Menu

特別会員開催イベント

京大テックフォーラム「ヒトを再現するボディ・オン・チップ 〜創薬、疾病解明の新ツール〜」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   20211102京大テックフォーラム.pdf

京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催しています。
今回は「ヒトを再現するボディ・オン・チップ 〜創薬、疾病解明の新ツール〜」をテーマに、小さなチップに人体の環境を再現する「ボディ・オン・チップ」の技術開発に取り組まれている京大研究者2名よりオンラインでご講演頂きます。開発技術のご紹介や、今後の実用化に向けた可能性などに関心がある方は是非ご参加ください。
※お申込み頂いた方でご希望の場合には、開催後の別日程で登壇教員との個別面談(産学連携に関するものに限定)が可能です。


日時

2021年11月2日(火)13:30-15:30

会場

オンライン(Zoom)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

申込締切2021年10月22日(金)
(ただし、申込多数の場合、締切日前でもお断りする場合がありますので予めご了承ください。)
※オンラインセミナーは、Zoom(ウェブ会議室システム)を使用します。
※参加者はパソコンなどの端末、ネット環境が必要です。
※お申込者以外の方は視聴できませんので、予めご了承ください。
※お支払い期限までにご入金済みの方へ、オンラインセミナー開催前日までにZoomへの接続情報をご登録のアドレスに電子メールにてお送りします。

プログラム

時間 内容
13:15 受付開始
13:30〜13:40 開会挨拶
13:40〜14:30 講演1
平井 義和(京都大学大学院 工学研究科 講師)
「ナノ・マイクロ工学に基づく「ボディ・オン・チップ」技術」
ナノ・マイクロ工学を使って小さなチップでヒト体内を再現するボディ・オン・チップが注目されている。デバイス開発のポイントとなるヒト体内の環境を「つくる」、細胞の様子を「はかる」ための要素技術を紹介する。
14:30〜14:40 休憩
14:40〜15:30 講演2
亀井 謙一郎(京都大学 高等研究院 准教授)
「iPS細胞とボディ・オン・チップ」
iPS細胞の発見は、再生医療の実現に貢献するだけでなく、生体外においてヒト組織を再現するボディ・オン・チップ開発も飛躍的に発展させた。
今回は、デバイスがどう創薬や疾病解明に貢献できるか、紹介する。
15:30 閉会挨拶

参加費

2,000円(税込)
※銀行振込、入金締切日:2021年10月26日(火)
※振込先等の詳細については、お申込み受付の際に事務局からお送りするメールにてお知らせいたします。 

定員

100名程度

主催

主催:京都⼤学産官学連携本部、京⼤オリジナル株式会社
後援:株式会社 TLO京都

お問い合わせ先

京大オリジナル株式会社 コンサルティング事業部  担当:神谷・植田 E-mail:event1@kyodai-original.co.jp
pagetop