Menu

イベントレポート

「第1回デジタルヘルスセミナー ~デジタルメディスンの新たな展開~」を開催(9/13)

9月13日(金)にワークスタイリング大阪本町 カンファレンスフィールド01・02および日本橋ライフサイエンスハブ(※ネット中継)で「第1回デジタルヘルスセミナー ~デジタルメディスンの新たな展開~」を開催いたしました。(主催:関西医薬品協会 共催:関西健康・医療創生会議、LINK-J 協力:三井不動産株式会社)


IMG_2371.jpgのサムネイル画像
関西医薬品協会では「関薬協ビジョン2025」の柱の1つである「イノベーション」の観点から、近年、活発化しているデジタルヘルスやビッグデータ、AIなどの製薬企業の取組みへの支援を進めています。関西健康・医療創生会議においても、この分野の自治体・アカデミアの取組みを関経連など経済団体が支援する形で推進しておりまた、LINK-Jも東京日本橋を中心にライフサイエンス分野の産学官の専門家の積極的な協業イベントを数多く行っています。

関西医薬品協会では、関西でのライフサイエンスのさらなる発展を目指し、関西健康・医療創生会議及びLINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)の協力を得て、デジタルヘルスセミナーをシリーズで開催していくことになり、今般、「第1回デジタルヘルスセミナー~デジタルメディスンの新たな展開~」を関西健康・医療創生会議及びLINK-Jの共催で、9月13日(金)にワークスタイリング大阪本町 カンファレンスフィールド01・02及び日本橋ライフサイエンスハブ(ネット中継)において開催しました。

セミナーでは、塩野義製薬株式会社デジタルインテリジェンス部長・小林 博幸氏及び田辺三菱製薬株式会社執行役員デジタルトランスフォーメーション部長・清水 良氏から、「製薬企業におけるデジタルメディスンの具体的な取り組み」について、また、関西健康・医療創生会議事務局長・落合 正晴氏から、「関西の大学連携による人材育成」について、それぞれ講演がありました。

当日は、大阪会場約100人、東京会場約170人が出席し盛況な会となりました。
LINK-Jでは今後も大阪・関西との連携を進め、今回のような同時中継イベントを企画していきます。
次回は12月に第2回を開催予定です。奮ってご参加ください!

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop