Menu

特別会員開催イベント

日英におけるデジタルヘルス法規制とビジネス創出

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

「日英におけるデジタルヘルス法規制とビジネス創出」

オンライン診療やデジタル治療アプリ等、日本を含め、世界各国で医療・ヘルスケア市場でのデジタル技術の活用が始まっていますが、従来とは異なる評価方法が必要になる等、共通の課題もあります。英国では政府、NHSと企業が連携してデジタルヘルスの開発の指標、NICEによるevidence standards framework for digital health technologiesが2021年に改定されました。日英の現状について情報交換し、デジタルヘルスの開発を進める上での課題と今後の展望、日英連携での課題解決を模索します。


日時

2021年10月6日(水)17:00-18:30

会場

オンライン(Zoom)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

ご参加対象者: デジタルヘルス開発に関わる企業、行政など(学生の方はご遠慮ください)

プログラム

時間 内容
17:00 開会のご挨拶:
英国大使館 国際通商部 貿易担当 参事官 マリークレア・ジョイス
17:05 講演1:デジタルヘルスのクラス分類とエビデンス要件
Ms Jeanette Kusel, Director for Scientific Advice
NICE(National Institute for Health and Clinical Excellence)
17:20 講演2:デジタルヘルスの保険適用について(仮題)
Dr Indra Joshi, Director of AI, NHSX
17:35 講演3:プログラム医療機器実用化促進パッケージ戦略 DASH for SaMD
厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 プログラム医療機器審査管理室長 福田 悠平氏
17:50 パネルディスカッション
18:20 質疑応答
18:30 閉会

参加費

無料

定員

500名 *ご参加には事前登録が必要です。先着順となりますので、ご了承ください。

主催

英国大使館・英国総領事館 国際通商部
株式会社デジタルガレージ
MedCity

お問い合わせ先

英国大使館・総領事館
国際通商部 ライフサイエンスチーム
(LS.Japan.trade@fco.gov.uk)  
pagetop