Menu

イベント

名古屋大学発!先進的な取り組み事例×展望 vol.1 ~医療機器、ヘルスケア分野での新しいイノベーションの創出~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

第21回LINK-Jオンライン・ネットワーキング・トーク

名古屋大学では、医療機器、ヘルスケア、創薬、医療情報サービスの各分野において、主に東海地区に所在する企業、地方自治体、他大学・研究機関と連携、当該分野の産業育成に貢献するとともにグローバルな展開を目指すため、名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 メディカルイノベーション推進室(MIU)を設立しました。
本イベントでは、バイオデザインや産学官連携など大学としての取り組みや、自治体連携事例などより具体的な事例の紹介や今後の課題などについて議論します。

◆イベントの雰囲気を知りたい方は、過去のイベントやレポートをご覧ください。


日時

2021年10月19日(火) 17:00-18:30

会場

オンライン(ZOOM ウエビナー)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

・本イベントにはZoomウェビナーを使用します。ウェビナーにて参加の方は、セッション中の質疑応答やアンケートにご参加いただけます。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
・ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

時間 内容
17:00-17:05

オープニング

17:05-17:15

名古屋大学の先進的な取り組み紹介
名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 メディカルイノベーション推進室

17:15-17:30

健康診断情報に基づく認知症の早期診断と予防治療法の開発
大学院医学系研究科神経内科学・教授 勝野 雅央 氏

17:30-17:45

児童の身体活動低下が身体機能に与える影響
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学・教授 杉浦 英志 氏

17:45-18:00

体腔内全体を可視化するパノラマビジョンリングの開発
大学院医学系研究科 呼吸器外科学 講師 中村 彰太 氏

18:00-18:25 MIUの紹介(MIUの機能、活動状況)、質疑応答など
名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 メディカルイノベーション推進室
大学院医学系研究科神経内科学・教授 勝野 雅央 氏
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学・教授 杉浦 英志 氏
大学院医学系研究科 呼吸器外科学 講師 中村 彰太 氏
18:25-18:30

クロージング
※質問が多い場合は10分程度延長の可能性あり

※内容が変更になる場合がございますがご了承ください。

参加費

無料(要事前登録)

登壇者

登壇者プロフィール
MK_151208.jpg 勝野 雅央 名古屋大学大学院医学系研究科神経内科学・教授
1995年名古屋大学医学部を卒業し、名古屋第二赤十字病院にて臨床研修。2003年名古屋大学大学院医学系研究科を修了した後、同客員研究員を経て2006年から名古屋大学高等研究院特任講師、2012年12月から名古屋大学大学院医学系研究科神経内科・准教授、2015年7月から現職。名古屋大学臨床研究教育学・教授およびメディカルイノベーション推進室・室長を兼任。主に運動ニューロン疾患・パーキンソン病・レビー小体型認知症の病態・治療研究を行っている。2009年日本学術振興会賞、2014年日本神経学会賞、2020年文部科学大臣表彰受賞。
写真(杉浦).JPG 杉浦 英志 名古屋大学大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学・教授
整形外科専門医、リハビリテーション科専門医・指導医を取得後、臨床・研究や後進の指導、理学・作業療法を中心にコメディカルの教育などに携わっている。日本リハビリテーション医学会代議員、日本サルコーマ治療研究学会評議員を務め、高齢者の健康寿命延伸、小児の身体機能低下予防、がんリハビリテーションをテーマとして学会活動を行っている。
略歴
1985年 国立富山医科薬科大学 医学部医学科卒業
1987年 市立岡崎病院 整形外科医員
1989年 厚生連渥美病院 整形外科医員
1991年 名古屋大学 整形外科医員
(1993年 イタリアボローニャ大学骨腫瘍センター 留学)
1995年 名古屋記念病院 整形外科部長
2000年 名古屋大学 整形外科講師
2002年 名古屋大学整形外科 助教授
2003年 愛知県がんセンター 整形外科部長
2015年 名古屋大学大学院医学系研究科 総合保健学専攻教授
現在に至る
中村.JPG 中村 彰太 名古屋大学 大学院医学系研究科 呼吸器外科学 講師
2003年愛知医科大学医学部医学科を卒業し、大垣市民病院にて初期研修および胸部外科医員として後期研修、2008年から国立がん研究センター中央病院にて外科レジデントとして腫瘍外科学を学ぶ。2011年から名古屋大学医学部附属病院呼吸器外科医員。2013年名古屋大学大学院医学系研究科を早期卒業した後、同年から名古屋大学医学部附属病院病院助教、2016年にオーストリア・ウィーン医科大学・胸部外科でクリニカルフェロー、2017年から名古屋大学医学部附属病院・病院講師、2020年から現職。外科医として臨床業務に従事するとともに、研究課題は主に手術に関連した医療技術・機器開発を行っている。

主催

主催:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J
共催:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 メディカルイノベーション推進室(MIU)、名古屋大学卓越大学院プログラム「CIBoG

お問い合わせ先

LINK-J
E-mail:contact@link-j.org

pagetop