蘇生講習用教材開発・販売、緊急時における患者情報の伝達に関わる資機材・ソフトウェアの開発・販売を行う。救急タグは、救急搬送時にカードおよびICチップを用いて救急隊あるいはバイスタンダーに情報を伝達するタグ類である。

シンポジウム&ピッチ 使用言語について

シンポジウム:全編日本語を使用
ピッチ:一部出場者が英語を使用

第1会場:同時通訳レシーバーを配布いたします。
第2会場:同時通訳レシーバーの配布はございません。第1会場で話されている言語がそのまま会場に流れます。
     ※通訳音声をお聞きになりたい方は、ご自身のPCでZoom webinarにアクセスいただきお聞きください。
      その際には必ずイヤホンもしくはヘッドホンのご利用をお願いいたします。
     (Bluetoothを利用したイヤホンは相互に干渉する可能性があるため、有線のイヤホンをご利用ください)     
オンライン会場:Zoom webinarの通訳機能をご利用いただけます。

新型コロナウイルス感染対策 ご協力のお願い

運営側でも新型コロナウイルス感染予防対策をいたしますが、ご参加される皆さまにつきましても以下のとおりご協力をお願いいたします。
また、感染拡大状況によってはお願い事項の増加や、イベントの開催方針の再検討の可能性がございます。

  • ご来場時は必ずマスクをご着用ください
  • 入場時や休憩時間毎にこまめな手洗・手指消毒をお願い申し上げます
  • 会場内でのむやみな飲食を避け、やむを得ず飲食が必要な際には必要最低限の時間に留めてください
  • 本会は事前登録制とし、事前に参加連絡先(氏名、所属、電話番号、メールアドレス等)を把握しております。これらの情報が必要に応じて保健所等の公的機関へ提供され得ることをご了承ください
  • 下記に該当する方のご来場は自粛いただきますようお願い申し上げます
     ①発熱、あるいは咳・咽頭痛等の症状がある場合
     ②過去14日以内に感染が継続拡大している国・地域のへの訪問歴がある場合
     ③新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であることが判明した場合
     ④過去14日以内に入国制限等のある国・地域からの渡航者・在住者との濃厚接触がある場合
  • 「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議提言による「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」からなる基本的な感染対策の徹底にご協力をお願い申し上げます
  • 来場前に接触確認アプリ(COCOA)や各地域の通知サービスのダウンロードを推奨いたします

主催

【主催】一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
【共催】株式会社日本医療機器開発機構(JOMDD)
    MedVenture Partners 株式会社
    US-Japan MedTech Frontiers
【後援】文部科学省、厚生労働省、経済産業省、東京都(※名刺交換は後援の対象外)、一般社団法人日本医療機器産業連合会
【協力】一般社団法人日本バイオデザイン学会、
    国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科・医学部附属病院 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ
    独立行政法人 中小企業基盤整備機構
    大阪商工会議所

お問い合わせ先

「第3回メドテック・イノベーションシンポジウム&ピッチ」事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン内
担当:吉永・篠崎・田中
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング 13F
TEL:03-5657-0709  FAX:03-3452-8534
メール:linkj-sympo@jtbcom.co.jp
※COVID-19感染拡大防止のため、事務局(株式会社JTBコミュニケーションデザイン)ではテレワークを実施しております。
お手数ではございますが、当面の間、E-mailにてお問合せくださいますようお願いいたします。

pagetop