Menu

イベントレポート

BioJapan 2019出展レポート

LINK-Jはパシフィコ横浜で開催されたBioJapan2019(10月9日-10月11日)にブースを出展しました。今回は、入り口付近の位置であったこともあり、三日間で、約400名の方々にブースにお立ち寄りいただき、LINK-Jの活動および三井不動産ライフサイエンスイノベーション推進部の事業について、国内外の多くの皆様に紹介させていただきました。

IMG_1187.JPG

ブース内では、三日間に渡り、デジタルヘルスに特化したスタートアップ総合支援プログラム「TECH FOR LIFE」(株式会社INDEE Japan主催、LINK-J共催)のピッチコンテストで最優秀賞を受賞した株式会社HERBIO、優勝賞を受賞した株式会社Aikomiの方に、ショートプレゼンテーションを行っていただき、PRをして頂きました。ピッチコンテストを講評いただいた瀬尾亨様(ファイザー/LINK-Jサポーター)にモデレートして頂き、場を盛り上げて頂きました。

IMG_1323.JPGIMG_1194.JPG
左:ニック・ハード様(株式会社Aikomi)、右:丸井朱里様(株式会社HERBIO)

10月10日には、厚労省主催のジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット(JHVS)の「ミートアップ」がハーバーラウンジにて行われました。「ライフサイエンスとテクノロジーの機会とスタートアップの創り方」をテーマに、理事兼事務局長の曽山明彦、および本荘修二様をプロデューサー、津嶋辰郎様(INDEE Japan)をモデレーターとし、パネルディスカッションを行いました。

IMG_7481.JPGIMG_7456.JPG

LINK-Jで主催しているL×T bridgeシリーズ(第4回を9月に開催)も、本ミートアップを皮切りに開催されているイベントでございます。今回は、パネリストにニック・ハード様(Aikomi)、原聖吾様(MICIN)、松田敦義様(Logbii)の三名がパネリストとして登場し、議論を展開しました。

同日、横浜市経済局国際ビジネス課主催の「地域への対日直接投資カンファレンス(RBC)ビジネスマッチング&ネットワーキング」が、リストランテ アッティモにて行われました。


これは、横浜市が、米国・ドイツの製薬、再生医療の関連企業9社を招へいし、日本企業とのマッチング機会を提供、ビジネスパートナー発掘を支援するものです。LINK-Jは、横浜市と連携し、事前の呼びかけに応じたLINK-J企業7社に、ビジネスマッチングの機会を提供いたしました。(横浜市のリリースはこちら

IMG_1254.JPG

10月11日には、会場内のメインステージにて、経済産業省ヘルスケア産業課主催によるパネルディスカッションが行われました。「ヘルスケア分野におけるイノベーション創出を目指して」をテーマに議論されたセッションにて、曽山が登壇しました。

IMG_0227.JPG

今回の出展では、多くの方にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。
ブース内では、訪問していただいた方々にドリンクサービスを行い、よりLINK-JやMITSUI LINK-Labについて知っていただく機会となりました。

IMG_1314.JPGIMG_1327.JPG

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop