Menu

イベント

第7回 DIA CMCフォーラム ICH Q11 及び Q11 Q&A を正しく理解しよう!

18304_1.png クリックするとPDFが開きます

今回のDIA CMCフォーラムでは、ICH Q11ガイドライン「原薬の開発と製造ガイドライン」及びそのQ&Aを正しく解釈するとともに、同業他社あるいはPMDAで審査に携わる方々と率直に意見交換し、今後の原薬開発及び製造にQ11ガイドラインを有効活用するためのヒントを得ていただく場を提供します。


日時:2018年6月18日(月)09:30-17:30

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間       講演内容
9:30-10:00 参加受付
10:00-10:15 開会の挨拶
DIA Japan
植村 昭夫

プログラム委員長/国立医薬品食品衛生研究所
香取 典子
10:15-12:00 基調講演
厚生労働省における医療機器レギュレーションの視点
厚生労働省 
中井 清人
10:00-12:00
セッション1: 講演の部(1)
セッション座長
国立医薬品食品衛生研究所
檜山 行雄

Q11ガイドラインについて
大塚製薬株式会社
仲川 知則

Q11 Q&A作成の背景及び解説
国立医薬品食品衛生研究所
奥田 晴宏
12:00-13:00 昼食
13:00-14:00
セッション2: 講演の部(2)
セッション座長
国立医薬品食品衛生研究所
坂本 知昭

原薬審査における現状と今後の期待
ファイザー株式会社
山田 純
14:00-14:20 休憩
14:20-17:30
セッション3: グループディスカッション
グループディスカッションに関する説明
大日本住友製薬株式会社
石川 英司

グループディスカッション

グループディスカッション発表及び全体討論
ファシリテーター
第一三共株式会社
濱浦 健司

国立医薬品食品衛生研究所
香取 典子
17:10-18:40 情報交換会

主催

一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン

お問合せ

一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン
E-mail: Japan@DIAglobal.org
Tel: 03-6214-0574
Fax: 03-3278-1313

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop