Menu

イベント

ボーングローバル研究交流会 タウンホールミーティング#10

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    20201209jBornGlobalTownHallMeeting.pdf

ボーングローバル研究交流会10では下記3件のインタビューを予定しています。

① 実績あるスタンフォード大学の起業アプローチに基づいた CVC向けの新投資戦略とは

② 国内ベンチャーキャピタル市場の鳥瞰図、ベンチマーク情報からわかること

③来年1月から始まるスタートアップピッチイベントのプレビュー

◉午前8時開始のインタビューは、スタンフォード大学教授・Force12 Ventures代表パートナーのMike Lyonsさんをゲストに迎えて、「実績あるスタンフォード大学の起業アプローチに基づいた CVC向けの新投資戦略」をお聞きします。本インタビューは英語です。

◉午前8時45分ごろから開始予定のインタビューには、日本発の本格的ファンド・オブ・ファンズを2002年から運営しているAIキャピタル社長・CIOの佐村礼二郎さんを迎えて、「日本国内ベンチャーキャピタル市場の鳥瞰図・ベンチマーク情報からわかること」についてお聞きします。

◉午前9時30分ごろから開始予定のインタビューには、普段インタビュアーとして参加いただいているファイザーの瀬尾 享さんをスピーカーに迎え、研究交流会の協力者として来年1月開始に向けて準備中のピッチイベント(ボーングローバル・フォーラム)の進捗状況や、ご紹介を予定するスタートアップについてお話をお伺いします。


日時

2020年12月9日(水)8:00~10:00 (バーチャルラウンジ 10:00〜11:00)

会場

オンライン開催(Zoom Webinarとバーチャル・ラウンジを使用します


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 項目 (プログラムは予告なく随時更新されます)*11月12日更新 会員・有料参加者用バーチャル・ラウンジ
8:00- 8:45 Part I: インタビュー① ー Mike Lyons, Managing Director, Force12 Venture 英語インタビュー
A New investment strategy for CVC based on a proven successful Stanford Entrepreneurship Approach
10:00 - 11:00

・バーチャル・ネットワーキング
・ゲストスピーカーとの面談
8:45- 9:30 Part II: インタビュー② ー AIキャピタル  佐村礼二郎
国内ベンチャーキャピタル市場の鳥瞰図・VCベンチマークの出現が意味すること
9:30‐
10:00
Part Ⅲ: インタビュー③-ファイザー 瀬尾 享
ーングローバルと開発を進めるスタートアップピッチイベントのプレビュー

出演者

出演者 プロフィール
ゲストスピーカー①
Mike Lyons
(VC, Consultant)
Managing Director
Newline Ventures
Force12 Ventures; Combining a tech venture foundry with a venture fund focused on cyber risk, targeting exits within a 5 year timeline.
ゲストスピーカー②
佐村 礼二郎 氏
(FOF/AM)
代表取締役社長 CIO
AIキャピタル
2017年からAIキャピタルの代表取締役、CIOを兼任。日本におけるグローバルなPE、エネルギー・インフラなどのリアルアセット投資に加え、日本国内のPE・VC投資も守備範囲に持つアセットマネジャー。AIキャピタルは2002年に日本にて最初のFOFビジネスを開始した会社。
ゲストスピーカー③
瀬尾 享 氏  
ファイザー社
ワールドワイドビジネスデベロップメント
Scout & EvaluationのAPAC統括

ファイザー社の日本におけるオープンイノベーションの推進、ベンチャーなどのエコシステム構築に携わる。
インタビュアー

池野 文昭 氏
医師
スタンフォード大学
メドベンチャーパートナーズ(兼務)


2001年からスターンフォード大学循環器科で研究を開始。14年からはStanford Biodesign Advisory Faculty。メドベンチャーパートナーズの創業パートナー兼、チーフメディカルオフィサー。

劉 瀟瀟 氏
三菱総研コンサルタント

三菱総合研究所プラチナ社会センター コンサルタント。2019年7月よりUC San Diego客員研究員。研究分野は、日米中のマーケティングおよびイノベーション。東洋経済オンラインにてコラム連載中。

アストリア 沼澤 成男(コーホスト)
(株)デンソー 担当部長(兼務)

アストリアのコーポレートベンチャリングアドバイザリー部門長兼チーフストラテジスト。(兼務)デンソー東京支社勤務。デンソー にて、多分野の新規事業創出、グローバルなオープンイノベーションを歴任。

総合司会 森本 晴久 (主催)
アストリア MD

BornGlobal Forum (2016-)とAstoria Investor Forum (2001-)の主催者。
政策研究大学院大学 黒川研究室 客員研究員。

対象者

大手企業のオープンイノベーション担当者、新規事業開発担当者、R&D担当者、VC、スタートアップ企業、アカデミア、医療関係者など

参加費

先着150名まで無料

参加費 (一般視聴者向けの基本サービス)
ボーングローバル
研究交流会
バーチャル・ラウンジ
一般:シンプルにウェビナーで視聴 無料(定員150名) 対象外
ウェビナー/録画視聴+バーチャルラウンジへのアクセス+FORUM
(ピッチイベント) 参加

一般

2,000円 ← 4,000

協賛・LINK-J会員

1,000円 ← 3,000

定員

先着150名まで無料

主催

主催:Astoria Consulting Group, LLC
協力:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J), Pfizer, J-Startup, BioLite Japan

お問い合わせ先

Astoria Consulting Group, LLC
E-mail: infinity@astoriacg.com

pagetop