Menu

イベント

LINK-J & UC サンディエゴ 特別ウェビナー「UCサンディエゴにおける下水中のSARS-CoV-2検出の取り組み」~総合的な早期発見と感染防止対策でキャンパスを安全に~ ~東京大学大学院片山浩之教授による日本での取り組みもご紹介~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCサンディエゴ)は、コミュニティ内でSARS-CoV-2(COVID-19を引き起こすウイルス)を検出し、キャンパスでのウイルス感染を防止するため、多角的で積極的な戦略を導入しています。

UCサンディエゴでは、マイクロ・バイオームの権威であるロブ・ナイト教授の主導の下、下水の試料採取と検査を通じてウイルスの存在を特定することが可能になりました。下水監視プログラムでは試料採取装置をキャンパス52か所に設置し(12月中旬現在)、さらに今後数週間で100か所以上に拡大する予定です。現在、個々の採取装置はおおむね複数の建物を対象にしていますが、将来的にはできるだけ、1つの採取装置が1棟の建物を対象にすることを目標にしています。
ウイルスは感染者の胃腸管から排出され、感染初期の排泄物の中でも発見できます。UCサンディエゴでは、対人検査より平均して3〜5日前に下水からウイルスを検出しています。感染者の存在を早期発見できるので、感染者のケアや、隔離、他人への感染防止が可能になります。
これまでの経験から、この検査は高精度であることが分かっています。100人以上が住む複数の建物を対象とした試料採取装置で、単一の個人が排出したウイルスを検出することも可能です。このような能力は、これまでUCサンディエゴが大規模な感染クラスターの発生源とならずに済んだ多層戦略の重要な要素であったと言えます。
UCサンディエゴでこの取り組みに直接関与している2人の研究者をお招きして、下水中のSARS-CoV-2検出というタイムリーなテーマの特別ウェビナーを開催します。

さらに、東京大学大学院工学系研究科の片山浩之教授から、新型コロナウイルスの下水疫学調査の実用化に向けた取り組みも、ご紹介いただきます。片山教授のグループは、下水中からエンベロープウイルスを濃縮・検出する方法を最適化し、2020 年7 月に東京都で採水された流入下水から新型コロナウイルスRNA を検出することに成功しました。また、流入下水の水質の違いによる影響を受けにくい方法を提案しました。
広く日本において下水中のコロナウイルスRNA を測定することにより、感染流行状況の把握を可能とし、クラスターの早期発見など安全・安心社会の一助となる可能性があります。

使用言語:英語(同時通訳なし)
     英語字幕利用可能(オン/オフは自由に選択できます)
※字幕は市販されているアプリを使用しており、LINK-JおよびUC San Diegoは誤訳、訳文の欠落など、字幕に関する一切の責任は負えませんので、ご了解願います

字幕利用方法:クローズドキャプションの管理と表示


日時

2021年1月7日(木)9:00 – 10:00

会場

オンライン(ZOOMウェビナー使用)


参加申込

(外部サイトが開きます)

参加費

無料

参加方法

●peatixから申し込む
本イベントにはZoomウェビナーを使用します。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
開催当日に、Zoomより「 LINK-J & UC San Diego Special Webinar on “Wastewater Monitoring for SARS-CoV-2 at UC San Diego" Confirmation」という件名のメールが届きますので、お時間になりましたらそちらに記載のあるURLからご視聴ください。
※専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください

●zoomから申し込む
こちらからご登録ください。登録直後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。お時間になりましたらそちらに記載のあるURLからご視聴ください。件名は上記と同様です。

プログラム

(Japan Time)
9:00-9:05 Remarks - Aki Soyama, LINK-J and Miwako Waga, UC San Diego
9:05-9:35 Presentation - Prof. Rob Knight and Dr.Smruthi Karthikeyan “Tracking Covid-19 infection dynamics using high-throughput wastewater based surveillance”
9:35-9:55 Presentation - Prof. Hiroyuki Katayama
9:55-10:00 Final Q&A and Closing Remarks

登壇者略歴

プレゼンター

Professor%20Rob%20Knight.jpgProf. Rob Knight, Professor of Computer Science and Engineering (CSE) & Pediatrics; Director of the Center for Microbiome Innovation, UC San Diego

Rob Knight is the founding Director of the Center for Microbiome Innovation and Professor of Pediatrics and Computer Science & Engineering at UC San Diego. Before that, he was Professor of Chemistry & Biochemistry and Computer Science in the BioFrontiers Institute of the University of Colorado at Boulder, and an HHMI Early Career Scientist. He is a Fellow of the American Association for the Advancement of Science and of the American Academy of Microbiology. He was recently honored with the 2019 NIH Director’s Pioneer Award for his microbiome research. He received the 2017 Massry Prize, often considered a predictor of the Nobel. In 2015 he received the Vilceck Prize in Creative Promise for the Life Sciences.

Karthikeyan-Smruthi-v.jpgDr. Smruthi Karthikeyan, Postdoctoral Researcher, Knight Lab, Pediatrics, UC San Diego

Smruthi obtained her PhD in Environmental Engineering from Georgia Institute of Technology in Dec 2019, mainly specializing in environmental microbial genomics, working at the interface of microbial ecology, computational biology and engineering. As a part of her PhD thesis, Smruthi worked on developing integrated wet-lab and computational biology based approaches to model, predict and forecast ecosystem recovery patterns in benthic ecosystems affected by the 2010 Deepwater Horizon oil spill. Smruthi joined the Knight lab in March 2020 and is interested in using multi-omics approaches to provide a holistic view of environmental systems.

profile-katayama.jpg
Prof. Hiroyuki Katayama, Professor, School of Engineering, The University of Tokyo

1998年3月東京大学大学院博士課程修了(工学)、1997年4月日本学術振興会特別研究員(COE)、1998年4月東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 助手、2002年1月同 講師、同年8月同大学院新領域創成科学研究科環境学専攻 講師、2004年4月同大学院工学系研究科都市工学専攻 講師、2007年10月同 准教授、2016年9月-2018年8月 日越大学派遣を経て、2019年4月同 教授 兼担 水環境制御研究センター(現職)

The UC San Diego Center for Microbiome Innovationについて
The UC San Diego Center for Microbiome Innovation leverages the university’s strengths in clinical medicine, bioengineering, computer science, the biological and physical sciences, data sciences and more to coordinate and accelerate microbiome research. We also develop methods for manipulating microbiomes for the benefit of human and environmental health.
https://cmi.ucsd.edu/about-center

参加費

無料(要事前登録)

主催

主催:LINK-J、共催:UC San Diego

お問い合わせ先

LINK-J
Email:contact@link-j.org

pagetop