Menu

特別会員開催イベント

令和3年度 上級者臨床研究コーディネーター養成研修(大阪大学医学部附属病院)

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   上級者CRC養成研修ポスター2.pdf

本研修会は、厚生労働省 臨床研究総合支援事業 臨床研究・治験従事者等に対する研修プログラムの事業として、大阪大学医学部附属病院が主催・実施します。

1.研修の目的
臨床研究・治験の実施において、実施医療機関の上級者臨床研究コーディネーターには、臨床研究に関わる人々に対する高度なコーディネート能力を有し、リーダーシップをとることが求められます。また、多様な臨床研究・治験に対応するために、臨床研究の方法論についての最新の知識を有し、倫理的、法的、社会的課題に対応することができる専門職であるべきです。今回の研修は、上級者臨床研究コーディネーターに求められる知識を学び、さらに質の高い臨床研究の推進に寄与できる人材の育成を目的として実施します。

2.研修対象者等
これまでの参加者の傾向を考慮し、レベル別の研修を設けることにいたしました。
当施設では、Basic(CRC の経験年数が 3 年以上~6 年未満)であり、現在管理職含め従事している方、これから取り組まれる方を対象といたします。

1) 派遣元医療機関または治験施設支援機関(原則として以下のア~ウを満たすこと)
(ア) 十分な臨床研究(治験を含む)の実績を有すること
(イ) 派遣した研修生を当該研修期間中、研修に専念させることができること
(ウ) 現に、治験・臨床研究に係る業務を行っていること

2) 研修対象者 1)の医療機関または治験施設支援機関に所属し、以下のア~ウを満たすこと
(ア) 専任(概ね週 40 時間)として延べ3年以上~6 年未満で CRC としての勤務実績があること
(イ) 厚生労働省・文部科学省が主催する CRC 養成研修、あるいは同等の研修を修了していること
(ウ) 臨床研究協力者として担当したプロトコールが10以上、担当した症例数が通算30症例以上の実務経験を有する者であること

[受講条件]
プログラム受講者の要件
・e-learning 並び演習含め全プログラムを受講できること
・PC(カメラ・マイクの操作含め)で受講ができること
・演習受講中に、静寂な環境で受講ができ、カメラで自身を映し出すことが出来ること(グループワーク中に雑音が入り込まないように)

3. 開催形態 WEB 配信形式での実施
講義 : e-learning ※受講方法詳細は後日掲載
演習 : 大阪大学医学部附属病院からの LIVE 講座

4. 研修期間
e-learning 期間 : 2021年10月頃から 2022 年2月末日
※大阪大学でのe-leaning の受講は参加可否決定後(1月中旬以降)を予定しています。
演習実施 : 2022年2月11日(金・祝)9 時 30 分~15 時
※e-learning の受講が演習以降となる場合は(2月末日)までに聴講ください。


日時

2022年2月11日(金・祝)

会場

WEB開催(Zoom)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

講義プログラム
【講義 1】被験者保護の概念とその適用 / インフォームド・コンセント(IC)
【講義 2】被験者保護と研究公正
【講義 3】臨床研究に関する規制要件の動向と運用
【講義 4】プロジェクトマネジメント(企業治験)
【講義 5】プロジェクトマネジメント(医師主導治験)
【講義 6】データマネジメント
【講義 7】臨床研究の国際的動向
【講義 8】医療英語コミュニケーション- 国際会議でのプレゼンテーション・スキル
【講義 9】コーディネーションの実際
【講義 10】組織マネジメント論
【講義 11】リーダーシップ論
【講義 12】コンサルテーションと教育
【講義 13】臨床研究に関連する最近のトピックス
【講義 14】評価療養(患者申出療養・先進医療)と周辺制度、再生医療について
【講義 15】RWD

演習プログラム
オンライン ボードゲームで体験するビジネスコミュニケーション
【演習 1】ステークホルダーとの関わり方を使い分けるスキルを身に着けよう!
【演習 2】面白いほど人が育つ!?そんなスキルを身に着けよう!

参加費

無料

定員

20名

主催

大阪大学医学部附属病院

お問い合わせ先

大阪大学医学部附属病院
未来医療開発部 臨床研究センター
上級者 CRC 研修担当
office-crc-kensyu★dmi.med.osaka-u.ac.jp ★を@に変えてください
pagetop