Menu

イベント

国際連携ウエビナー 日本×英国(スコットランド)バイオフォトニクス先端研究最新情報 フォトニクス生命工学によるバイオ・医療分野での課題解決への挑戦

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

この度, バイオコミュニティ関西バイオフォトニクス分科会では英国政府機関スコットランド国際開発庁、フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)、英国レーザー光源開発企業Chromacity社(フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)メンバーとともに日本(関西)― 英国(スコットランド)連携ウエビナー開催することとなりましたので、ご案内させていただきます。
今回日本(関西)―英国(スコットランド)国際連携初回ウエビナーでは、バイオフォトニクス集積地である関西×スコットランドそれぞれの取り組みの紹介後英国スコットランドよりDr C.Hoskins University of Strathhclye, Dr J. Taylor University of Glasgow, バイオコミュニティ関西バイオフォトニクス分科会よりDr. Kazuki Bando, Dr Hidenori Nagai をお招きしてご講演いただきます。

クリックするとPDFが開きます

Scotland - Japan Biophotonics webinar - Draft programme V2 in Japanese- 23 Feb.pdf

日時2023年3月27日(月) 17:00-18:30

会場オンライン(ZOOM)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
17:00- ご挨拶
Chromacity Ltd
Mr B. Frossard,
17:05- バイオコミュニティ関西(BiocK )の紹介
バイオコミュニティ関西副委員長兼統括コーディネーター
坂田 恒昭
17:15- フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)の紹介
フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)
Dr A. McLeod
17:25- Leveraging photonics for thermally responsive cancer nanomedicine
University of Strathclyde
Dr. C. Hoskins
17:35- High-speed two-photon light-sheet fluorescence lifetime microscopy using ultrafast lasers and a time-correlated single photon counting array
University of Glasgow
Dr J. Taylor,
17:45- 多点同時ラマンプレートリーダー
Multi-point simultaneous Raman plate reader
Osaka University
Dr. K. Bando
17:55- マイクロ流体デバイスを用いた感染症の迅速検出
Rapid detection of pathogens using microfluidic devices
Osaka University
Dr. H. Nagai
18:05 - 質疑応答及び今後の進め方
全員

参加費

無料(事前申し込み制)

主催

バイオコミュニティ関西バイオフォトニクス分科会、フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)、Chromacity Ltd(フォトニクススコットランド(テクノロジースコットランド)会員企業)、スコットランド国際開発庁

共催(予定)

バイオコミュニティ関西(BiocK)、関西医薬品協会、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議 、公益財団法人都市活力研究所

協力(予定)

LINK-J、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

お問い合わせ先

スコットランド国際開発庁 担当金谷保恒 e-mail:Yasutsune.kanatani@scotent.co.uk

クリックするとPDFが開きます

Scotland - Japan Biophotonics webinar - Draft programme V2 in Japanese- 23 Feb.pdf

日時2023年3月27日(月) 17:00-18:30

会場オンライン(ZOOM)

参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

おすすめイベント

pagetop