Menu

イベント

MDFオックスフォード大学連携マッチング例会

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

MDF(次世代医療システム産業化フォーラム/事務局:大阪商工会議所)では、
世界トップクラスの研究大学である英国オックスフォード大学が100%所有する
同大学の研究商業化部門であるOxford University Innovation(OUI)と連携し、
マッチング例会を開催いたします。

言語:日英同時通訳あり


日時

2020年11月18日(水)17:00-19:00

会場

オンライン


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

(1)開会挨拶 大阪商工会議所 理事・産業部長 槇山 愛湖

(2)来賓挨拶 英国総領事館 アンドリュー・ワイレガラ 氏

(アジア太平洋地域ライフサイエンス&ヘルスケア専門官)

(3)Oxford University InnovationOUI)について

   Dr Chandra Sekar Ramanujan, Senior Licensing & Ventures Manager, OUI

(4)連携案件発表(概要は上記参照)

「医療機器規制申請・認証取得のためのデジタルサポートツール」
「共焦点走査型顕微鏡向けの高速・高精度イメージングソフトウェア」
「マウスピースを利用したスポーツパフォーマンス管理及びヘルスモニタリング」

(5)質疑応答

(6)閉会挨拶 OUI日本事務所 代表 宮松 寛有 

発表内容

「医療機器規制申請・認証取得のためのデジタルサポートツール」

Dr Rita Hendricusdottir, Program Manager, University of Oxford, Department of Engineering Science 

(概 要)
Oxford Global Guidanceは、Oxford大学の理工学部(Department of Engineering Science)が開発する医療機器規制申請・認証取得のためのデジタルサポートツールです。ヨーロッパと日本の医療技術市場は世界最大規模で、中小企業からのイノベーションが絶えず創出されており、企業が技術開発の初期段階から医療機器規制に関する情報を得られる仕組みが必要です。実際には企業のニーズに対して規制適合に関連する情報提供の支援体制は整っていないのが現状です。そこで、Oxford Global Guidanceというウェブ上のツールを通じてヨーロッパ市場で医療機器の展開をお考えの企業に対し、規制適合のための支援を目指しています。今後、ヨーロッパ市場以外の医療機器規制情報を組み込んでサービスを拡張し、コンテンツの多言語化で利用者を増やすことを計画しています。

(関心分野)
日本企業からの直接投資や、日本の医療マーケットへのサービス紹介、また、厚生労働省などの所管官庁や公認機関、医療機器規制コンサルタントの皆様との関係構築に関心があります。

「共焦点走査型顕微鏡向けの高速・高精度イメージングソフトウェア」

Mr Theo Kelly, Chief Executive Officer, Distill Technologies

(概 要)
Distill社では、共焦点顕微鏡の双方向スキャンを可能にするソフトウェアを開発しています。双方向スキャンは単方向スキャンの2倍速であるにもかかわらず精度が低いため殆ど実用化されていませんが、Distillのアルゴリズムがこの問題を解決します。それぞれの走査線の位置をダイナミックに推定し再調整することで、双方向スキャンの精度を80%向上、事後処理の時間を半減させます。これにより最終画像の品質が大幅に改良され、双方向スキャンが技術的に実現し、コスト面でも貢献します。
多くのAI関連スタートアップ企業とは異なり、Distill社のソフトウェアは特許で保護されており、画像プロセス市場で強味を発揮します。

(関心分野)
現在、Distill社では日本の顕微鏡スキャンのソフトウェア市場に注目しています。特に、共焦点顕微鏡を利用する学術/産業研究所とリンクを持つ日本企業との提携に高い関心があり、共同してのパイロットプログラム実施を目指しています。また、日本市場への進出を目的に、日本のライフサイエンス市場の特性(例えば有力なハードウェアなど)について、日本企業からコンサルティングを受けることも前向きに考えています。

「マウスピースを利用したスポーツパフォーマンス管理及びヘルスモニタリング」

Professor Jeroen Bergmann
Associate Professor in Engineering Science and Director of the Oxford Healthtech Labs

(概 要)
ANDA-guardはOxford大学の理工学部(Department of Engineering Science)が開発するマウスピース形状の製品です。口腔内の状態から健康状態を測定するプラットフォーム技術を開発中で、この技術は複雑な条件や過酷な環境でも作動し、スポーツ界や救急救命の現場、軍隊や産業保健の場面など様々な分野への応用が期待されています。一連のシステムの実証実験は広く行われており、開発を支援する国際的企業数社との協働体制を既に開始しています。  

(関心分野)
日本企業からの直接投資を希望するほか、この分野に特化した将来的な共同開発を目指しています。

参加費

無料

主催

MDF(次世代医療システム産業化フォーラム)
Oxford University InnovationOUI
O-BIC(大阪外国企業誘致センター)

後援

英国総領事館
一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

お問い合わせ先

MDF(次世代医療システム産業化フォーラム)事務局
大阪商工会議所 産業部 ライフサイエンス振興担当
Tel:06-6944-6484、E-mail:bio@osaka.cci.or.jp

pagetop