Menu

SANDBOX

LINK-J SCOOP 募集要項

趣旨

LINK-Jは、ライフサイエンスに関わる人々が「集まる」・「つながる」ための交流・連携と、そのなかで生まれたアイディアやイノベーションが「育つ」・「はばたく」ための育成・支援を行うことを目的に設立されました。そして、学生を中心とする次世代育成のプログラムとして、2017年度より"Sandbox"の取り組みを開始しました。

この"SCOOP"は、"Sandbox Co-operative Project"の頭文字を取ったもので、「砂場」で使う「スコップ」をモチーフにしています。様々な分野の学生・若者が集った場に、楽しく創造するための道具・手段を提供するという思いが込められています。この機会を通して、異分野の学生・若者が協働してライフサイエンス分野の課題にチャレンジし、成功体験や発信の機会を得て飛躍することを心より願っています。

募集の概要

応募期間 2018年5月7日(月)~5月18日(金)締め切りました。ご応募ありがとうございました。
※採択件数が、当該年度の予算に満たない場合、7月頃に第2次募集を行う可能性があります。
応募方法 件名に【SCOOP応募書類】を付け、所定の応募書類等をメールでお送り下さい。
送信先:contact@link-j.org(5/21までに受領確認が届かなかった場合はご連絡ください)
※プレゼンテーション動画は、動画共有サービスの限定公開/大容量ファイル送信サービス等をお使い下さい。
応募書類等
応募資格
(代表者)
ライフサイエンスに関心のある大学生、大学院生、研修医、ポスドク、新卒後3年未満の社会人(社会人の場合は35歳未満の者とする)
審査・採択 LINK-Jが、応募書類およびプレゼンテーション動画によって厳正に審査します。
審査結果は、募集締切後、およそ1カ月以内に代表者にメールで通知します。
採択後の流れ 採択された場合、プロジェクト代表者とLINK-Jは簡単な契約を交わします。
プロジェクト実施期間は、採択通知から原則として1年以内とします。
支援内容
  • プロジェクト実施経費の補助:上限は税込20万円
    • プロジェクトメンバーの旅費・交通費、印刷費・通信費、委託費・外注費とし、謝礼や人件費は認めません
    • 領収書が必要となります
  • LINK-Jの会議室等(日本橋)を、必要に応じて無料で貸し出し
  • LINK-Jのネットワークを通じて、専門家・研究者等を必要に応じてご紹介
  • プロジェクトが成果を出せるよう、進捗管理や中間発表の機会を設ける
その他
  • 代表者には、事務局が指定する期限(概ね3ヶ月に1回)までに、事務局に進捗報告を行っていただきます(A4判1枚程度の簡単な進捗報告)
  • 代表者には、LINK-J Sandboxで行われるOpen Conference(年2回実施予定)にて、プロジェクトの報告を行っていただきます(OCの出席に関する旅費については別途支給します)
  • 代表者には、プロジェクトの成果をWEB記事の形式で取りまとめて報告することをお願いします(LINK-J SandboxのWEBに掲載されます)
  • プロジェクトの成果を、学会・勉強会等で発表することは差し支えありません

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop