Menu

イベント

【ウェブ配信】北海道大学C O I 『食と健康の達人』拠点 Inclusive Life in Society 5.0

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    フォーラム_web用チラシ_.pdf

北海道大学COI*は、2015年から『食と健康の達人』拠点として、“母子が笑顔で幸せに暮らせるまち”の構築を、岩見沢市、企業40社以上と取り組んで参りました。世界に類を見ない“妊産婦、出産、子供の成長を食、腸内環境、母乳等コホート研究、分析、家族に返す仕組み「母子健康調査」を実施し、2014年10.4%だった低出生体重児を2019年6.3%へ低減してきており、市で出産される方が希望すれば全員が参加できます。
 今回、内閣府「次期科学技術・イノベーション基本計画の共創に向けた全国キャラバン」のフォーラムとして、with/after コロナ時代に向け、女性が生きやすい社会、少子化、働き方を“自分ごとの社会課題”として新しく捉え直し、自分たちの生き方の選択肢を増やし、子供が、家族が笑顔で暮らせる社会に向けた課題の抽出、次世代技術、地域を含めた未来の社会像、Inclusive Lifeを議論します。 *COI (Center of Innovation)は、文部科学省・JSTの実施プログラムです。


日時

2020年12月4日(金)14:00-16:00

会場

オンライン


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

本イベントにはZoomウェビナーを使用します。ウェビナーにて参加の方は、セッション中の質疑応答やアンケートにご参加いただけます。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

総合司会:吉野 正則氏(北海道大学C O I 『食と健康の達人』拠点 拠点長)
オープニング
14:001405 趣旨説明 吉野 正則 氏
特別講演
14:0514:25 講演者:梶原 ゆみ子 氏 (総合科学技術・イノベーション会議議員,富士通 理事)
パネルディスカッション1 「母子の健康と子どもの未来」  
14:25~1500

モデレーター:玉腰 暁子氏(北海道大学 大学院医学研究院 教授)
 パネリスト:福岡 秀興氏(日本DOHaD学会 代表幹事)
       留目 真伸氏(SUNDRED 代表取締役)
       武田 安弘氏(森永乳業 研究本部食品開発研究所 所長)
       馬詰 武氏( 北海道大学病院 産科 助教、病棟医長)

特別講演  
15:00~15:15 講演者:荒田 尚子 氏(国立成育医療研究センター プレコンセプションケアセンター 母性内科)
パネルディスカッション2 「Inclusive Life 社会変革と地域連携に向けて」
15:15~15:50 モデレーター:宮寺 伸明 氏(ORSO)
       松野 真由子 氏(日立製作所)
 パネリスト:荒田 尚子 氏( 国立成育医療研究センター)
       曽山 明彦 氏( LINK-J 理事)
       坂梨 亜里咲 氏(MEDERI 代表取締役)
       西村 宏美 (日立製作所)
       tba  (岩見沢市)
クロージング
15:50~16:00 総評・ご挨拶:吉田 直樹 氏(三菱総合研究所 参与、SUNDREDパートナー、JapanInnovationNetwork フェロー)        斉藤 卓也 氏(文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長)
 

参加費

無料

申込締切:12月3日(木)

主催

主催:北海道大学COI『食と健康の達人』拠点、内閣府 
共催:岩見沢市(仮)、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)、SUNDRED 株式会社(仮) 
後援:国立研究開発法人科学技術振興機構(仮)、プラチナ構想ネットワーク(仮)、健康経営研究会(仮)
連携:国立成育医療研究センター(仮)、株式会社日立製作所 日立北大ラボ

お問い合わせ先

北海道大学 産学・連携協働推進機構FMI 推進本部
TEL:011-706- 9602  MAIL:coi-event@fmi.hokudai.ac.jp

pagetop