Menu

イベント

京浜臨海部における 新型コロナウイルス感染症対策の研究開発

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    01-2 チラシ.pdf

新型コロナウイルス感染症克服に向けて科学技術はどのように貢献しているのでしょうか。
京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区の区域内において、新型コロナウイルス感染症対策の研究開発に携わる方々からご講演いただきます。本セミナーは、神奈川県、横浜市、川崎市の各自治体と、ライフサイエンス領域のイノベーション創出に向けたMOUを締結しているLINK-Jの共催で実施します。新型コロナウイルス感染症対策の研究開発の成果の共有に留まらず、参加する皆さまの知見を深めるセミナーとなっております。神奈川県随一のライフサイエンス分野のクラスターである京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区の「今」をお見逃しなく!


日時

2021年1月28日(木)17:00-18:00

会場

オンライン(ZOOM ウエビナー)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

※応募締切1月26日(火)
本イベントにはZoomウェビナーを使用します。ウェビナーにて参加の方は、セッション中のアンケート等にご参加いただけます。事前に参加登録をお済ませください。
・視聴時間になりましたらイベント数日前に送信されるメールに記載されたURLよりお入りください。
・ウェビナー操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。
・配信内容の録画・録音はご遠慮ください。

プログラム

時間 内容
17:00-17:05 はじめに 横浜市経済局
17:05-17:35 モデレーター・登壇者による講演
【モデレーター】
宮田 満 氏(株式会社宮田総研 代表取締役社長)

【登壇者】
梁 明秀 氏(横浜市立大学大学院 医学研究科 微生物学 教授)
「新型コロナウイルス感染症に対する検査法の開発」

森本 拓也 氏(花王株式会社 安全性科学研究所 プロジェクトリーダー)
「新型コロナウイルス感染症に産学で挑む~VHH抗体の可能性~」

穂積 克宏 氏(神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 ライフイノベーション担当課長)
「新型コロナウイルス感染症に係る最先端技術からのアプローチ」

17:35-17:55 モデレーター・講演者によるパネルディスカッション
「withコロナ afterコロナ」
17:55-18:00 結び
曽山 明彦(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)
「国内外連携の取組」


※当日の状況によって時間が前後する場合がございます。
※各登壇者は変更になる場合がございます。

京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区について

tokku_photo.jpg神奈川県、横浜市、川崎市の京浜臨海部は、国から「国際戦略総合特区」として指定されています。 神奈川県、横浜市、川崎市は、特区のメリット(税制支援や金融支援など)を利用して、京浜臨海部に集積する産業基盤等の地域資源を最大限に活用しながら、医薬品・医療機器産業を活性化させ、経済成長とライフイノベーションの実現に向けた取組を推進しています。詳細はこちら

参加費

無料

定員

ご参加には事前登録が必要です。応募者多数の場合には先着順とさせて頂くことがございます。ご了承ください。

登壇者

プロフィール
宮田先生.jpg 宮田 満 氏 株式会社宮田総研 代表取締役社長
東京大学理学系大学院植物学修士課程修了後、1979年に日本経済新聞社入社。日経メディカル編集部を経て、日経バイオテク創刊に携わる。1985年に日経バイオテク編集長に就任し、2012年より現職。厚生労働省厚生科学審議会科学技術部会委員、日本医療研究開発機構(AMED)革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業評価委員など、様々な公的活動に従事。

梁様.jpg 梁 明秀 氏 横浜市立大学大学院 医学研究科 微生物学 教授
ハーバード大学医学部研究員、国立感染症研究所エイズ研究センター 第一研究グループ長を経て、2009年に横浜市立大学医学系研究科 微生物学・分子生体防御学 教授に就任。2018年からは横浜市立大学大学院医学研究科医科学専攻長及び先端医科学研究センター プロテオーム解析センター長を兼任する。2020年3月には新型コロナウイルス感染症患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功、また、同4月には新型コロナウイルスの抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の開発に成功した。現在は複数の企業との共同研究や複数の研究事業を通じて検査キットを開発に従事し、医療現場での適切な診断や感染の拡大阻止に貢献している。

森本様2.PNG 森本 拓也 氏 花王株式会社 安全性科学研究所 プロジェクトリーダー
微生物の染色体複製開始機構の研究で博士号を取得。その後も大学で微生物ゲノム研究、感染症研究など基礎研究に携わる。2011年に大学の研究者から転身して花王に入社。政府研究開発プロジェクト(産学連携プロジェクト)に参画し、バイオリファイナリー研究に従事した後、2015年から花王で微生物・ウイルス制御研究のリーダーを務める。
穂積様.jpg 穂積 克宏 氏 神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 ライフイノベーション担当課長
県庁在職33年。化学職。県の環境・エネルギー分野の政策推進に長く携わる。現所属ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室では、理研やベンチャー企業と連携し、新型コロナウイルス迅速検出法(スマートアンプ法)の普及に取り組む。『ワンピース』、『鬼滅の刃』などのマンガ好き。

主催

主催:神奈川県、横浜市、川崎市(京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区)
共催:LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J Email:contact@link-j.org

pagetop