Menu

イベント

アフリカでのヘルスケア分野におけるイノベーション最前線

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

第16回 LINK-Jオンライン・ネットワーキング・トーク

イノベーションの最先端が今アフリカで起きています。
レガシーや既得権益者が少ないため、リップフロッグ・イノベーション(蛙飛びイノベーション)と言われる、先端技術・ビジネスモデルを使ったメディカル・ヘルスケアビジネスが次々と生まれています。
今回はJETRO元ナイロビ所長で、現ビジネス展開・人材支援部 海外サプライチェーン多元化等支援事業支援事務局 主幹を務める直江 敦彦氏に、日本とアフリカのビジネスの現状についてお話しいただきます。
アフリカの最新ビジネス現状に続き、アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)創業者、代表パートナーを務める椿 進氏に、アフリカにおけるメディカル・ヘルスケアビジネスの俯瞰と総括についてご紹介いただきます。
その後、リップフロッグ・イノベーションを体現しているアフリカのメディカル・スタートアップ企業二社の取り組みについてお話を伺います。
アフリカにおけるイノベーションの先端事例を皆様にお届けします。

使用言語:日本語・英語(同時通訳なし)
     英語字幕利用可能(オン/オフは自由に選択できます)
※字幕は市販されているアプリを使用しており、LINK-Jは誤訳、訳文の欠落など、字幕に関する一切の責任は負えませんので、ご了解願います

字幕利用方法:クローズドキャプションの管理と表示


日時

2021年8月27日(金)16:00-17:30

会場

オンライン(ZOOMウエビナー)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

・本イベントにはZoomウェビナーを使用します。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
・ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
16:00-16:01 オープニング - LINK-J
16:01-16:16 講演 「日本とアフリカのビジネス現状」※日本語
直江 敦彦 氏(JETRO ビジネス展開・人材支援部 海外サプライチェーン多元化等支援事業支援事務局 主幹)
16:16-16:31 講演 「アフリカにおけるメディカル・ヘルスケアビジネスの俯瞰と総括」※日本語
椿 進 氏(AAIC 代表パートナー)
16:31-16:41 講演 ※英語
Dr. Ifeoluwa Olokode(Head, Partnership of Helium Health)
16:41-16:51 講演 ※英語
Dr. Adham Yehia(Co-founder, Co-CEO of DrugStoc)
Dr. Chibuzo Opara(Co-founder, Co-CEO of DrugStoc)
16:51-17:21 パネルディスカッション、Q&A
モデレーター
椿 進 氏
パネリスト
直江 敦彦 氏
Dr. Ifeoluwa Olokode
Dr. Adham Yehia
Dr. Chibuzo Opara
17:21-17:22 クロージング - LINK-J
17:22-17:32 ネットワーキングタイム

※若干の延長の可能性がございます。

対象者

新興国/BOPでのヘルスケアに興味がある企業/人 、ヘルスケアイノベーションに興味がある企業/人、 新たなイノベーションを起こしている海外のベンチャーに興味がある人

参加費

無料(要事前登録)

登壇者

登壇者プロフィール
椿進_hp.JPG 椿 進
アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)創業者、代表パートナー、ビジネスブレークスルー大学、ビジネスブレークスルー大学大学院 経営学研究科経営管理専攻(MBA)教授

(株)ボストンコンサルティンググループ(BCG)、パートナー・マネージングダイレクターとして、ハイテク、情報通信、インターネット、メディア・コンテンツ分野において、事業戦略、M&A戦略、新事業立ち上げ、グローバリゼーション等のプロジェクトを実施。95年-96年にはサンフランシスコオフィス勤務。大手通信会社、大手携帯電話会社、大手電機メーカー、大手ハイテク部材企業、大手ゲーム会社、大手テレビ局、IT・ネット企業、消費財企業などのコンサルティングを15年にわたって経験。
2006年より上場会社代表取締役社長に就任。(株)タカラトミー、(株)竜の子プロダクション、(株)アトラス 等 などの社外取締役を歴任。

