Menu

イベント

第12回 LINK-J ネットワーキング・ナイト WITH SUPPORTERS ドクターとAI の協力が もたらす医療現場の革新

180420_NWN12_1.png

AIと医療現場との距離は現在どれほど近づいているのでしょうか?活用に向けた課題は?AIを有効に活用したときの医療はどうなるのでしょうか?最先端のハードウェア、サービス、そして医療現場の取り組みをご紹介する本講演は、臨床現場のドクターや、AI開発に携わる者にとって必見の内容です。


日時:2018年4月20日(金)18:00-21:00

会場:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

18:00 - 開会、L INK-J 紹介
18:05 - 挨拶(津田氏)
18:10 - ご講演(山田氏、阿部氏、目々澤氏)
19:40 - パネルディスカッション
20:00 - ネットワーキング

登壇者プロフィール

山田 泰永
エヌビディア合同会社
エンタープライズ事業部 マネージャー メディカル・ライフサイエンス
ビジネス責任者 兼スタートアップ・技術パートナー支援担当
「医師と共存するAI」

阿部 吉倫
Ubie 株式会社 共同代表取締役 医師
「 AI 問診で医療を redesign する」

目々澤 肇
東京都医師会 理事(医療情報担当)
目々澤醫院 院長(脳神経内科医) 
日本医科大学 非常勤講師(神経・脳血管内科、医学博士)
「将来、診療所のデスクトップでAI が役立てることはあるか?」

津田 真吾(LINK-J サポーター)
株式会社インディージャパン 代表取締役 テクニカルディレクター

主催

LINK-J

参加費

500円(LINK-J会員)/ 2000円(非会員)

※飲みもの、軽食付(懇親会)
※LINK-Jサポーター・会員の方は、割引コードをお伝えしますので、LINK-Jまでご連絡ください。

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop