Menu

イベント

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性を探る特別なイベントを開催します。低分子および高分子創薬の実践的ツールを学び、幅広いモダリティをカバーする最新の技術をご紹介します。創薬DXに異なる立場から関わる株式会社ゼウレカ、株式会社MOLCURE、メルク株式会社の3社が集結し、それぞれの視点から未来へのビジョンを共有します。AI駆動型のソフトウェアによる創薬支援の最新技術や、高品質な学習データの役割、盲点になりやすいインフラの重要性など、多角的な視点で深く掘り下げます。また、いくつかのユーザー事例をご紹介しながら、デジタルトランスフォーメーションがもたらす具体的な成果を実感できる貴重な機会です。パネルディスカッションやネットワーキングセッションを通じて、創薬研究におけるDx導入のヒントやきっかけを得ながら、未来を切り拓くためのインスピレーションを手に入れましょう。

日時2024年6月28日(金)17:30-20:30 (17:15~受付開始、19:30-20:30 リアル会場ネットワーキング)

会場
◎リアル会場:日本橋ライフサイエンスビルディング201大会議室
◎ネットワーキング会場:日本橋ライフサイエンスビルディング 10階ラウンジ
◎オンライン:Zoomウェビナー
参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

リアル会場:2024年6月27日(木)9:00 ※先着順 オンライン:2024年6月28日(金)19:30

プログラム

時間 内容
17:30-17:35 開会挨拶
Christopher Thomas 氏
メルク株式会社 メルクグループ日本総代表 代表取締役
17:35-18:00 "データ駆動型低分子創薬の未来~デジタルツールが拓く創薬DXの可能性~"
小松 寛
メルク株式会社 ライフサイエンス コマーシャルマーケティングマネージャー
18:00-18:30 "AIとHPCで加速する創薬研究―ゼウレカでの活用事例とTokyo-1の紹介―"
牧口 大旭
株式会社ゼウレカ Chief Technology Officer
18:30-19:00 "抗体デザインにおける進化分子工学と大規模言語モデルの活用"
玉木 聡志
株式会社MOLCURE 代表取締役CEO/CSO
19:00-19:30 パネルディスカッション
19:30-20:30 (リアル会場のみ)立食懇親会、名刺交換会、LINK-J Meet UPブース

登壇者

プロフィール
小松様jpg.jpg 小松 寛
メルク株式会社 ライフサイエンス コマーシャルマーケティングマネージャー

早稲田大学 理工学研究科 応用化学専攻 修士(化学工学)、東京理科大学 イノベーション研究科 技術経営専攻 技術経営修士(Management of Technology)。2017年よりメルク株式会社にて研究開発用製品のマーケティングに従事。Sigma-Aldrich®、Supelco®ブランドを中心とした化学・分析研究製品およびAI・MLを駆使した創薬支援ソフトウェアを提供するDigital Chemistry部門の日本統括。社内のe-Commerce推進プロジェクトや次世代化学者育成事業にも従事。
牧田様.jpg 牧口 大旭 氏
株式会社ゼウレカ Chief Technology Officer

バイオサイエンス業界のDry領域にて20年以上の幅広い経験を有する。
2002年三井情報開発株式会社に入社後、国内の多くの国立大学の研究室、独立研究開発法人、製薬企業、食品・化学・装置メーカー等のR&D部門にて、生命情報学の側面から研究を支援。研究成果の共著・発表・開発した手法等のシステム実装・並びにサービス化に至る実績多数。
2017年よりがんゲノムクリニカルシーケンスや質量分析器のSW開発などを含めた同社におけるバイオサイエンス部門を統括し業績拡大。その後、新規事業の構築を手掛ける中で計算創薬を中心としたAI創薬事業を模索、三井物産と連携しPoC等を推進。ゼウレカ社設立に至る。
2021年12月よりゼウレカ社へ出向経て、2023年1月入社。
玉木様.jpg 玉木 聡志
株式会社MOLCURE 代表取締役CEO/CSO

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士 (政策・メディア) 、慶應義塾大学 先端生命科学研究所 研究所員、日本学術振興会特別研究員特別研究員 (DC1)。2015年より株式会社MOLCUREにCSOとして参画、同社で人工知能と進化分子工学・実験ロボットを統合した次世代のバイオ医薬品探索技術の開発を行っている。2024年代表取締役に就任。

講演概要
小松氏講演概要 データ駆動型低分子創薬の未来~デジタルツールが拓く創薬DXの可能性~

AI技術の急成⻑により、製薬業界では独自のAI/ML技術を保有する企業間での積極的なパートナーシップが加速しています。こうした未来の「創薬DX」に向けて、創薬研究者をサポートする低分子スクリーニング、逆合成ルート解析、分析ソリューションのデジタルツールを紹介し、データ駆動型低分子創薬の可能性について講演します。

<本講演でご紹介する創薬DXツール>
低分子創薬スクリーニング:AIDDISON®
逆合成解析ソフトウェア:SYNTHIA®
デジタルリファレンスマテリアル:CHEMISTWIN™
牧口氏講演概要 AIとHPCで加速する創薬研究―ゼウレカでの活用事例とTokyo-1の紹介―

ゼウレカは、最先端のAIやシミュレーション等の最新コンピューター技術を駆使し、創薬研究における大幅な効率化と成功率の改善を実現して、病気に苦しむ患者様に良い薬を安く、迅速に提供することに貢献することを目標に、国内製薬企業様への支援、共創を推進しています。
AIや大規模な計算環境を活用した事例や、創薬研究のイノベーションハブとなるべく提供させていただいているスパコンTokyo-1の現在等を紹介させていただきます。

ゼウレカでは大規模Virtual Screening・FEP計算・Target Analysis等の受託解析サービスや共同研究、スパコン(DGX H100)の計算環境提供サービス等を提供しております。これらの分野でご相談がございましたら、以下の問い合わせ窓口までお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ:pr@xeureka.co.jp ホームページ:こちら
玉木氏講演概要 抗体デザインにおける進化分子工学と大規模言語モデルの活用 

近年、大規模言語モデルに代表される人工知能を用いたアプローチは、効率的な抗体創薬を行う上で大きく注目を集めています。MOLCUREでは進化分子工学とNGSを融合したプラットフォームを開発し、効率的に大量の実験データを取得することでオリジナリティのあるAI開発に取り組んでいます。本講演では弊社開発のAIによる抗体のde novo discovery・optimizationの事例について紹介いたします。 さらに詳細なお問い合わせ・ご相談は以下へご連絡ください。
お問い合わせ:contact@molcure.io  
ホームページ:こちら 

参加費

無料

定員

リアル会場:100名 オンライン:~1000名

主催

主催:メルク株式会社、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J contact@link-j.org

日時2024年6月28日(金)17:30-20:30 (17:15~受付開始、19:30-20:30 リアル会場ネットワーキング)

会場
◎リアル会場:日本橋ライフサイエンスビルディング201大会議室
◎ネットワーキング会場:日本橋ライフサイエンスビルディング 10階ラウンジ
◎オンライン:Zoomウェビナー
参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

リアル会場:2024年6月27日(木)9:00 ※先着順 オンライン:2024年6月28日(金)19:30

pagetop