2008年に現アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)社を創業。代表取締役社長/代表パートナー就任
中国・東南アジア・インド・中東・アフリカなどの新興国において、新規事業育成、市場参入支援、M&Aおよびパートナー探索支援、事業転換支援など、コンサルティングと投資を通じて実施。2014年には日本初のアフリカ専用のファンドを組成。現在はアフリカ・ヘルスケア・ファンド(AHF)を運営中。

「超加速経済アフリカ: LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図(東洋経済新報社)」「日本企業のグローバル戦略入門(プレジデント社)共著」他執筆・ 講演多数

東京大学教養学部基礎科学第一学科卒 (バイオテクノロジー専攻)

Naoe_hp.jpg

直江 敦彦
日本貿易振興機構(ジェトロ)ビジネス展開・人材支援部 主幹

1993年のジェトロ入会後、日本企業の海外ビジネスを支援。本部及び福岡貿易情報センター、ラゴス事務所長(ナイジェリア)、ロンドンセンター所員(英国)、テヘラン事務所長(イラン)を経て、2014年8月~2020年9月までナイロビ事務所長。
ナイロビ所長として、初めて日本国外で開催されたTICAD6のビジネス併催事業※を運営し、ジェトロのアフリカでのスタートアップ関連事業を立ち上げたほか、アフリカビジネスに関する講演を多数実施。
※Japan Fair(約100社の日本企業出展展示会)、日アフリカビジネスフォーラム(安倍総理(当時)、ケニヤッタ大統領、日本企業トップ登壇)。

TWOL_WEBOpt_Ifeoluwa-Olokode-by-Kunmi-Owopetu.jpg

Ifeoluwa Olokode
Head, Partnership of Helium Health

同社にて政府機関、国際機関、民間企業などの戦略的パートナーシップの立案、実行を担当。
これまでにニューヨーク、ロンドン、ラゴスのスタートアップでMIT Solve, Johnson & Johnson, Merck KGaA, and Airbus Bizlabなどの大手機関との戦略的提携を実現。
Mount Holyoke College(アメリカ・マサチューセッツ)卒、生物科学を専攻。

adham_hp.jpg

Adham Yehia
Co-founder and Co-CEO of DrugStoc

1960年代に移民として初めてナイジェリアで医師となった父を持つ。同社創業前はナイジェリア国内で6万人以上の患者をもつ病院チェーンにマネージャーとして従事。
同国の医療の現場の課題を目の当たりにし、Chibuzo Oparaとともに同社を創業。University of Maastricht(オランダ)においてMPPH in Health Service Innovation修士号を取得

chibuzoO_hp.jpg

Chibuzo Opara
Co-founder and Co-CEO of DrugStoc

同社創業前はWHO, IFCなど国際機関とプライマリーヘルスケア、医薬品のサプライチェーン、データマネジメントなどの関連プロジェクトにコンサルタントとして従事。
2015年にDrugstocを創業し、ナイジェリアの医薬品サプライチェーンのDX化に取り組む。University of Maastricht(オランダ)においてmedicine & surgery and economics, policy and managementの修士号を取得。現在3児の父。

会社概要

会社名 概要
Helium Health

アフリカのヘルスケアエコシステムにおいてテクノロジーやデータドリブンを推進するナイジェリア発のヘルステック企業。
同社は電⼦医療記録EMRプロバイダーでナイジェリアを中心に現在300超の医療機関に展開。EMRにより月間で16万超の診断データが記録され、データを用いて患者、病院、医療従事者、医療保険会社、政府機関など様々なステークホルダー向けのデジタルサービスを提供する。
現在ケニアや他地域へのサービスの拡大を推進する。2017年 Y combinator選出。

DrugStoc

ナイジェリアの次世代型EC専業医薬品卸企業。同社は医薬品卸をDX化、24時間受付・ECでの製品販売・自社倉庫からの直配送を実現。7,000以上の医薬品、医療消耗品を取り扱う。ラゴス市内の医療機関(病院・クリニック)・薬局から注⽂が⼊り次第、24時間以内にデリバリーを⾏う。アリババ・ジャックマー財団が主催するAfrica Netpreneur Prize Initiative (ANPI) 2019のファイナリスト。

主催

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J

後援

JETRO_JP3.jpgのサムネイル画像

お問い合わせ先

LINK-J
E-mail:contact@link-j.org

pagetop